kangaeruhito経験を積めば、診療の悩みも減るのかな?と若いころに思っていた時期がありましたが、何年経験しても診療に悩むことは減らないものです。

特に、自分が行った処置の結果が数年、数十年経って結果を突き付けられると、自信があった処置の予後が悪かったり、また反対に不安だった処置が長持ちしたりしますので、ますます悩みは増える感じです。

ただ、一貫して良かったと思えるのは、処置方針に迷った時はできるだけ後でリカバリーしやすい処置をするという姿勢。

多少時間がかかるという欠点はありますが、その時間が確実な結果をもたらしてくれることが多いことを実感しています。