先日投稿した、全体的な治療を完了した患者さんの例を一つ掲載します。

この方の主訴は、入れ歯の具合を改善したいということでした。
最近多いのですが、代表的なわかりやすい例なので、取り上げました。

お口の中を正面から見ると、こんな感じ。
9344_20211019_L_157881






治療完了時は、こうです。
9344_20211019_L_157883





噛み合わせてもらうと、
9344_20211019_L_1578809344_20211019_L_157878







当然ながら外見も変わり、男前(女性ならば若返る、でしょうか?)になります。
なお、顔写真はプライバシーの問題もあるので掲載しませんが、「娘に顔の感じが変わったね、と言われましたよ」と嬉しそうにおっしゃっていただけたのが嬉しかったですね〜。

特に部分入れ歯の場合、永年の使用ですり減ってしまうこと以外に、入れ歯を固定するための金具(バネ)の設計不備でゆがんでしまうことが多いのですが、ゆっくり変化していくためにご本人はあまり気づかないんですね。

つまり、知らない間にだんだんと不具合が進行していくんです。

こうした不具合は、健診を受けていれば早めに発見でき、早めの発見であれば費用も時間もかからず改善できることが多いんですよ。