DSC_0642メインテナンスを健診と置き換えると、変化をチェックするだけ?ともなりますが、そこからお手入れもセットで行います。

健診という言葉でなく、メインテナンスと呼ばれる所以ですね。

お手入れは、簡単に言えば「クリーニング」ですが、実はそう簡単な施術ではありません。

当院では、写真のエアフローという器械を使用しています。

かつては PMTC と呼ばれる方法が主流でしたし、うちでも使用していました。




c2c0816fceeb07b02a2d8c8186cb4009
左図のような器材を使って、






pmtc01こうやって、歯磨きでは取りきれない歯垢を綺麗に除去するわけですね。

一見、綺麗に磨けて良さそうなのですが、例えば写真のような場所はほとんどリスクの無い部位です。
リスクの高い部位を綺麗にしようとすると、ものすごく時間がかかりますし、またそれだけでなく歯の表面を傷つける可能性も高まります。

メインテナンスと称する施術を受けたことによる害が報告されている論文も数多くあり、クリーニングと言っても、実際にはなかなか技術的にも難しいところがあります。

つまり、「短時間で」「効果的な」「害の少ない」クリーニングというのは、そう簡単では無いんですね。

ちなみに、口を開けていられる時間というのは限られていますので、短時間というのは重要なポイントなんですよ。