いつか磨けなくなる日小さな改革ですが

2022年09月17日

セレック 3世代

DSC_2255今年になって、かなり治療数が増えているセレック。

セラミックによる修復処置ですが、セラミックで治すことによる数々のメリットの他に、

1)型を採らない (カメラでの撮影)ので、気持ち悪いということが無い。
2)その日のうちにセットできる(診療室内で約10分ほどで作成出来る)ので、後日仕上げに来院してもらう場合もありますが、いわゆる仮詰めの期間が無いので不快な期間が無いのと、その間の汚染がない。

ということから、この治療法を選択する患者さんが増えています。

うちでは、約9年前からセレックを導入しています。

写真は、左からレッドカム、ブルーカム、オムニカムという過去の3世代の器械。
現在は、オムニカムを使っています。

そして、最新はプライムスキャンとなっていますが、私の場合、自分が得意としている範囲でしか使用していないので、プライムスキャンは未導入。

ところで、過去の器材は使用しないので不要と言えば不要なのですが、なんとなく廃棄できません…。
使わないモノは、なるべく早く減らしたいんですけどね。



fdo964 at 06:11│Comments(0)セレック治療 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いつか磨けなくなる日小さな改革ですが