熱心さに応えるべく怒涛の5月でした

2024年05月16日

情報量の大切さを実感

pose_shock_girl今年の1月に導入した歯科用CT。


以前からCTを導入した歯科医師に訊くと、「とにかく全ての場合に撮影したくなる」という言葉が返ってくることが多く、ずっと欲しいと思っていました。

そして、実際に使い始めると、その情報量には驚くことがしばしば。

今までの二次元のレントゲンでは絶対に解らないところが見え、診断の大きな助けになります。

残念ながら、全てのケースで撮影できるわけではありませんが、そのメリットは想像以上です。

fdo964 at 07:17│Comments(0)診療紹介 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
熱心さに応えるべく怒涛の5月でした