ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

カテゴリ: 節目

eto_mark12_inoshishiあけましておめでとうございます。



今年の目標は?と訊かれると、特に何も無いのですが、1日1日の目の前のことを一生懸命やるという例年通りの心構えは今年も変わりません。

そして、自己研鑽をサボらないことですね。

過去を振り返っても仕方がありませんが、「現在の自分は過去の集大成」ということを忘れず、来年、再来年に繋がるようにしたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

DSC03250













昨日の午前中で、平成30年の診療は終了いたしました。

今年はちょっと早めですが、来年は1月4日(金)から診療いたします。

本年も多くの患者さんに支えられ無事終了することができました。
反面、予約が取りにくく、また多くの新規予約のご要望にお応えできなかったことは、大きな問題と考えております。

いろいろと対策はしてはいますが、有効かどうかについてはもう少し待ってみないと解らない状態です。


今朝は、ほぼいつも通りに出勤し、事務仕事。
それに、私が信頼しているメーカーさんの広報をお手伝い(インタビューを受けただけですが)。

この休み中に、あと2回は出勤して、諸々の雑用と年初の診療準備をしなければなりませんが、それでも久しぶりにゆっくりできそうです。

昨日は、診療後に後輩のお通夜。
自分の健康も気をつけなければいけないことを痛感させられました。

yjimage11当歯科診療室は、平成5年(1993年)10月1日に診療を開始しました。

今日で、26年目に入ります。
振り返ってみると、四半世紀もやってきたなんて嘘のような、あっという間の 25 年でした。
不安いっぱいで開業初日を迎えたのが、昨日のようです。

おかげさまで、スタッフを始めとする多くの人の支えによって、多くの患者さんに来院していただき今日を迎えることができたと、心より感謝しております。


開業時に比べると、時代も大きく変化し、それにつれて歯科界も大きく変貌しています。

私が開業した頃は、「腕」さえあればなんとかなるという風潮でしたが、今や様々な他業種の手法なども導入され、大きく様がわりしています。

途中で勤務医を入れたり診療方針が変わったこともありましたが、そうした経験を踏まえ、おそらく引退の時まで、患者さん一人一人を「私が診る」という現在の姿勢を変えずに続けて行く所存です。

そのため、初診の患者さんを制限したり予約が難しくなるなど弊害もありますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。




R0013539









当診療室は、平成5年10月1日に開業しました。

ですから、今日で20周年。


いやぁ〜、20年も経ったなんて、全然実感湧きませんね。


一つの節目ではありますが、私にとっては、一つの通過点。

イベントらしいことと言えば、スタッフと焼き肉に行っておしまい。

とは言え、焼き肉屋さんでは、スタッフからシャンパンを振る舞ってもらい、今日は花束が。

もちろん、患者さんがいらっしゃってくださるから歯科医院として継続できているわけですが、それにしても一人では達成できなかった20周年。

改めて周囲に感謝です。

R0013538







さらに今日、患者さんにいただいた御祝い。








ケーキに見えますが、お寿司なんです。

お料理上手の患者さんの手作り。
診療後に、あっというまに消えましたが・・・(^^;

ありがたいことです。



image11




今日で、このブログを始めてちょうど8年。

実は、最初の投稿の時間を見ると午前1時過ぎになっているのですが、これは28日の8時ころから始めたのに、投稿できたのが5時間後だったんですね。

とにかく、何度やっても思い通りにいかない。
何回もパソコンを殴ってやろうかと思いましたが、そんなことしても無意味ですから、ひたすら渡されたマニュアルを読み直し、やり直し、読み直し、やり直しの繰り返しでした。

ただ、自分でも意外だったのが始めてしまえば、あとは簡単だったこと。

書きたいことは山のようにありましたから、多い時は、一日5投稿したことも。

愚痴、不満、悪口を書かず、毎日投稿をポリシーに書いてきましたが、もう一つ、気を付けていたことがあります。

それは、誤字脱字。

少し前に、ある患者さんから「先生のブログはずっと読んでるけど、誤字脱字がないね〜」と、言われ、かなり嬉しかったものです。

それと、おかしな言い回しを使わない事。

正しい日本語とまでは言いませんが、首をひねりたくなるようなことを書けば、それはわざわざ恥を晒すようなもので、さらには歯科医師としての腕前までも疑われるかも?という思いでいます。

残念ながら、毎日更新は崩れましたが、今後も続けていきますのでよろしくお願いいたします。




d7f54c3d-s

明けまして、おめでとうございます。

新しい年の幕開けですね。

毎年、こうした区切りがあると、過去を振り返り未来を展望する時間を持つ事になり、気持ちを新たにします。

今年は、年始から海外研修があり、個人的には、大きな転換の年になりそうな予感がしています。
診療室も今年10月で、開業20周年。
それに、年齢も50歳を迎えますし、なにか節目の年になりそうです。

大きく(小さくても良いのですが)飛躍したいものですね。


本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

大晦日の今日も、朝から診療室にて残務整理です。

特に、今回は年始の休みが長いので、その分あらかじめやっておかなくてはならないこともあり、意外にやることが多いのですが、さきほどようやく一段落。

後は、チューリッヒでの実習に持って行かなくてはならないものの制作と点検。
そして、懸案の院長室の整理です。

それにしても、事務仕事をしていると、本年も本当に多くの患者さんに来院していただいたことを、改めて感じます。

歯科医院が増え、相対的に患者さんの減少が言われている昨今、これだけ多くの方々に支持いただいていることは、とても幸運です。

そして、集計をしていると、沢山の患者さんの顔が思い浮かび、いろんな反省も。

ただ、それ以上に今年は義歯に関して大きなターニングポイントがあり、それが起爆剤となって多くの診療内容がレベルアップしたことが記憶に残ります。

もちろん、課題もまだまだ沢山ありますが、自分のレベルが上がったということは、そのまま患者さんの幸せに繋がることですし、それが学びの大きなモチベーションになります。

来年は、年始に念願の海外研修もあり、さらなるレベルアップを目指します。


本年一年、多くの方々のお世話になりました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

このブログを始めたのは、2005年3月29日。

正確に言えば、2005年の3月28日の夜に始めたのですが、設定に手こずり、日付が変わってしまったのでした(笑)

当初は勉強会の宿題で仕方なく始めた感じでしたが、やる以上は徹底的にというのが私の信条。

以来7年間、投稿しなかった日は、パソコンが壊れたときと、うっかり忘れの3日だけ。

そして、この投稿が2844投稿目。

我ながらよくこんなに書いたものだと思います。

たまに読み返すと、自分でもこんなこと書いてたんだとすっかり忘れているところもあり、備忘録としても役立っています。


これからも続けて行きますので、よろしくお願いいたします。

私事ですが、今日は49回目の誕生日。

う〜ん、もうそんな年なんだと、我ながらビックリです。
そんな年齢になることなど、想像の外でした。

昨日は、昼休みにスタッフからプレゼントと暖かい言葉をいただき、嬉しい一日でした。
ちょうど、昨日から新しい実習生も来ているのですが、院長とスタッフの連携という点で良いお手本を見せられたのでは?と、自画自賛モードです。

また、多くの方々から御祝いメッセージをいただき、感謝しております。

48歳という年男の一年は、おそらく一生忘れられない、様々な出来事がありました。

良いこと、悪いこと全て含めて、自分の糧になるように、これからの一年を過ごして行きたいと思っています。

40代最後の年。
気合いを入れて、生きます。

明けまして、おめでとうございます。

昨日と今日で、何かが大きく変わったという訳でもありませんが、新年というのは、何か気分が違いますね。

私は、いつも年が明けてから一年の振り返りをする気分にようやくなれます。

昨年は、年男(としおとこ)だったこともありますが、今までにない様々な出来事が、続けさまに起こった年でした。

同時にそれは、自分の長所/短所も突きつけられるような状況でもあり、良いこと、悪いこと含め、きっと忘れることのできない一年だった気がします。


さて、今年はどんな年になるのでしょうか?

まずは、現状に満足することなく、チャレンジの年にしたいと思っています。
それは、診療も/診療以外の仕事も。
そして、プライベートも。

すでに、いくつかの計画は昨年から始まっていますが、吉と出るか凶とでるか?

ひたすら自分と周囲を信頼して突き進むだけです。

皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ