ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

休診日の活動

親と子の教室

DSC_1758昨日の休診日は、稲城市第三公民館で行われている「親と子の教室」の講師を勤めてきました。

過去にも数回やっているのですが、今年はこの新型コロナウイルス問題で開催が延期になり、開催も危ぶまれましたが、なんとか無事終了(私の担当部は)しました。

例年、虫歯対策などを中心にお話しをするのですが、今年は「小児歯科のトレンド」と題して、小児期の生活習慣がいかに顎口腔系の「形」に影響するかを中心にお話ししてきました。

診療中にも患者さんには合間にお話ししたりする内容をまとめたのですが、皆さん、ご存知ない方が多く(いや、それが当たり前)、概ね好評だったようでホッとしました。

我が子のためにわざわざ勉強しようという意欲のある方ばかりですので、実はこの講座は私自身も講師を頼まれると嬉しいですし、やりがいも感じています。

苦手な分野でも

36D97CC9-E011-4D2E-8708-96D0DCB6B83D昨日の日曜日の午前中は、Web セミナーでした。

ちょっと私が苦手にしているというか、時代についていけないと感じている分野の研修。
段々年齢とともに頭が硬くなってきていることを言い訳にしたいところですが、講師の先生は、私よりも年上。

もうすっかり年下の講師に慣れたせいか、なんだか新鮮な感じすらしますが、その知識と理解力は流石としか言い様がありません。
しかも、その分野では世界的なトップランナー。
誰かに教わるわけでもなく、自ら切り開いているわけですから、凄みすら感じます。

今のところ、私の臨床に積極的に取り入れる予定は無いのですが、知っていてやらないのと、知らないからやらないは大きな違い。

そう思って、苦手な分野の勉強も受講してます。

休診日の有効活用

souji_goggle_tebukuro休診日の今日は、朝からエアコンのお掃除です。

プロならではの清掃って、見てて気持ち良いですね。

あ、もちろん変なプレッシャーがかからないように気をつけて覗き見です。

で、雑務もいろいろ進んで、充実した日になりそうです。

そして改めて自分が学んでいます

nurse_benkyou_man一昨日の小学校歯科検診後の後輩歯科医院での講演(っというほどのものではありませんが)。

普段の診療を見ているわけではありませんし、スタッフさんの意識も知らず、でも「話を聞きたい」と言われればホイホイ出かける私。

どんな話をすれば良いのかな?と考え続け、パワポも作り、参考資料もプリントし、まあまあの手間がかかります。

でも、こういう作業って実は自分の学びが多いんですね。
それに私なんぞに話を聞きたいなんて言われると、俄然、張り切っちゃいます。

とは言え、相手の医院に負担になるような話はご法度。

と、言うよりも、最近では相手の事情も考慮しない話が横行していますので、そういった「相手を追い詰める話」は私にはできませんし、するつもりもありません。

今回、ちょうど良い機会なので、ちょっとこの辺りのお話を続けたいと思います。

充実の休診日

images88昨日の休診日は、午前中に小学校の歯科健診。
お昼から、後輩の歯科医院で感染防御対策構築のための講演を行なってきました。

私が担当している平尾小学校は、年々児童数が増えており、コロナ対策とも相まってスムーズに進められるかちょっと心配なところもあったのですが、教職員の方や毎年お世話になっているヘルプのかたのおかげで無事終了。
あと、3回ありますから気は抜けませんが、目処が立って一安心です。

その間に一昨日故障した機械の入れ替えをスタッフに立ち会ってもらい、これまた無事終了。

今朝出勤して試したところ、問題ないようです。

これで、私が引退するまで故障しないことを願います。

いいタイミングの連休

souji_dansyariコロナウイルス問題で、いろいろ対策を考えたり講じていると、どんどん細かいところが気になるようになってきます。

なので、普段の診療前後もあれこれやっているのですが、どうしても時間が限られ、やり足りなさにジレンマを感じます。

そんな時に、ナイスなタイミングでの連休。

昨日は、普段の診療時間並みに出勤し、ず〜〜〜〜〜っと掃除と整理。

普段でも、診療室に滞在している時間は平均すると13時間程度なんですが、翌日の疲れを気にせずに済む連休は思い切って長居できますし、筋肉痛を気にせずにいろいろできます。

診療並みの充実感です。

そして、今日もいつも通りに出勤し、昨日の続きです。

5月3〜5日も計画的に整理整頓の予定。

誰とも接触しませんし、どんどん診療室内が整理され、充実の休日ですね。



初のオンラインセミナー

pic02-830x500昨日の木曜日は、初めてのオンラインセミナーを受講しました。

本来は、主催者の用意する会場での研修予定だったのですが、新型コロナ対策でオンラインに変更になりました。

初めてなので、果たしてどうなることやら?とちょっとワクワク&キンチョーで臨みました。
何がキンチョーかって、上手く接続できるかのセッティングが心配だったんですね。

やってみれば、実に簡単。

自宅で寛ぎながら受講できるので、途中でトイレ行ったり飲み物を飲んだりと、周囲に気兼ねもせずゆったり。

もうすでに何度も受講している講師なので、実際の対面でのセミナーとどれくらい違うかも比較できたのですが、いやぁ〜、これは遜色ないですね。

ただ、自分が講師の立場だったらやりにくいだろうな〜と思います。
今回は、おそらく講師も慣れているから上手くいったのでしょう。

そして、今晩は地元歯科医師会での初の Web 会議(の練習)。

これから、時代はこうなっていくんでしょうね。

デジタル技工の凄さ

DSC_1561DSC_1551









木曜が定休日なので、金曜日が祭日の昨日・一昨日は滅多にない連休でした。
そんな貴重な連休は、会いたくてもなかなか会えない人に会いに出かけます。

私が自費の総入れ歯の作製をお願いしている技工所さんへお邪魔してきました。

自費専門の、しかも物凄くハイレベルな仕事しかしないというこちら。
入れ歯だけでなく、インプラント関係でも有名な技工士さんです。

そして凄いのがデジタルの技術。

今やデジタル技工は進歩しているようですが、実際に対応できる技工所さんはごくごく少数。

そんな中でも個人的には日本一ではないのかな?と思っています。

いろいろな設備や、実際にできることなど見学とレクチャーを受けましたが、正直、こんなに凄いとは思っていませんでした。

う〜ん、ユニットを購入したばかりなのに、また欲しいものが・・・。



趨勢に逆らって・・・

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s-300x200セミナーが次々と中止や延期になる中、おとといの日曜日に行われた矯正研修会に参加してきました。

実は、あまり良い印象を持っていなかった手法なのですが、それでもそのやり方で良い結果を出している先生は存在します。

いったい、どこが違うのか?

いわゆる「違いを生み出す違い」を知りたかったんですね。


主催の先生は、延期や中止にすべきか悩んだそうなのですが、受講側の要望もあって開催したとのこと。
実際、我々歯科医師という職業は患者さんに近接しますし飛沫も浴びますから、日常がもうすでに感染しやすい生活。

私としては、あまり大規模なセミナー(って、これも定義が難しいですが)はともかく、少人数の研修会は開催してもらいたいところです。

長年やっているからこそ

DSC_1415昨日は、東京都歯科技工士会主催の研修会に参加してきました。

講師は、入れ歯に興味を持つ人ならおそらく知らない人はいないであろう、川島晢氏。
実は、私が部分入れ歯の不明点をたくさん抱えていた頃に、氏の書籍を読んで随分とスッキリしたことがある人です。

歯科技工士になって45年ということでしたが、専門分野のお話だけではなく、歯科技工士さんがこれからどうあるべきか。
また、歯科医師と歯科技工士との関係性の変化の流れなどの話もあり、長年の経験に裏打ちされたお話は、実に学びの多い濃厚な内容でした。


実は、7月に私自身が新潟県歯科技工士会の招きで講演をする予定なのですが、今日の内容はかなりパクれますね〜。
そういう意味でも参加してよかった!
livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ