ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

カテゴリ: 勝手な疑問

Tp43b

先日いらっしゃった、ある総入れ歯の患者さん。

体調を伺ったところ、「体中、どっこも悪いところはないの。歯だけなのよ〜。」

そう言えば、歯以外はすこぶる健康という患者さんがここのところ多いような気が。


で、ここでふと考えると、良く言われる「歯の健康が体の健康を左右する」というようなキャッチフレーズはどうなっているの?

口は体を維持する食物の入り口。
食べ物をしっかり噛めないことは、体の健康に影響するなんてことはよく言われていること。

でも、うまく噛めないのに、体は健康って・・・・。

う〜ん、本当に歯って大切なの?(^^;

Faf2062me
これもまた、私個人の考えです。


もう、ずいぶんと一般の方にも浸透したと思える「8020運動」。

80歳で20本の歯を残そうと言う、努力目標ですね。
歯科疾患実態調査によると、まだまだ遠い目標ではあるようですが、解り易い&語呂が良いようです。

しかし、本当にこの目標って良いのでしょうか?

例えば、介護の現場で問題になるのが、歯周病でグラグラだったり、ムシ歯でボロボロなのに、全身疾患の関係で抜歯できない歯が残っているとき。

舌や頬、唇などを傷つけ、スムーズな食事を阻害する場合もあるとか。

結局、残すのなら健全な歯。
やみくもに残そうとするのも、考えものかもしれません(と、言いながら、うちの抜歯基準はかなり甘いですが)。

F8800128p

あらかじめお断りしておきますが、本日の投稿は、あくまで「私個人の考え」です。

よく、「自分の家族だと思って」診療に取り組んでいるという表現を聴きます。

私には、この感覚がよく解りません。


歯医者になってすぐのころ、私の父親の治療をしました。

初めての前歯のブリッジ。
奥歯のちょっとややこしい被せもの。

しかし、もっと簡単な「他人」の患者さんの処置に比べると、驚くほど緊張感がありませんでした。
理由は簡単。
文句はストレートに言われますし、他院に転院するおそれもありません。
何よりも、根底に私に対する親の愛情がありますから、それが故に緊張しっこないわけです。

もちろん、丁寧な診療をすることは言うまでもありません。

しかし、一般の患者さんですと、まずどういう考えの人か解らない。
私に対する信頼度も未知数。
クレームが発生すれば、それはシビアな状況に発展するかも。
また、いただく金額に見合うだけの満足感を持ってもらえるか?

といった、様々な難問(?)をクリアせねばならず、その緊張感は比較になりません。
ですから、私としてはむしろ「赤の他人」の方が、診療はより丁寧。


問題は、そんな私の性格を見抜いている家族が、私の診療を受けたがらないことでしょうか?(^^;

(ここで言っている家族とは、1親等までのこと。それ以上は、やはり気を遣います)

↑このページのトップヘ