2004年12月12日

ダイバーになってみよう〜♪

98b69a19.jpgいよいよ、ブログ【ダイバーになるドットコム】が始まりました。

ダイビング雑誌に紹介された記事をもとに、ダイバーになるコース(オープンウオーターコース)の紹介から始めます。



さてさて、始まり、はじまり〜〜〜
新スタイルのダイビングネットワークは、2ブランドで展開中!

ファンキーダイビングワールド&クラブ・ドルフィンパラダイス



ダイビング器材激安店の中にあるスクール部門が、「ドルフィンパラダイス」
伊豆・沖縄を中心に、全国にダイビングネットワークを持っているのが、 「ファンキーダイビングワールド」



入り口は違っても、中に入れば皆がファミリー!ここでは、まったく新しいスタイルで、ダイバーになる事が出来ます!ダイバーになった後の遊び方から器材購入までも、ぜ〜んぶが激安にそして楽しく、内容充実に楽しめちゃうシステムがあるんです。




開催地も発行Cカードも選べる!


開催地は、伊豆・沖縄のどちらかで選ぶ事が出来ます。ゲストの都合が第一優先だから、日程から開催地・発行Cカードも、PADI/NAUI/SSIから選ぶことが出来ます。「これしかない」より、「どれにしようか?!」の方が嬉しいものですね。




料金は全てコミコミ価格で、¥59,800


通常のコース料金は、別途に何なにがかかります。と言う表示がほとんどですが、ココの料金は、全てがコミコミ価格です。その上、オープンウオーターコースを紹介してくれたダイバーの方にも、ファンダイブをプレゼントしてくれるから、ダイバーの方は、誰か友達を誘ってみては・・・これで、¥59,800で、全て込みは驚きのプライスですね。




ダイバーになった後も、世界中の海で遊べる!


伊豆」「沖縄」だけでなく、海外ネットワークも充実していて、オーストラリア・セブ・パラオ・グアム・サイパンと世界中の海で遊べます。イベントも盛んだから、パーティーとかで、バディ(相棒?)も出来るかもよ〜?!




器材も激安!たくさんの中から選べる!


量販店「器材卸売りセンター」があります。だから器材や小物たちは、豊富なアイテムの中から選べます。器材激安店だから、どこよりも安く、じっくりと焦ることなく選ぶことが出来ます。もちろんスタッフは全員インストラクターまたは、インストラクターを養成する資格を持つコースディレクターなので、アドバイスは的確なのです。激安な上に選べるのは、ゲストの立場から言っても非常に嬉しい限りですね。




ドルフィンパラダイスのメンバー特典!


誰でもメンバーになれて、入会金や会費は一切なし!その上特典満載の嬉しさです。簡単に紹介すると、器材などのお買い物に5%〜のポイントが付いて、次のお買い物に1点=1円で使うことが出来ます。これは、ダイビングメニューから、宿泊・器材などなど、取扱商品全てに適応されるという事です。




ステップアップはもちろん、インストラクターコースも世界中で開催中!


PADI/NAUI/SSIの全コースを、世界中で開催しています。OWダイバーは、ダイバー1年生のCカードですから、いろいろなダイビングを経験するには、テーマに沿ったスペシャルティコースやアドバンスなどと、ステップアップをしたいところです。そこで、ステップアップコースはオススメです。・・・と、いうのもリーダーシップのコースであるダイブマスターやインストラクターコースを世界中で開催している実績あるお店だから、親切・丁寧・わかりやすい講習が売りなのです。なんと、ノンダイバーから一気にインストラクターまで行ってしまう人もたくさんいるんです。好きなことを仕事に出来る、あなたもイントラになってみる?!


※Cカード=認定証のこと。一般にいうダイビングライセンスのこと。


ファンキーダイビングワールドとドルフィンパラダイスと言う2ブランド!


ドルフィンパラダイスは「ドルパラ」と言います。定番のイルカとハイビスカスの可愛いロゴが印象的ですね。ドルパラブランドの器材やウエア&グッズもあります。ドルパラロゴ入りのウエットスーツ・マスクストラップカバー・ドライバック・メッシュバックなどなど・・・ファンキーダイビングワールドは「ファンキー」かなぁ?!




現地型・器材販売店という、まったく新しいシステム!


ダイビングにかかわる全てを提供しています。それも、器材販売店・伊豆&沖縄の現地ショップ・海外リゾートがひとつに合体した形になっています。皆さんがダイバーになった後、これが力強い味方になるのです。ダイバーになって、器材を購入して、伊豆や沖縄でファンダイブを楽しんで、海外ツアーにも参加して、ステップアップとかも出来てしまうのです。確かに、まったく隙のないシステムに、感心、カンシンです。



・・・と言う記事紹介でした。

これから、いろんなコメントを書いていきます。楽しみながら、ブログに遊びに来てくださいねぇ〜〜〜♪


千葉裕でした。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/10608590