2005年01月31日

沖縄での講習風景

沖縄店のよっしゃんです。おとといから今日まで沖縄でオープンウォーターコースを担当していました。その様子を紹介しますね。


1/29プール今回参加の日暮様は1/29に沖縄に到着され、その日の午後からプールでの講習でした。「えっ?いきなり潜るの?」って思われた方ありますか?おそらく「学科の講習があるんじゃないの?」って思われた方があると思います。



が、学科に関しては、事前に教材をご自宅に送ってあって、沖縄にこられる前にひと通り予習が終わっているので、いきなり実技から始められるんです。せっかく沖縄に来られているのに、部屋に閉じこもって学科のお勉強はしたくないですよね。(^o^) ※学科は伊豆のお店でも自宅学習が基本です。



今回は日暮様のリクエストで、那覇市内のホテルにある暖かい温水プールを使っての講習でした。浅場で水に慣れ、基本的な練習の後は、5mの水深の深場でも潜りました。



そして翌日、翌々日は



本島南部にある「奥武島」というダイビングポイントで、海洋実習を行いました。



ここは海に入っていく場所がなだらかな砂地になっていて、初めての方でも入りやすく講習がやり易いポイントです。

1/30セッティング海洋実習の内容はプール講習で練習した内容を、海で再度練習することになります。ダイバーになった後に遊び場となるのは海ですからね。その環境に合わせて潜ってみるという感じです。



でも・・・、海洋実習ではプールに比べて、時間的に2日間もかける余裕があるので、じっとして行う練習よりも魚を見ながら泳いでいる時間の方が多いんですよ。そうこうするうちに水に身体が馴染んできて、バランスが良くなったり、浮力(浮いたり、沈んだり)のコントロールを身体で覚えることが出来るんです。

1/30エントリー

日暮様もクマノミをみて興奮したり、チョウチョウウオなどカラフルな熱帯魚を見つけては、追いかけながら自然と上達していかれましたよ。



海での講習が終わって、お店に戻り学科の質疑応答が終われば、後はカードの申請書を記入するだけ。これで見事!ダイバーの誕生です!!


1/31認定どうですか?結構簡単そうに思えませんか?



ダイビングそのものが「遊び」なのに、堅苦しい「講習」ってイヤじゃないですか。カードを取るのに汗水たらして・・・って感じじゃないですよね!?



沖縄に来て、きれいな海で魚と遊びながら、そして美味しいもの食べたり、移動中の風景を楽しみながら、旅行気分いっぱいでダイバーになれたら最高ですよね。そんなことが3泊4日で実現しちゃうんですよ!!



暖かくなる前にダイバーになっておけば、夏本番にはかなり潜れるダイバーになっているかも・・・。



「前からやってみたかったんだ」っていう方。今年こそダイバーになっちゃいましょ!!!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/13400491