2006年05月06日

ダイバーになるコース最終日

こんにちは。ファンキーダイビングワールド ポパイズハウスの杉浦です。本日も快晴!!!朝から最高のダイビング日和に期待がふくらみます。

今日の朝の出発は、いつもの午前8時30分。宿泊施設では温泉と睡眠で、前日の講習での疲れもすっかりクリアしたさっぱりした表情のお客様が、元気よく「おはようございます!」

昨日から同じダイビングポイントでご一緒したすでにダイバーの人たちともすっかりうちとけ、早くも意気投合でお友達の輪が広がっています。こんなのもダイビングを通じた楽しみの一つだったりしますよね。

さらに本日は、体験ダイビングなどのご参加で栃木からのお客様も午前9時にお店集合ということで車でご来店です。お店の前には、車を駐車できるスペースがありますので、もちろんお車でのご来店OKなのです。

そんなこんなで大盛り上がりで、早速向かったのは昨日と同じダイビングポイント「富戸」。海の現場まで、当店の車で移動したそこの海は、昨日以上に穏やかで、さらに最高のダイビング日和でした。しかも日差しの強さから、昨日よりも確実に気温が高くなることが容易に予想されました。案の定、あとから今日の最高気温を確認してみると24.7℃と前日の22℃より約3度も気温が高いというデータでした。

すっかり陸上では、熱くて汗びっしょりになってしまうドライスーツですが、それでもそれを着込むのは、水中に入ると水温16.5℃などどいうとても厳しい現実の為。ですのでこの時期はコース中のレンタル器材にもドライスーツをご用意することも可能です。

そして、良かったのは天気だけではありません。講習でやらなければならないスキルが終わったあとには、そのまま魅惑の水中散歩。本日は、いろいろな種類の魚のオンパレードで約30分のダイビングもあっという間に終了。水面に上がるときにはお客様から「もう上がるの?!」などという声が聞こえてきそうなくらいです。

SSIOW海洋2日目ご覧下さい。講習中にもかかわらず魅力満天の水中散歩を楽しんだ後のお客様の表情を写した画像がこちらです。


昼食を挟んでの講習の最終日の海の現場もこうして、あっという間におしまいで午後4時ごろには、本日使った器材も車に乗せて、お店へと戻りました。お店では、講習のすべてのカリキュラムを終えて、お客様「ダイバー認定、おめでとうございます!」
なんとも充実した思い出深い3日間で達成感もひとしおの事でしょう。

もちろん最終日は、これでお疲れ様でしたと帰路について頂くのですが、その前に今回最後の伊豆での食欲を満たすひと時も忘れることなく、またまた満腹大満足頂いたのでした。

人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50483244