2006年05月14日

餃子が届きました!!

こんにちは。ファンキーダイビングワールドの杉浦です。

ドンヨリと空はくもって、シトシトと雨が降り続ける今日この頃ではございますが、皆さんは如何お過ごしですか?

まるで早くも梅雨が来ちゃったんじゃないの?って思わせる嫌な天気ですよね。こちら大室高原では、連日深い霧におおわれています。

そんな中、本日お約束の”例のモノ”が、クロネコヤマトの宅急便で届きました。しかも、クール便でです。そう、間違いありません。

などという想像を膨らませる間もなく、視界に飛び込んできたのは、荷物の段ボール箱に印刷されている期待通りのあの文字でした。

みんみんの餃子

先日、ゴールデンウィークにダイビングに来ていただいたお客様からの頂き物です。

ありがとうございます!!

餃子といえば、宇都宮と言われるほどの餃子の街。そんな宇都宮からご来店いただいて、お客様とそのお仲間がダイバーになったのは、昨年の事。

エンゲル係数が常にレッドゾーンの当店スタッフは、宇都宮と聞けば餃子としかイメージがわかず、中にはその餃子の話題だけでご飯が食べれてしまう者もいるとかいないとか・・・

みんみんの餃子では早速ということで、まずはダンボール箱をあけて見ると、中には5人前30個入りのパッケージが3箱入っていました。なんと総数90個の餃子です。そして5人前30個という事は1人前は6個ということで15人前あるということか・・・など分析をしながら、まずは証拠写真を1枚。


続いて、いよいよ憧れの「みんみんの餃子」を美味しく所望するために焼き方などの説明書を検索。ありました。ワンポイントアドバイスつきです。きっと私のことですから、この説明書に忠実に餃子を焼く事でしょう。

しかし、ここで一番重要なことに気付いてしまいました。当店スタッフには、無類の餃子好きのスタッフがいるのです。ラーメン屋に行くと必ず餃子を注文して、メニューに餃子のないラーメン屋には二度と行かないという”例のスタッフ”です。その例のスタッフが、今いないのです。いないのに封を開けて、餃子を食べてしまったらどうなるか・・・

というわけで、続きの「餃子を焼いて食べました!」編は、また後日ということで。

人気blogランキングへ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50493522