2006年07月01日

何歳からダイバーになれる?

こんにちは。ファンキーダイビングワールドの杉浦です。

皆さん、7月になりましたね。カレンダーは、めくりましたか?気のはやい人は、もう夏休みが待ち遠しいのでは。

そんな夏休みを思いっきり、ダイビングで楽しもうと、着々と準備を進めているご家族がいらっしゃいます。

なんとその家族、お父さん「KH」がダイビングインストラクター、お母さんもダイバー、そして、お子さん「KY」も去年、お父さんの厳しい(?)講習の元、見事Jrダイバーとなりました。

ところで、子供は何歳からダイバーになれるのかご存知ですか?実は10歳からなんです。そして、KYくんは10歳になるまで待って、満を持してダイバーになったというわけです。

冷静に考えてみると、小学生でダイバーっていうのも、結構すごいですよね。聞いてみたら、学校の友達でダイビングしたことある子は他にはいないそうです。やっぱりと思いましたが、こんな小さいときからダイビングを知っていたら、大人になったら、絶対インストラクターになっちゃうかもと思います。

そして、この家族、夏休みになんと「モルディブ」に行かれるそうです。すごいですよね。モルディブですよ!モ・ル・デ・ィ・ブ!!※1


「いいな!イイナ!!い・い・な・ぁ・〜!!!」って感じ!


Jrダイバーでも、さすがお父さんはダイビングインストラクター!お子さんがもっとダイビング上手くならないと、と言う事で先週から毎週、伊豆に潜りにいらっしゃっています。

先週、今週と運良く梅雨の中休みで天候がよくダイビング日和で、楽しんで頂けたようで、親子揃ってにっこり記念撮影がこの画像です。

一方、本日ファンキーハウスでも、親子ダイバーめざしで、今日から3日間のダイバーになるコースを受けているお子様がいらっしゃっています。こちらは、お父さんが去年、ダイバーになられて、すっかりダイビングにはまり、それを家族と共有したいと、やはり今年10歳になったばかりのお子さんが講習を受けているところです。

家族で、同じ趣味、遊びで楽しめるって、とても素敵ですよね。なにかそんな、家族で一緒に楽しめるスポーツを探しているという人にはダイビングをお勧めします。ダイビングが、他のスポーツと違うところは、勝ち負けの競技性がないことと、長く続けられる事。

どうです。夏休みに家族で南の島でダイビングって、最高ですよね。




    ※1 モルディブ豆知識
  • 国名は、「モルディブ共和国」で国土面積は、佐渡島の約1/3だそうです。ちなみに人口は28.9万人。
  • モルディブが受けている経済協力で一番援助しているのが日本なんですって。
  • 日本はモルディブから「まぐろ」や「かつお」を輸入しているんだって。そういえば、スーパーで「モルディブ産」って見たことある気がします。
  • モルディブへの観光客数は、1位が英、2位が伊、3位が独、4位が日本だそうです。




人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50550203