2006年08月17日

ダイビングって、やればできるって感じ!





ファンキーダイビングワールドの杉浦です。

今回、ダイバーになるコースにご参加いただいたの方は、ご主人が何年か前に当店でダイバーになって頂いた方の奥様でした。ご主人がダイバーになられた頃は、まだご主人は独身で、アドバンスダイバーにまでなって頂いたのですが、今回は奥様と同伴で、約2年ぶりのファンダイブを楽しんで頂きました。

聞くところによると、以前に海外で奥様と一緒に体験ダイビングをやられて、すっかり奥様もダイバーになろうと決意されたとのことでした。

ですが、奥様は乗り物酔いしやすいと言う心配がありました。そう、海には波やうねりがあり、それが影響しないかというのが心配だったわけです。

でも、私は絶対大丈夫だと思っていました。なぜって、今までそんなことでダイバーになれなかった人は、いなかったからです。

しかし、そう言われても実際にはナーバスになってしまうものです。ちょっと緊張していらっしゃるのか、表情も若干、こわばっていました。

それでも、大丈夫なのです。だって、そのためにまず、事前に自宅学習ということで教材をお送りして、予習をして頂いています。この教材にはDVDも含まれているので、実際の水中環境を映像とその解説でまずは、理解して頂くというわけです。さらに、足の届く高さのプールで1日講習をして、さらにさらに海は2日間に分けて講習をしています。

どうです。ちゃんと手順を踏んで、確実にコースを進めていることがわかっていただけますでしょうか?

実際に、プール講習では不慣れな水中環境に多少、苦労されたようですが、翌日の海洋実習では、夢中で魚を追いかけていました。

残念ながら、最終日はまたしても台風の影響で、近場の東伊豆のダイビングポイントはどこも潜れずに、西伊豆の大瀬崎に行きました。

台風の影響で風が強かったものの奥様もすっかりやる気モードで、ひるまずに海へ。

結局、空には雲が広がっていて、天気の良い日には見ることのできる富士山を見ることはできませんでしたが、雨らしい雨が降ることもなく、無事にコース最終日も終了したというわけです。

帰りの車の中で雲の切れ間から見えた夕日は、とてもきれいだったのでした。


人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50600661