2007年01月05日

餅つき大会

あけましておめでとうございます。ファンキーダイビングワールドの杉浦です。

まだまだお正月気分が抜けない今日この頃、いかがお過ごしですか?

今回は、元旦ダイビング後の餅つきの様子をご紹介します。

ダイビングを早々に終わらせた私たちは、本日のメインイベントの餅つきに颯爽と向かったのでした。

いい具合にお腹も空いてきました。前のチームが餅つきを終え、出来立てのお餅を堪能していたので、より一層、「はやく食べたい」なのです。

皆さん、餅つきをしたことありますか?我々は、多くても2〜3度の経験がある程度で、不慣れな手つきで、さて美味しいお餅はできるのでしょうか?

餅つきは最初が肝心

まずは、炊き上がったばかりのもち米を杵でつぶします。美味しいお餅が出来上がるかどうかは、すべて、ココで決まるそうで、気合いだけは入っていますが…



餅つき

もうこの辺でいいかなと言うことで、みんなで順番に餅つきしますが、みんな不慣れな為、へっぴり腰。果たして餅はつきあがるのでしょうか?



大福

餅つきも早々に(?)終え、早速、食します。これならみんな得意です。

こちらは、大福。アンコとイチゴのイチゴ大福やアンコと栗の栗大福を堪能です。



雑煮

それ以外にも雑煮や磯辺焼き、大根おろし、キナコ、納豆などのトッピングも用意されていて、つきたてのお餅を堪能です。



至福のとき

どうです。このみんなの笑顔。幸せそのものと言ったところです。

今年も食べまくりでスタートした元旦でした。



人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50732175