2007年04月22日

ダイビング日和?

ココ最近、春の低気圧の影響で、海洋状況が思わしくありませんでした。



春一番に代表されるように強い風が特長の天候ですので、海洋状況に一番悪影響を及ぼすというわけです。波やうねりが大きくなり、波打ち際が大賑わいになります。



もちろん、こうなるとダイビングというわけには行きませんし、ダイビングポイントもクローズとなります。安全を考えれば、当然のことではありますが、ダイビングできない日々がココしばらく続いていたわけです。



昨日、ようやく海洋状況もだいぶ落ち着き、安全にダイビングできるようになりましたので、早速行ってきました。



ポイントは富戸。朝方こそ雲は多めでしたが、次第に気温も上がり、ドライスーツを着て器材のセッテイングをする頃には、若干汗ばむくらいでした。



そうなると、いよいよダイビングシーズンの到来か!!といった感じでお客様も笑顔にもなるわけです。

笑顔



そして、水中ではこんな感じです。


ミノカサゴ


まずは、ミノカサゴがお出迎え。そして・・・


カワハギ



カワハギが何事もないかのように目の前を横切って行きます。こんな魚も・・・


オオモンハタ


ここ富戸のヨコバマというダイビングポイントでは、水深10〜20mあたりで全長30cmクラスのオオモンハタがよく見られます。そして魚ではありませんが・・・


ウミウシ


ウミウシといういわゆる軟体動物です。色鮮やかさが特長で英名でジュエリーフィッシュと言われるくらいです。



いやいや、思いのほか大満足なダイビングでした。




人気blogランキングへ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50814729