2007年07月11日

暗闇の中で・・・

八幡野ナイト

すっかり日も暮れて、あたり一面、暗闇に包まれた頃に、その人達は、さらに深い暗闇の海の波間に消えて行った。

八幡野ナイトダイビング




そして、その人達が波間に消えるや否や、その人の数だけの光の玉が海の中を泳ぐように動き出したのでした。



その光の玉は、まるで見回りをするかのように海の中を徘徊し始めたのだった・・・





一方、暗闇に包まれた海の中では、その闇夜を支配しようとする様々な生き物が、この時とばかりに姿を現し始めていた。



そんな生物の中から今回は「ハナタツ」をご紹介します。

ハナタツ01




ご覧頂いておわかりの通り「タツノオトシゴ」の仲間です。

水深5〜10m位の岩場にある藻の中に紛れて隠れていることが多くなかなか見つけにくかったりします。



見た目の可愛らしさとは裏腹に肉食性で小さな甲殻類や稚魚を主食としています。



それにしても、ここにいる「ハナタツ」は、アクティブであまり隠れるのが上手くないようです。

ハナタツ02



さて問題です。この画像の中に「ハナタツ」は何匹、写っているでしょう?





人気blogランキングへ



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50869571