2007年12月23日

海の中のクリスマスな生物!

街中、すっかりクリスマスモードですね。



でも海も負けてはいませんよ。



伊豆海洋公園には、水中にクリスマスツリーが飾られていて、そんな海を僕はサンタの衣装を着て、お客様に楽しんでいただいてます。



ま、サンタの衣装を着て楽しんでいるのは、自分自身という噂でもありますが…



そんな中、水中で密かにクリスマスな小さな生物を発見しちゃいました。



では、早速ご紹介しましょう。

イソギンチャクカクレエビ1


イソギンチャクカクレエビ君です。



エビの仲間で全長は約3cmとちっちゃな生物です。



水深15mくらいのところで、名前通りイソギンチャクに隠れるようにしていました。



なんと言っても、印象的なのは体が透けて見えることと白い斑点がとても綺麗です。



なぜ、「君」かというと、メスだとおなかの横に白い斑紋があるのですが、コイツにはないのでオスということになります。

イソギンチャクカクレエビ2


イソギンチャクに身を守ってもらって暮らしていて、多いときには4〜5尾いるときもあります。



今回は2尾、観察することができました。



ちっちゃいけれど、とても綺麗なので、しばし水中にいることを忘れて、見とれてしまいました。










人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/50972426