2008年03月31日

ボンドカー以上!?

車で逃走!



車に乗ったまま、そのまま海の中へ。



そして見事、ピンチを脱する。



…なんていうシーンは映画や漫画だけのことかと思っていました。



ところが、そんな車が実用レベルで開発されちゃったらしいんです。




ボンドカー



国際自動車ショーにコンセプトカーとして出展されたらしいのですが、実際に世の中にあるスポーツカーがベースということで、ちゃんとよく出来ているようなのです。



実際、エンジンは電気モーターで、水中ではその電気モーターでスクリューを回すように出来ているそうなのです。



ボンドカー



もちろん燃料はリチュームイオンバッテリー。



まるで映画「007」のボンドカーを彷彿とさせますが、実用性から軽量化のためにオープンカーになっているあたりは、実にリアルです。



じゃあ、潜水中にはどうするのかと言うと、ダイビングのときと同じようなスクーバユニットが車載装備されているそうなのです。



緊急時は、オープンカーなのでそのスクーバユニットを装着したまま脱出することも可能と言うわけです。



水深10m防水で最先端レーザーセンサーシステムでの自動運転も可能で、車は緊急脱出時には自動的に水面まで浮上するように設計されているそうです。



しかもボディ表面は、こだわりの鮫肌処理されているそうなのです。



ここまでやって、量産化されないというのだから、もったいない気がします。



その話題性やユニークな発想は、見習うところがあるかな。







人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fdw4/51026867