feathの理論・考察掃き溜め場

私のデッキ理論を置く場所。
基本的に遊戯王。あと他にも色々やったり。
とりあえずリンクフリー。

冥府ウィッチ(土無し)レシピ・理論・考察

私の欲しい冥府ウィッチの情報が無くて我慢ならんかった。反省などしない。

キャプチャ

冥府ウィッチ【シャドウバースポータル】

冥府ウィッチにも土の秘術が入っている型と入っていない型がありますが、今回の記事では土の秘術が入っていない型のみに絞った考察・理論を記載します。

コンセプト

まず第一にこのデッキがどうやって勝つのか、何を目指すのかという点についてですが、

8ターン前後に冥府達成

これに尽きます。
これを目指す関係上、サタン対策・セクシーヴァンプ対策・モルディカイ対策等は基本的にないと思ってください。その前に勝ちましょう。

お勧めしないカード

当然ながら上記レシピから皆さんがデッキ調整で色々カードを変えていくことになるかと思いますが、事前に何枚か蓋をさせていただきます。ここらのカードの話をしてるといらっと来てしまう。先の話をしよう。

マーリン

21991_1超越なら当然こちらなのですが、冥府ウィッチではスペルブーストがそこまで重要ではありません。また、スカラーウィッチの存在がどうしても大きいです。進化使用時において、2コスト減って手札が増える量が同一ならばこっちで十分になってしまいます。まあ入れるとしても1枚ぐらいでしょうか。0枚推奨です。







神秘の獲得

24412はっきり言うと弱いです。6PP使って盤面に触れないなどということを6〜8ターン目にやっている余裕はありません。
当然ながら神秘の獲得以外に冥府への道と新たなる運命という最終局面まで盤面に影響を与えない2種6枚のカードがすでにデッキに入っているわけです。神秘の獲得が盤面に影響を与える場合という点では冥府への道と一緒に使うことになり、合計10PP必要になります。それだけの余裕のある盤面なんて基本的に用意できないのです。





マリガン基準

対戦相手によって異なりますのでその点から。

虹の輝き

対ヴァンプ・ドラゴン以外ならば必ず1枚は欲しい(特に後手ならば必須級)カードです。
序盤にどんどん展開されてライフを削られるということはなるべくならば避けるべき事象です。
この問題を解決するためにはフォロワー同士の戦闘では1ターン遅いためその分のダメージを受けてしまいます。
つまりは除去を打てばよいということなのですが、このカードがそれになります。

ファーストカース

上記の話と同様ですね。こちらも特に後手ならば対ドラゴンを除き1枚は欲しいカードになります。
進化可能になるまでは耐え忍ばなければなりません。後手において序盤を耐え凌ぎたいならば虹の輝きとの2枚セットが欲しくなります。

アイススノー

初手に1枚あれば基本的に何があってもキープです。2枚からは微妙ですがしっかりスペルブーストできるならば2枚キープでもOK

ゴーレムの錬成

先手ならば欲しいカード。後手の場合は虹の輝きに賭けたいところではありますが、ファーストカースがマリガン前にあるならば残すのもあり。下手にマリガンして初手に冥府があっても辛いだけ。

知恵の光

1枚はキープ。1ターン目に使う。それだけ。

マジックミサイル

対ヴァンプ及び対エルフならばキープしても良いでしょう。


プレイング

あまり細かい話はしません。大枠での話です。

スノーマンで墓地を肥やせ

冥府ウィッチにおいて、新たなる運命に次いで墓地の枚数を増やせるカードがアイススノーになります。基本的には4〜5体ほどで唱えることが望ましいです。
しかし、もしも3ターン目にスノーマンが3体出せる状態であるならば唱えてもOKです。アイススノーは、墓地肥やしは勿論のこと、相手フォロワーの対応にも当然ながら使用することができます。墓地肥やしと盤面対応を同時にこなせるということはとても大切なことです。

注意点ですが、6体以降のスノーマンは消滅するため、墓地は肥えません。

手札が8枚の時に新たなる運命を唱えるべし

新たなる運命は、新たなる運命を含めた手札の枚数分墓地が増えるカードで、当然ながら可能な限りその1回で墓地を肥やすことが大切になります。このデッキはしっかりと手札が減りにくく、8枚になりやすいように構築されています。しっかりとスカラーウィッチに対して進化を使用していれば手札は8枚になっていくでしょう。

棄てても良い冥府への道の枚数

デッキを回していく上で、冥府への道を唱える余裕はないが、運命を打って墓地を肥やしたほうが良い盤面は多々出てきます。その際の注意点ですね。

捨てない方が望ましいアーキ

ビショップ・エルフ・ヴァンプです。
とはいえ、推奨であるので、どうしてもという場合は1枚は捨てても良いです。
対ビショップは基本的に勝てるマッチアップなので、こちらについては確実に唱えたいところ。

1枚ならば捨てても問題ないアーキ

エルフ・ドラゴン・ミッドレンジネクロです。
とりあえず場に1枚あれば一掃することはできます。
対エルフはリノセウスの関係でライフが減るので可能ならば複数枚先に設置したいところです。

2枚ならば捨てても問題ないアーキ

ロイヤル・アグロネクロです。
というより、盤面対応があまりにも大変なので、冥府を置く余裕がない可能性も高いです。なんとかして凌ぎましょう。




もう十時半なのでここまで。冥府ウィッチで検索しても糞サイトしか出てこないとかどういうことなんだよほんと。
糞みたいな情報とうざい広告を見るために検索してるんじゃないんだぞ。



この場を借りてleekさんに感謝。
この構築についてですが、基本的にはleekさんからの受け売りです。

魔導のデッキレシピちょっと変わったので&コメ返

モンスター(11枚)
霊滅術師 カイクウ
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ
昇霊術師 ジョウゲン
トゥーン・ヂェミナイ・エルフ
エフェクト・ヴェーラー

魔法(27枚)
魔導書院ラメイソン×2枚
魔導書の神判×3枚
成金ゴブリン×3枚
月の書
リロード×2枚
ヒュグロの魔導書
ネクロの魔導書
トーラの魔導書
トゥーンのもくじ×3枚
セフェルの魔導書×2枚
サイクロン×2枚
ゲーテの魔導書×2枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書

罠(2枚)
神の宣告
神の警告

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
アーカナイト・マジシャン
アーマー・カッパー
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ガチガチガンテツ
クリムゾン・ブレーダー
シャインエルフ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・フェニクス
マジックテンペスター
霞鳥クラウソラス
幻獣機ドラゴサック
閃竜 スターダスト

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
サイクロン
ドロール&ロックバード×3枚
御前試合×3枚
次元の裂け目×3枚
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
大嵐

今のメイン・サイドはこんな感じです。

《リロード/Reload》《打ち出の小槌/Magical Mallet》は重要です。
このカードを使えるからなんとか自分のオリジナリティを作ってるぞという気分を味わえています。

《神の宣告/Solemn Judgement》と《神の警告/Solemn Warning》を使ったいわゆるゴッドジョウゲンシステムは、後攻でも《神の宣告/Solemn Judgement》《神の警告/Solemn Warning》を強く使うことのできる方法となりますので、この話を聞いてから投入しています。さすがに聞いてしまうと採用しない理由がなくなるレベルです。


それではちょっとコメント返し。
1. 王 2013年03月20日 16:49
ジョウゲン対策にブレイクスルースキルを入れてる征竜もいるみたいですね… 魔導はやっぱりきついのか・・・

《ブレイクスルー・スキル/Breakthrough Skill》は対処法がほぼ無いですねぇ。しかし、《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》もあるわけですから、しっかりと除去して少なくとも死なない状態を作ればまた勝ちにつながるかと思います。
魔導はカードアドを得てその差で勝つデッキだと考えています。アドではゼッタイに負けないようにやって行きましょう。
また、《霊滅術師 カイクウ/Kycoo the Ghost Destroyer》をメインに投入して2枚体制で臨むことも大切になるかと思います。
《霊滅術師 カイクウ/Kycoo the Ghost Destroyer》は現環境の上位2種である征竜・魔導に効くカードですのでメインにしました。
こちらも利用して征竜の行動を止めましょう。
 マッチの2戦目からについては《御前試合/Gozen Match》で《ブレイクスルー・スキル/Breakthrough Skill》を発動されても相手の行動を制限できるようにしています。

2. トト 2013年03月25日 11:32
いきなりすみません
質問なんですが
システィが既に場にいる状態で
エンドフェイズの審判の効果と
エンドフェイズのシスティの効果の
処理はどちらが先か決められていますか?
任意で選べますか?
任意で選べます。
詳しくはこちら
feathの理論・考察掃き溜め場 : 特定のフェイズ・ステップに効果を発動及び処理しなければならない時のルール:後編

魔導デッキのカードごとの解説及び使い方を動画にしました。



カード毎の解説については上記の動画にて残しています。

また、2マッチほど対戦の解説をしていますが、この動画を見ればいかに《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を重視しているか、重要であるかが解るかと思います。

《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》で守って《魔導書院ラメイソン/The Grand Spellbook Tower》で追加ドローしているだけでも十分にアドバンテージを取れることは憶えておいていいでしょう。

魔導より遅いデッキは駆逐されているのですから、魔導が遅くなっても《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》の脅威さえ無ければ勝てる。
この考えで私はこのようなプレイングとなっています。

魔導のデッキレシピ及び回し方 3月中旬

とりあえずデッキレシピでも。

モンスター(12枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ×2枚
昇霊術師 ジョウゲン
トゥーン・ヂェミナイ・エルフ
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(25枚)
魔導書院ラメイソン
魔導書の神判×3枚
大嵐
成金ゴブリン×3枚
月の書
リロード
ヒュグロの魔導書
ネクロの魔導書
トーラの魔導書
トゥーンのもくじ×3枚
セフェルの魔導書×2枚
ゲーテの魔導書×3枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書

罠(3枚)
和睦の使者×2枚
ガガガシールド

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ガチガチガンテツ
クリムゾン・ブレーダー
シャインエルフ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・フェニクス
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジックテンペスター
レッド・デーモンズ・ドラゴン
幻獣機ドラゴサック
獣神ヴァルカン
閃竜 スターダスト

サイドデッキ
ライオウ×2枚
お注射天使リリー
ガガガシールド
サイクロン×2枚
ドロール&ロックバード×2枚
昇霊術師 ジョウゲン×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
魔導書院ラメイソン
御前試合×3枚

魔導のデッキの回し方

基本的な回し方

魔導においてまず行わなければならないプレイングは、《魔導書の神判》を発動した上でそのターン中に魔法カードを3枚発動することです。
このプレイができればほぼ勝ったと言って良いでしょう。
1,《魔導書の神判》発動
2,魔法カードを3枚以上発動
3,エンドフェイズに《魔導書の神判》の効果で「魔導書」と名のついたカード3枚以上を手札に加える
4,さらに《魔導教士 システィ/Justice of Prophecy》を特殊召喚してそのまま効果を発動
5,《魔導法士 ジュノン/High Priestess of Prophecy》と《魔導書の神判》をサーチする。
これが一般的な魔導の流れです。このアド差で勝ちます。

また、《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》を伏せた上で上記のプレイを行えるとなお良いです。
魔導はアドは沢山取れますが、1キルなどに弱いので、この点をしっかりと《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》で守って行きたいです。

《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》で相手の行動を止めよう

私は《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》をメインに1枚入れていますが、これは一般的にはメインに必須とは言われていません。
しかし、私はこのカードは必須カードだと考えています。
対戦相手が特殊召喚を主軸に据えているデッキ相手ならばかなり重宝します。
……ほとんどのデッキですね。
基本的には、一度基本的な回し方で記載した5枚サーチをした次の自分のターンに《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を出します。
1,《魔導書の神判》発動
2,魔法カードを3枚以上発動
3,《魔導法士 ジュノン/High Priestess of Prophecy》等アタッカーを出して除去して殴る
4,《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》を伏せる
5,エンドフェイズに《魔導書の神判》の効果で「魔導書」と名のついたカード3枚以上を手札に加える
6,さらに《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を特殊召喚する
《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》があれば相手は特殊召喚できないため、《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を除去するためにモンスターを召喚して殴ってくるのですが、その攻撃に対して《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》を発動して攻撃モンスターを除去します。
これで相手の特殊召喚するカードを腐らせてればそのまま勝てます。
私はこのプレイングをかなり重視しています。

また、初ターンでも《魔導書の神判》と《トゥーンのもくじ/Toon Tables of Contents》がある場合には、
1,《魔導書の神判》発動
2,《トゥーンのもくじ/Toon Tables of Contents》3回発動+《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ/Toon Gemini Elf》サーチ&召喚
3,エンドフェイズに《魔導書の神判》の効果で「魔導書」と名のついたカード3枚以上を手札に加える
4,さらに《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を特殊召喚する
このようにプレイすることで、はじめから相手に特殊召喚させずにアタッカーを用意することもできます。

ちなみにですが、対征竜においては《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》以外で勝った記憶が殆どありません。《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》さまさまです。

プレイングで少し憶えておくと便利なもの

  • 《魔導書士 バテル/Spellbook Magician of Prophecy》を召喚する前に
  • 初ターンで《魔導書士 バテル/Spellbook Magician of Prophecy》を召喚する際ですが、その前にできるならば《魔導書の神判》や《グリモの魔導書/Spellbook of Secrets》を発動して墓地の魔導書を2枚に以上にした上で《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》をサーチしましょう。その上で《魔導書士 バテル/Spellbook Magician of Prophecy》を召喚すれば《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》を発動されたとしても《ゲーテの魔導書/Spellbook of Fate》で裏守備にすることで《魔導書士 バテル/Spellbook Magician of Prophecy》の効果を無効化されずに済みます。
  • 《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》対策?
  • まず、一言申し上げますと、《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》を発動されたらほぼ負けます。
    対策が無いと言って差し支えないです。厳しい……。
    手札が《魔導書士 バテル/Spellbook Magician of Prophecy》+《魔導書の神判》の状態であれば《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》を発動されても痛くないというのはあります。難しいんですけどね。
    今回は、《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》+《ガガガシールド》で守ることを重視した構築担っていますが、それで対策がとれているかどうかはわかりません。

征竜には勝てなかったよ……。広島杯反省会

結果は残念ながら予選落ちでした。
3−1で、征竜に負けました。

闇デッキには勝てなかったよ

デッキレシピをとりあえず載せようとおもいます。


モンスター(12枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ×2枚
昇霊術師 ジョウゲン
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(26枚)
魔導書院ラメイソン×2枚
魔導書の神判×3枚
大嵐
成金ゴブリン×3枚
月の書
一時休戦
リロード×2枚
ヒュグロの魔導書
ネクロの魔導書
トーラの魔導書
セフェルの魔導書×2枚
サイクロン
ゲーテの魔導書×3枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書

罠(2枚)
和睦の使者×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ガチガチガンテツ
クリムゾン・ブレーダー
シャインエルフ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・フェニクス
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジックテンペスター
レッド・デーモンズ・ドラゴン
幻獣機ドラゴサック
獣神ヴァルカン
閃竜 スターダスト

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
サイクロン×2枚
ドロール&ロックバード×2枚
強制脱出装置×2枚
次元の裂け目×2枚
昇霊術師 ジョウゲン
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
増殖するG
透破抜き


征竜を甘く見ていました。
《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》や《D.D.クロウ/D.D. Crow》を入れれば止まるだろうと考えていたのは甘えであったと言わざるを得ません。
《炎征竜−バーナー》や、《風征竜−ライトニング》がまだ来ていないので、今なら魔導でも十分に勝てると思っていました。
現実は非情で、征竜には2回ほど対戦したのですが、マッチ初戦は双方ともに《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》を発動されました。
《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》には勝てないですね。
《リロード/Reload》や《魔導書院ラメイソン/The Grand Spellbook Tower》は何の役にもたちませんでした。

征竜とは2マッチやって1-1だったのですが、勝てた試合の主な要因は《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》でした。
《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》をフィールド上に残し続ける以外の方法での勝ち筋を見出すことはできませんでしたし、その方法でしか勝つことはできませんでした。

今後魔導で征竜に勝つならば、この《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を如何にして場に出していくか。
また、どのようにして《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を守っていくかが重要になります。

《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》の一般的な守り方としては《和睦の使者/Waboku》がありますが、これだけでは《炎征竜−バーナー》の入った征竜には勝てないでしょうから、《ガガガシールド》や《安全地帯/Safe Zone》が必要になってくるかと思います。

……何とも苦しいですね。
《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》の隣にモンスターを1体置いて、そのモンスターで殴りに行くのが理想ですが、そのモンスターとしてのお薦めは
・《魔導法士 ジュノン/High Priestess of Prophecy》
・《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ/Toon Gemini Elf》
となります。
この2種をフィールドに出して《魔導書の神判》の効果で《昇霊術師 ジョウゲン/Jowgen the Spiritualist》を特殊召喚するのが理想になります。
今後の魔導としては、これを目指して行きたいです。
ツイッター
ニコニコ動画


記事検索
月間アーカイブ
Yahoo!オークション
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PV(ページビュー)数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログリンク集
コメント
  • ライブドアブログ