前知識として必要なもの
feathの理論・考察掃き溜め場 : 特定のフェイズ・ステップに効果を発動及び処理しなければならない時のルール:前編
feathの理論・考察掃き溜め場 : 優先権を色で見てみよう。遊戯王プレイヤーのための優先権解説:前編
feathの理論・考察掃き溜め場 : 何回確認すればいいの?遊戯王プレイヤーのための優先権解説:中編
feathの理論・考察掃き溜め場 : もう巻き戻しなんて怖くない!遊戯王プレイヤーのための優先権解説:後編



参考ページ
遊戯王カードWiki - 誘発効果
【モンスターカード】誘発効果/Trigger Effect
デュエル フローチャート

当然だけれども、少なくとも前編呼んでから見てね♪

お互いのプレイヤーが同じフェイズ・ステップで発動する効果・チェーンに乗らない効果処理があるとき、お互いが発動したいと望むならば、TP・非TPの順番でそれらを発動・処理することができます。


ここまでは皆さんの感覚と同じかなと思います。

例:TPの《TG ストライカー/T.G. Striker》の誘発効果と、非TPの《亜空間物質転送装置/Interdimensional Matter Transporter》で除外されている《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》をフィールドに戻す効果処理が混在している時。

エンドフェイズ
TP優先権行使
TP、《TG ストライカー/T.G. Striker》の誘発効果の発動
チェーンの最後に発動していないプレイヤー(今回は非TP)の優先権放棄
チェーンの最後に発動したプレイヤー(今回はTP)の優先権放棄
チェーンの逆順処理:《TG ストライカー/T.G. Striker》の効果処理
TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
TP優先権放棄=エンドフェイズ終了宣言
非TP優先権行使
非TP、《亜空間物質転送装置/Interdimensional Matter Transporter》で除外されている《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》をフィールドに戻す効果処理
TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
TP優先権放棄=エンドフェイズ終了宣言
非TP優先権放棄=エンドフェイズ終了承認


TP誘発任意と非TP強制処理では、お互いが発動及び効果処理したい場合はTPが優先となります。


次が肝です。

お互いのプレイヤーが同じフェイズ・ステップで発動する効果・チェーンに乗らない効果処理があるとき、お互いが発動したくないと望むならば、TP強制・非TP強制・TP誘発・非TP誘発の順番でそれらを発動・処理することになります。


これが問題である。説明するより見たほうが速いかな・・・・。

例:TPの発動条件を満たしている《魔導教士 システィ》の誘発効果と、《魔導教士 システィ》を対象に発動した《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》の誘発即時効果のエンドフェイズの効果処理

エンドフェイズ
TP優先権放棄
非TP優先権放棄(優先権を放棄できる)
TP優先権放棄
非TP優先権行使(優先権を放棄できない)
《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》のエンドフェイズの効果処理
TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
TP優先権行使
《魔導教士 システィ》の誘発効果発動
チェーンの最後に発動していないプレイヤー(今回は非TP)の優先権放棄
チェーンの最後に発動したプレイヤー(今回はTP)の優先権放棄
チェーンの逆順処理:《魔導教士 システィ》の効果処理
TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
TP優先権放棄=エンドフェイズ終了宣言
非TP優先権放棄=エンドフェイズ終了承認

お互いがなるたけ発動しないように優先権を放棄しあうとこのようになります。
まず、これまで青優先権黄色優先権赤優先権を使って説明してきましたが、ここでのわけのわからないやつがいるので緑優先権についての解説をします。

緑優先権

緑優先権は以下の条件で移行します。
  1. 青優先権の時にどちらかのプレイヤーが現在のフェイズ・ステップに効果を発動及び処理しなければならない効果を処理せず、青優先権が処理された時
  • 緑優先権の特徴は、
    1. ターンプレイヤーが優先権を得る。
    2. その後、非ターンプレイヤーが優先権を得る。
    3. 現在のフェイズ・ステップに効果を発動及び処理しなければならない効果があるプレイヤーが優先権を得た時、何らかのカード・効果を発動及び効果の処理をしなければならない(何もせずに優先権を放棄できない)
    4. 1,2で、優先権を得たプレイヤーが効果及びカードを発動した時、赤優先権に移行する。
    5. 1、2で優先権を得たプレイヤーがチェーンには乗らないが確認の必要のある行動をした時、黄色優先権に移行する。
  • 緑優先権の時にできること。
    1. カード(スペルスピード1以上)の発動
    2. 召喚・反転召喚・特殊召喚
    3. モンスターの表示形式の変更
    4. カードのセット
    5. 効果処理をする時(《亜空間物質転送装置/Interdimensional Matter Transporter》の戻る処理や、《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》のエンドフェイズに効果が終わる処理)
    6. 攻撃宣言


    効果を発動及び処理しなければならない効果というのは強制効果・強制処理に当たります。
    強制という言葉を使わないのはコナミ事務局が強制という言葉を何故か言わないからです。事務局が強制という言葉を使わない以上こちらも非常に曖昧な言葉を使わざるを得ません。めんでぇ……


    これで話をもとに戻しますが、《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》の効果処理は強制です。
    なので、緑優先権時の非TPは必ず効果を発動もしくは効果処理を行わなければなりません。つまり優先権を放棄できません。
    よって、何かしら効果処理をせねばならず、最終的には《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》を処理することになります。
    その後に《魔導教士 システィ》の効果を発動できるので、《魔導教士 システィ》には《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》は効かない。
    TP任意と非TP強制では非TP強制の方が速く処理できることになります。


    ちなみに緑の時に《D.D.クロウ/D.D. Crow》を使うと……
    エンドフェイズ
    TP優先権放棄
    非TP優先権放棄(優先権を放棄できる)
    TP優先権放棄
    非TP優先権行使(優先権を放棄できない)
    《D.D.クロウ/D.D. Crow》の誘発即時効果発動
    チェーンの最後に発動していないプレイヤー(今回は非TP)の優先権放棄
    チェーンの最後に発動したプレイヤー(今回はTP)の優先権放棄
    チェーンの逆順処理:《D.D.クロウ/D.D. Crow》の効果処理
    TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    TP優先権放棄
    非TP優先権放棄
    TP優先権放棄
    非TP優先権行使(優先権を放棄できない)
    《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》のエンドフェイズの効果処理
    TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    TP優先権行使
    《魔導教士 システィ》の誘発効果発動
    チェーンの最後に発動していないプレイヤー(今回は非TP)の優先権放棄
    チェーンの最後に発動したプレイヤー(今回はTP)の優先権放棄
    チェーンの逆順処理:《魔導教士 システィ》の効果処理
    TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    非TPのクイックエフェクトを発動する優先権放棄
    TP優先権放棄=エンドフェイズ終了宣言
    非TP優先権放棄=エンドフェイズ終了承認


    ま、優先権放棄回数増えて面倒くさくなるだけなのでそんなことはやめましょ。
    これ繰り返して時間伸ばししてる人には遅延行為扱いで注意警告したほうが良いです。