2021年09月13日

今年は大学での授業は

卒業が目的ではなく、

心理系が主である。

かつて通学で通っていた大学の時にも、

心理学系の科目は少し履修した。

学習としての心理学は、

自分を知ることをメインとしていて、

当時はすっごく嫌だった。

自分が知りたいんじゃなくて、

他人のことが分かればいい、

と思っていたので面白くなかった。

先生によるかもしれない。


最近は自分を知れるのは面白い、

とちょっと思えるようになった。

これは歳のせいか、

それとも社会人になって、

ものの見方が変わったせいか?

それで役に立ったかと言えば微妙。


自分の場合は

「よく言葉足らず」や「理屈っぽい」

など分析でよく出る。

言葉足らずなら、言葉を尽くそうと思うが、

いざ話すと理屈っぽくて、

結果的に言ってることわからない、

みたいな…。


先生はプロだから分析してほしいけど、

レポートは提出するものの、

返却されないので答えは分からず。

採点にあたって、

一応内容は確認しているから、

一人ひとり分析はしなくても、

先生の研究に触れる部分は、

もしかしてサンプリングされていたりして、

と少々モヤモヤするだけ。


オンライン講義中にボヤっとしてて、

時間ギリギリに咄嗟に答えたものほど、

意外に当たっている。

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


feathery47 at 11:38|PermalinkComments(0) その他(いわゆる何でも) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
にほんブログ村