2015年10月10日

登販制度の迷走は更に広がるようだ

先日、今年度の登録販売者外部研修を受講してきた。



今回は「親会社直轄の店の方と連絡交換をしよう!」と参加メンバで勝手に目的を銘打っての参加だったが、残念ながら先方は今回は参加されていなかったようだ。


色々システムとか変わるので、だれか気軽に相談できる人が欲しいのだ。



合コンで異性の連絡先ゲットするぞ!並みの勢いだったのに残念(やったことないですがwww)





今回の内容は主に『免疫』に関する内容でアレルギーとかの話だった。



昨年は前半はメーカの専門家から商品説明と関連する身体の話と親会社主催で薬剤師が講師をして、事例のお客様のご相談に対して4つ位の医薬品の中からお勧めする商品や商品のポイントなどを学習した。



うろ覚えなので、たぶんそんな内容だったはず。




今回は外部の会社が主催者で9割は座学で、1割は動画を視聴。



そして講師の方も登録販売者の方だったので、すごくかみ砕いた内容で、講師本人が登販として店頭に立っていた時の体験談などを交えて、医薬品の話は事例で数点商品名が口頭で紹介される程度。




最後に時間が余ったので『通称:改正薬事法』に関する話があった。


知ってました?


今は『薬事法』って言わないらしいのだ。



自分は知らなかった。





『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』


なが〜い名前。



略して『医薬品医療機器法』



略しても長くない?と思うのは自分だけか(((^_^;)




そして昨年こちらで登録販売者試験に関する受験資格撤廃のパブコメがあってるらしいよ!と書かせて頂いたが、今年(2015年4月1日以降)からの登録販売者試験の受験資格が撤廃された。


受験資格の実務期間が撤廃はされたが、今度は店頭に立ってから、一人で薬を売れるようになるまでに、実務期間が必要になった。


プラス、管理者になるにも一定の実務期間が必要になった。



はい、法律の正式名称は知らないけど内容はなんとなく知ってるという中途半端ながらも、ざっくりとここまでは自分は知っていたつもりです。



自分の職場はすでに全員登販保持者なので、登販試験に関しては受験者が身近にいないため情報が鈍化していく。


だからここにも下手なことは書けないので静かにしている訳だ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \





そしてその続きがあったようなのだ。





一部では通称:『登販版2020年問題』と言われているらしいのだ。


うん、ネーミングがベタ過ぎwww




なが〜い名前の法律が施行され、今年が2015年、2020年と言えば5年後。





その前に、自分は2008年に登販に合格し、受験時に実務期間要件を満たしている。



だから現在登録販売者として白衣を着て、名札にも『登録販売者』と書いてあるのを付けている。



さて今年から受験資格が撤廃された登販試験に合格された方は、実務期間がなくても試験に合格したら、登録販売者となのれる。



もちろん白衣も着る。



一見すると全く同じな訳だ。



フレッシュさが足りないかもだけど(((*≧艸≦)ププッ




そこで消費者に分かるように、後者は実務期間を満たすまでは『研修中』という名札を付けて区別をつけなければならないらしい。





そしていよいよ本題の『2020年』問題。



自分は先のような状況だけど仮に来月(11月)この業界から撤退するとする。



それから5年後仮に2020年12月、それまでに色々あってどうにか生き延びてきたが、再起をかけて、登販という資格を活用して再び薬局カウンタに立つことに!




さて問題です!



はたして自分は???


知識がボロボロで役に立たない→はい、正解www


体力的に無理→はい、正解www



自分は辞めるまでに店頭に立っていて、資格取得時にも実務期間を満たしているので、(心身共に)中身はボロボロでも『登販』として立てるか。



資格に期限はないので『登販』と名乗れて立てはするのだが、『研修中』という名札を付けることになるらしい。



つまりはざっくりいうと2020年(細かい部分は不明)の時点で、過去5年間の内2年以上店頭販売に携わっていなければ、2年間は研修中の名札を付けなければならないという。



『研修中』って名札を付けたくなければ辞めた後に戻ってくる時期は、計画的にしなければ(゚∀゚)アヒャヒャ



5年後には『研修中』の名札の人間続出?



『研修中』の名札の人間には、実務期間が満たない人間と、資格保持者だけど過去5年間に店頭販売に携わっていなかった人間の2種類が含まれることになる。


最近の登販試験って、細かい内容を問われているらしいので、合格するのも難しくなっているらしい。


だから講師の方曰く、すごく勉強している方がいるので、ますます知識の格差が広がってきている。




実務経験はなく資格取り立てだけど細かい知識は豊富な新人。


そして知識と経験はあるけど、過去5年間の店頭販売実績がない先輩方。


その2極に挟まれることになる。




講師の方は笑いながら『研修中』って名札を付けている人間の方が詳しい、と言う、今の現場の人間としては笑いが固まりそうな現象が起こるのもそう遠くはないとのことだった。




元々薬の知識に自信のない人間としては、やっぱり1日でも早くにこの業界を撤退せねば(≡ω≡.)




いや〜、個人的にはこの資格自体が不安定なのに、さらに迷走を続ける気ですか( ̄ー ̄)ニヤリッ
って思うのだが現在そんな状況らしい。



※一応講師の方の話を自分なりに解釈したつもりなのだが、間違った解釈等が含まれていたら申しわけありません。






にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村



feathery47 at 00:37│Comments(0)TrackBack(0) 登録販売者関係 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
にほんブログ村