May 24, 2010

美しいモノには棘がある。


Bois de Rose,Dior JOAILLERIE5月16日発売になったディオールファインジュエリーの新しいコレクション”Bois de Rose”ボワ・ド・ローズ。薔薇の魔法にかかって1ヶ月、やっと私の手元に。(ブログの更新もやっと…)薔薇の棘がモチーフ。ムッシュ・ディオールの庭園に咲き誇る色とりどりの薔薇。またヴィクトワールは、野バラの蔓が絡まる深い森をかき分け現れた王子様のキスで目覚めた、眠れる森の美女からインスピレーションを得たとか。ロマンチック!

PGとYGのプレーンなリングをチョイス。2本のリングを少し離して同じ指に(diorjoaillerie.com)。PGは9月ごろ発売予定の”Rose Dior PréCatelan”PG×ピンクトパーズとのコーディネートも夢見て。ノベルティでいただいたキャンドルのRoseの香りを楽しみながら、2010年の秋冬は思いっきりレディライクなファッションで行こうと、妄想にふける今日この頃です。

お読みいただいてありがとうございます!

Posted by february_pisces at 00:03Comments(5)

April 21, 2010

薔薇の魔法。


Dior JOAILLERIE,YVES SAINT LAURENT,ROGER VIVIER少し前からサイドバーにTwitterを貼っています。何度かの亡霊を経て、今度こそ。ユーザー名の”mimioui_en_rose”は、もちろんディオール ファイン ジュエリー”ピンクのmimioui”のこと。この愛らしいジュエリーを見ていると、ふとバラの香りが蘇り、とても癒されるのです。

女性を幸せにする魔法を持っているバラ。ハンドクリームにバスミルク、サプリメント。気がつけば身の周りにバラがいっぱい。2010SSはそんなバラをモチーフにしたファッションアイテムが私を虜に。

ロジェ ヴィヴィエ(右上)の定番シューズ”ROSE N'ROLL”は、毎シーズン素敵な花を咲かせています。ヒールにあしらわれたトゲがなんともセンシュアル。イヴ・サンローラン(左下)のシューズも後ろ姿を想像するとゾクゾク。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:22Comments(0)

April 04, 2010

本物に触れる時間。


Dior JOAILLERIE at ISETANクリスチャン ディオールやシャネルなど、伝統あるメゾンが保守的な側面と革新的な側面を併せ持っているところに興味が湧きます。オートクチュールやプレタポルテのコレクションで発表される斬新なスタイル。新しい素材の開発やWEBへの取組みにも熱心な一方、伝統的な技術を擁する最高峰の職人によるモノづくりのスタイルは崩さない。

ディオール オムのテーラードジャケット1着、アトリエで数多くの作業を経て完成するまでに要する時間は約5週間。1週間でコピーされ大量に吊るされているものとは比べようもありません。職人技なくして真のラグジュアリーは存在しないということ。デザイナーのイメージを形にする職人がいるからこそ、本物に出会えることに感謝しなくては。


続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:00Comments(2)

December 13, 2009

ディオールの赤い夜。


VOGUE JANUARY 2010クリスマスまで10日余り。11日の夕刻、ルイ・ヴィトンモバイルから『大切な方と一緒にダウンロードすれば、小さなおどろきが・・・?!』とのお知らせに、いそいそとアクセス。雪が降るロマンティックな待受に変身しました。

先々週の土曜日は、ディオール ファイン ジュエリーのご招待でリッツカールトン大阪36階スイートルームへ。テーマはムッシュディオールのラッキーカラー、赤色に因んで”Le Rouge Dior“。赤いカクテル、赤いお料理、そして新作の赤い”キュピドン”のイヤリングと、赤いベルトの限定ウォッチ”ラ ミニ ディ ドゥ ディオール”。

ディオール ファイン ジュエリーが誕生して10年、つまり、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの独創的な素晴らしいクリエイションに出会って10年。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 23:28Comments(0)

October 25, 2009

ワタシノミカタ。


TOM FORD for Yves Saint Laurent Rive Gauche 2002奇跡的に片方見つかった”Mimioui au bal“。ある日両耳に着けていることに気付いて『あった〜!』と喜んで外してみたら、全然違うピアス!?そこで目が覚めました。自分の不注意でなくした”Mimioui au bal“のことが、当然ながら重く心に引っ掛かっています。

もう絶対に横着はしないと猛省しつつ、洗濯機から見事生還したこのコは、すごい強運を持っているんじゃない?と、非常に都合のいい解釈も浮かんだりして。

気のせいか、ちょっと運気の流れがよくなったような。このところの“TOM FORD ウイメンズ”2011年スタートの情報。トム・フォードの明るい動向で、途端にモヤモヤした重い霧が晴れ、気分がスッキリ!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:21Comments(6)

May 25, 2009

ファインジュエリーの素敵な世界。


Dior JOAILLERIE ”Coffret de Victoire”神戸や大阪で多くの学校の休校が明けた土曜日、久しぶりに街に賑わいが戻りました。私は先週から阪急梅田駅周辺で盛大な広告キャンペーンをしていたうめだ阪急の「ロレックス レディスコレクション」(5/26まで)を覗き、インポートものが充実していてお気に入りの2Fストッキング売場でドット柄や網タイツなどをまとめ買いし、4Fでジバンシィ、ドリス ヴァン ノッテン、ランバン、イヴ・サンローランなど、美しいモノをたっぷり見て…。

そしてこの日のメイン、ディオール ファイン ジュエリーの展示会へ。アーティスティック・ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの尽きることのない独創的なイマジネーションと、それに見事に応える職人技の結晶、ハイジュエリー”Coffret de Victoire”。ヴィクトワールの世界に浸りに。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:00Comments(2)

March 17, 2009

パリでバロックな女?


VOGUE April 2009今日もとてもよいお天気でした。スギ花粉に黄砂がなければ最高。あと10日もすれば美しい桜の季節ですね。

2月下旬からパリに行っていました。と言っても残念ながら2009FWコレクションとは縁がなく。4度目のパリにして初めてのヴェルサイユ宮殿をはじめ、もっぱら観光、「睡蓮」、そしてスイーツのはしご。

終わってみたら、お買い物は愛用しているラルチザン パフュームのフレグランス3本とバスミルクだけ。1ユーロ120円、2年前と比べて50円安。日本価格の約65%くらい、デタックスでさらに!なのに、ジバンシィもイヴ・サンローランもディオール ファイン ジュエリーも何ひとつ…。なんだかもったいないことをした気分がするのは私だけでしょうか?

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:00Comments(4)

February 08, 2009

柔らかい石。


VOGUE March 2009みなさんにはお守りのように大事に思っている宝石がありますか?私の場合は今さら改めて書くまでもないのですが、ディオール ファイン ジュエリーの”mimioui " ”Mitza ”。ファースト”mimioui ”と過ごした時間はいつの間にか6年を超えました。外すのは汚れを落とすお手入れのときだけ。”mimioui ”だけが知っている私の秘密も。

VOGUE3月号『ジュエリーが「なりたい女」へと導く、開運宝石占い。』を読んで大事なジュエリーたちに出合ったときのことを思い出しました。『自然の摂理がもたらした天然の産物、地球のエネルギーを結晶に閉じ込めた』宝石がパワーを持っていることは、もうよくご存知のことですね。自分の感度が悪いときに宝石を買うと、パワーの低い石をつかんでしまうそう。


続きを読む >>

Posted by february_pisces at 20:00Comments(15)

December 14, 2008

毒を秘めたジュエリー。


Dior JOAILLERIE ”Milly Carnivora”あと10日足らずでクリスマス。土曜日、阪急メンズ館へお買い物に行くと、馴染みのスタッフの方から「3FのTOM FORDに中田ヒデが来てたそうですよ」。1時間ほど前のことらしく、特別にファンというわけではないけれど、ちょっと見てみたかったかなぁ。

ディオール ファイン ジュエリーの予約・販売会にもお出かけ。今回はディオール心斎橋のブティックを会場に、プレタポルテと合同の開催。2009年クルーズコレクションの華麗なお洋服も見ることができました。

ディオール ファイン ジュエリーの新シリーズは ”ミリー カルニヴォラ ”、一度見たら忘れられない官能的なハイジュエリー。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 23:04Comments(2)

November 24, 2008

クリスマスは特別。


VOGUE DECEMBER 2008冬のボーナスは昨年に比べマイナス2.9%、昨夏から4回続けてのマイナスになるそうです。はぁ〜。金融危機、雇用不安、消費不況…、聞こえてくるのは深刻な言葉ばかり。それでもクリスマスは特別、と思いたいんですよね。

昨日はディオール ファイン ジュエリーのクリスマス限定”Maxioui ”の発売日。リング75本、ネックレスは25本だけ。全国11店舗で振分けると1店舗あたり数本の非常にレアもの。ピンクゴールド×ピンクサファイヤの強力Kawaiiコンビを目撃したくて、うめだ阪急の4階へ。

ウインドウにはヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌのファンタジーあふれる素敵なファインジュエリーと真っ白なKawaii熊のぬいぐるみ。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:45Comments(2)

September 28, 2008

ハッピースカル。


Dior JOAILLERIE意外なほどの涼しさ。こんなに快適に秋冬モード本番に突入できるなんて何年ぶりでしょう?でもちょっと寒すぎ。風邪などひいていませんか?

最近私の偏愛宝石箱に加わった、ディオール ファイン ジュエリーテト ドゥ モール。このコの強力なパワーが私を守っていてくれるようです。幸福と永遠のシンボルのスカル、裏面にはハートが4つ集まったハッピーモチーフのクローバー、骨の先にもハート。そしてダイヤモンドパワーも。

枕元に置いて眠った初めての夜、夢に現れた憧れの端整な彼。それ以来ハッピーな偶然も増えたような。テトとスピリチュアルな関係が築けられたみたいです。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 23:52Comments(2)

September 14, 2008

ディオールのジュエリーガーデン。


Dior JOAILLERIE火曜日、最終日の伊勢丹新宿店×Numero TOKYOコラボ企画 アート・コンビニエンス・ストアに滑り込み、かろうじて蜷川実花学習帳と「阿蘇のメイスイ」をゲット。フォトグラファー蜷川実花さんの花の写真が表紙の白紙の学習帳には、今シーズンのスタイリングを下手なイラストで書きましょう。

水曜日、大阪のうめだ阪急で始まった「ディオールのジュエリーガーデン」へ。「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱」からちょうど一年、ディオール ファイン ジュエリーのカワイイ世界が再び大阪にやってきました。

1階に現れたムッシュ ディオールのガーデン。青い空、ふかふかの芝生、白い垣根と白いバラ、色とりどりの蝶々。思わず笑顔になる素敵な空間です。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 02:07Comments(4)

August 20, 2008

強い女の必需品。


VOGUE September 2008アスリートの晴れやかな笑顔に、こぼれ落ちる涙に、感動とパワーをもらう毎日。女子アスリートたちの活躍、すばらしいですね。強くて美しい彼女たち。ひたむきな視線の先にあるメダルや記録に手が届きますように。

パワーウーマンの2008AWマストアイテムは、ボリュームたっぷりのコスチュームジュエリー。1979年のイヴ・サンローラン作、透けるシフォンの素敵なドレス。胸元で輝くヴィンテージのボリュームネックレス、両手首のまぶしいばかりのゴールドのバングルが意思の強さを感じさせます。

大粒のクリスタルやハードなメタル、存在感のあるネックレス、バングル、リングでドラマティックな女に。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:49Comments(0)

August 04, 2008

仮想と現実。


Dior JOAILLERIE先月末、日本でのディオール オンライン ブティックがオープンしました。すでに「カルティエ」「ルイ・ヴィトン」「セリーヌ」などもオープンしていて、これからは日本語で安心してオンラインショピング。

「ディオール」のサイトでは、バッグやレザーグッズ、アクセサリーと同じようにファインジュエリーも買えてしまう。Mimioui fait sa precieuse52,500円からDiorette997,500円まで。

私がまったく自由になる時間がなくて、予算さえ合えば利用するでしょう。それはディオール ファイン ジュエリーが、とっても素敵で信頼できる商品ということをよく知っているから。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:27Comments(8)

July 14, 2008

ミッツァの誘惑。


LA D DE DIOR Dior JOAILLERIEディオレッラの素敵な夜に出会って以来、私のハートをつかんでしまったのは、”LA D DE DIOR ”ラ・ディ・ドゥ・ディオールのMitzaミッツァ。画像のソリッドゴールド イエローサファイヤとは素材違い、ステンレススチール ダイヤモンドの33ミリ。ほのかに暗い部屋でなんとも言えない美しい白い光を放っていました。

ベゼルに60石、文字盤に135石のダイヤモンドが描くのは、ムッシュ・ディオールのミューズ、ミッツァ・ブリカールがこよなく愛した豹柄。クリスチャン ディオール創立60周年の昨年、バーゼルワールドで発表されたもの。なぜかこれまでフェアなどでも出会えなくて、やっと。ちょうど1年前から左手人差し指で、私を見守っていてくれたミッツァのリングも待ち焦がれていたかも。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:14Comments(4)

June 29, 2008

ディオレッラの素敵な夜。


SPUR LUXE雨の日が続いています。梅雨明けもまだまだ先、その先に続くであろう長い酷暑を想像するとゲンナリ。暑いのは苦手です。

少し前の話になりますが、21日(土)大阪のレストランで、ディオール ファイン ジュエリーのフェアがありました。蒸し暑さを忘れさせてくれる快適で優雅な空間。今回もパリから素晴らしい一点もののハイジュエリーや新作コクション”Diorella”など、そのファンタジーあふれるデザイン、フォルム、そして意表をつく精巧な仕上がりに感動の連続。

このところ八方塞がり。ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの創りだした美しすぎる世界に、鬱々と曇った心が一気に晴れたような。まさしく「美」の力に救い出された感。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:00Comments(2)

May 08, 2008

mimioui 登場。


Dior JOAILLERIE花粉アレルギーで炎症を起こし弱りきった肌を救ってくれた3種類の恩人(?)、ナチュラルスキンケアコスメ ”ジュリーク ”、LOTTEコラーゲン10000mg+ビタミンCパウダー 、そしてデトックスハーブティー。

コラーゲンの効き目は爪にも。健康的なピンク色になったのがうれしくて、カルシウム配合トップコートを重ねただけのヌードネイルに。ちょうど最近モード派には、ヌードネイル(もちろん手入れの行き届いた)やナチュラルカラーの短い爪が人気とか。

服やバッグ、シューズのモードな匂いを大切にするなら、しゃしゃり出ないナチュラルな爪の方がおすすめ。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 02:01Comments(4)

March 30, 2008

ヴィクトワールのガーデン。


Dior JOAILLERIE(SPUR5月号より)春は出会いと別れの季節。結婚や転勤、退職など、遠くへ行った大切な人たちが元気で楽しく過ごせますように。

雪の日が多かった冬の間もじっと耐えていた桜。きちんと蕾が膨らんで一気に咲き始めました。自然のサイクルは神秘的です。それでも以前の関西は小学校入学式の頃が満開、ずいぶん早まり地球温暖化を実感します。

SPUR5月号にディオール ファイン ジュエリーがモチーフのとっても素敵なストーリー。ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが創り出すジュエリーたちは、もちろん金属やストーン、硬いものでできているのに、本当の花びらのように柔らかく温かく感じるのは何故でしょう。Dioretteの新作リングからは蜂の羽音が聞こえてきそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 22:54Comments(0)

February 28, 2008

mimioui から始まった。


Dior JOAILLERIE Oui、Mimioui fait sa precieuse 2月生まれの私、約1年取り組んできたプロジェクト打ち上げの意味もあって、またまた自分にごほうび。3月1日価格改定のお知らせをいただいて、25日大好きなディオール ファイン ジュエリーへ。

新しく迎えた可愛いコは”Oui ”リング・誕生石アメジストにイエローベリル、 ”Mimioui fait sa precieuse ”サファイア。

人差し指に重なり合うように咲く二つの花。光を放ち続ける美しいカッティング、とてもクリアで深みのあるカラー、クオリティの高いアメジストとイエローベリルは3.8カラット。リングのゆるやかなカーブは紛れもなく”Oui ”。二つの花の下で、とっても小さいけれどそこにいてほしい”mimioui ”

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:00Comments(6)

February 07, 2008

春の足音はユーロ高とともに。


SPURより寒い日が続いています。入荷したばかりの新作サンダルを買ったものの、履ける日はまだまだ先。それでも、少しずつ日が長くなり、確実に春は近づいていて、気持ちは明るくなりますね。

一方、春といえばここ数年ユーロ高に合わせて行われる価格改定。こちらはちっともうれしくありません。ディオール ファイン ジュエリーでも3月1日から約5〜10%上がるそう。”mimioui ”ネックレスだと10,000円近くの値上がりとか。(一部除外も。)

秋に発売された”Oui ”リングを予約していながら、今月末のプロジェクト完了を機に迎えに行くお約束で、ショップの方のご好意に厚かましく甘えている私。ギリギリ滑り込み!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:20Comments(10)

November 18, 2007

愛のリング Oui 。


Dior JOAILLERIE Oui (HANKYU DESIGNING DAYS)街路樹のイルミネーションやデパートの大きなショーウインドウが、今年もクリスマスシーズンが近くなったことを教えてくれます。いつもよりも少し優しい気持ちになるクリスマスは、やはり特別なシーズン。

ピンクのmimiouiから一年。ディオール ファイン ジュエリーの今年のクリスマス限定は、新しい ”Oui ”から ”Oui White Topaz Ring ”。3.8カラットのホワイトトパーズを二つの小さな”Oui ”が支えあう、愛のリング。

阪急百貨店から届いた情報誌「DESIGNING DAYS」にとても素敵な写真が載っていました。一番右のリングが11月23日発売クリスマス限定 ”Oui White Topaz Ring ”。無色に見える石はほんとに薄い薄いブルー。アクアマリンよりもうんと薄いブルー。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:59Comments(16)

October 25, 2007

女が勝負するとき。


Victoire de Castellane(Dior JOAILLERIE)まずは心からの御礼を。皆さまの温かく大きなお心遣いに胸がいっぱいになりました。本当にありがとうございます!これからもどうぞよろしく「ファッション!ファッション!」におつきあいくださいませ。

さて、このシリアスなポートレイトは、ディオール ファイン ジュエリーのアーティスティック・ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ。私たちがよく知る、いつものキュートなヴィクトワールじゃない。まるで別人。ヴィクトワールにいったいなにが!?

クリスチャン ディオール60周年のパーティーで発表されたハイジュエリーコレクション”ベラドンナ アイランド ”。ルネサンス時代のエロティックな秘薬が起源という、これまでにない官能的なコレクション。ヴィクトワールはこの制作に2年以上を費やし、とてもシビアに集中していたそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:49Comments(2)

September 26, 2007

Dior 美しきヒストリー。


Christian Diorとてもうれしいことがあった先々週、何気にVOGUE10月号を読み返してびっくり。魚座の私、『重要人物から仕事ぶりを賞賛されそうな9月13日』!!鳥肌がたちました。

ディオール ファイン ジェエリーの”Mitza ”、レオパードの可愛い手が誕生石のアメジストを支えるこのリングと一緒に過ごすようになってから、集中力がとてもUP。アメジストのパワーともに、ディオールのミューズ、ミッツァ・ブリカールが見守っていてくれるように思えて。

大阪のうめだ阪急で開催されていた「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱」。会場で世界先行販売されていたディオール60周年アニバーサリーブックにミッツアの写真も。迷った末、催し最終日に購入。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:08Comments(13)

September 13, 2007

宝石箱を開いて。


Dior JOAILLERIE安倍首相の辞任表明で号外が出るなど慌しい中、私は大阪のうめだ阪急で12日(水)から開催されている「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱」へいそいそと。前日、地下鉄車内吊りの中にヴィクトワールの顔がいっぱいデザインされた可愛いポスターを発見してにっこり!

お店の手前のウインドウもディオール ファイン ジュエリーの可愛い世界に。ボンマルシェ展と同じジュエリープリントの素敵なチェアが一脚。『早く!早く!』と気持ちは逸る一方。

会場に着くと、またヴィクトワールのチャーミングな顔と白い壁に囲まれたエレガントなショップが出現。去年のボンマルシェ展とも、3月の伊勢丹とも違う世界。「ヴィクトワールの宝石箱」は夢と愛がいっぱい!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 02:43Comments(27)

August 26, 2007

mimioui 初めて。


Persona Clip去年の今頃は、突然決めたパリ行きで慌しい日々…。パリのボンマルシェで開催されたディオール ファイン ジュエリー「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ展」からやがて一年、早いものです。あのときの楽しかった思い出が蘇る、素敵なお知らせが大阪のうめだ阪急から届きました。

6月の第一報から首を長〜くして待っていました。うめだ阪急の1階で9月12日(水)〜18日(火)開催される「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱 The Jewelry Box of Victoire de Castellane」阪急限定のmimiouiが『モノスゴクかわいいんです!』とショップの方にお聞きして、早くヴィジュアルが見たい、見たいと。

mimioui初めてのピンクゴールド×ルビー。確かに、モノスゴクかわいい!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 23:35Comments(10)

July 29, 2007

暑中お見舞い申しあげます。


www.Dior.Gourmette-chan.com未だ梅雨が明けない地域も。不安定な気候で体調を崩されないよう、気をつけてお過ごしくださいね。そういう私は厳しい暑さに頭痛薬と栄養ドリンクに頼ってしまっている毎日。

このところ更新が週にようやく1回のペース。ブログを始めた頃は毎日書いていたのに…。でも、自分のペースで無理をせず、こつこつ続けることが大事かなと。おかげさまで仕事がたいへん忙しく、充実しています。信頼するBAZAAR(占者が来月号から変わってしまうそう!)とVOGUEのホロスコープも『今はひたすら仕事に励む時期。』と。

先週から私の左手人差し指で、エレガントな存在感を放っているディオール ジュエリーの ”Mitza ”。このコと出会ってから集中力が高まり、仕事のスピードもUPしたような。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:37Comments(6)

July 23, 2007

エレガンスの化身、ミッツァ。


ミッツァ・ブリカール(SPUR9月号)メゾン設立60周年のディオール。その歴史の中でひときわ特別な想いで語り継がれる、ムッシュ・ディオールのミューズ、ミッツァ・ブリカール。なんて素敵な女性なのでしょう。匂い立つとは彼女のようなひとのことを言うのでしょう。

「存在自体がエレガント」とムッシュに言わしめた完璧なエレガンスの化身。『彼女にとって、エレガンスは唯一の生きる理由。どんなときにも最高に洗練されたリュクスなものだけを求めるミッツァが、そこにいるだけでいいのです。』(SPUR9月号より)

そして、ディオールジュエリーのアーティスティック・ディレクターのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌも、ミッツァ・ブリカールに魅せられたひとり。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:28Comments(3)

June 25, 2007

ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱。


My Dior JOAILLERIE CollectionSPUR編集部のお気に入りワードは「偏愛」?SPURLUXE4号やSPUR8月号の表紙に書かれた「偏愛」の二文字がいたく気に入りました。私も「偏愛」傾向、おおいにありますから。

SPURLUXE4号『私の「偏愛」宝石箱、公開!』にならって、私も撮ってみました。私の「偏愛」宝石箱は言うまでもなく「ディオール ジュエリー」ばかり。すべては2002年の”mimioui ”との出会いから。そして約5年、いつのまにか小さなフレームにおさまりきらないほどに。

その”mimioui ”と出会った場所、大阪のうめだ阪急で9月12日から、スペシャルイベント「ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの宝石箱」があるそう。素敵なタイトル!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 09:00Comments(18)

June 17, 2007

高貴なる mimioui 。


Dior JOAILLERIE ”Suivez-Moi”ディオールの素晴らしくエレガントな世界に酔いしれていた日から1週間。余韻もさることながら、前回の「ディオールづくし。」とは、ひどいタイトルに少々落ち込んでおりました。そんな私をかわいいmimiouiやOuiは、やさしく励ましてくれるのです。いつものお手入れをして枕の下に。昨日は憧れの端正な彼とたくさん会わせてくれました。

mimiouiとOuiの新作リングをオーダー。”mimioui fait sa precieuse ”ミミウイ・プレシューズは貴石のルビー、エメラルド、サファイヤとダイヤモンドの新しいコレクション。イエローゴールドのチェーンに深く美しいレッド、グリーンとブルーの高貴な輝きが、70年代のヴィンテージな雰囲気です。

ヴィクトワールはmimiouiを何本も重ねて着けるのが好きなんだそう。私も真似させていただこうっと。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 20:00Comments(0)

June 11, 2007

ディオールづくし。


Dior JOAILLERIE×SPUR10日、大阪はちょっとしたDior Dayでした。帝国ホテル大阪でディオール ジュエリー「Special Summer Invitation Fair」が。そして、大阪城にほど近い大阪ビジネスパーク円形ホールでは「2007-2008 Autumn/Winter Collection Show」。二つの会場で優美な世界を堪能させていただいて、まだ余韻を楽しんでいます。

ディオール ジュエリーの会場に思いがけず、ハイジュエリーコレクション”ベラドンナ アイランド ”が妖しい輝きを放っているのを発見。最後の1点だそう。一度見たら忘れられない魅力。魔力と言うべきかも。

制作に2年以上を費やした渾身のコレクション。ヴィクトワールの厳しい注文に応えた職人もすばらしい。ディオール社は作品を手放したくなかったそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:17Comments(0)

June 05, 2007

Oui!Oui!Oui!!


Dior JOAILLERIE(L'OFFICIEL JAPON JUNEより)緑が美しいすずらんの葉の間に咲いたジュエリーの花。中央の大きなモルガナイトに巻きつくような小さなパールは、本当にすずらんの花のよう。ストーンと花木、質感はまったく違ってもともに自然の造形物、不思議と柔らかい光に包まれるようでとても相性がいい。

カラーストーンが大好きなディオール ジュエリーのアーティスティック・ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ。現在のカラーストーン人気復活はヴィクトワールのクリエーションから。

以前「mimioui ニューカラー。」でご紹介した秋の新作 ”mimioui fait sa precieuse ”ミミウイ プレシューズはルビー、サファイヤ、エメラルド。そして、”Oui ”も美しいカラーストーンの新デザインが発売されるそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:25Comments(5)

May 28, 2007

ヴィクトワールとアラーキー。


Dior JOAILLERIE (VOGUE7月号より)ディオール ジュエリーのウインドウは新作 ”Charms de Dior ”のカワイイ!世界。もうご覧になりましたか?またDioretteのニューファミリーもお目見え。小さなマーガレットの花びらにひとしずく、ダイヤモンドがとってもチャーミング。

ショップからはディオールジュエリーのホームページでおなじみ、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの子供の頃の写真と、チャームのシールシートが付いたDMが届きました。短めに切りそろえられた前髪、ひと目でヴィクトワールと分かる。好奇心の塊のようにキラキラと輝く瞳。

ヴィクトワールは写真家の荒木経惟、アラーキーの大ファンなんだそう。2005年の来日の際はスケジュールが折り合わず残念ながら会えなかったとか。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:49Comments(0)

May 08, 2007

ディオレット咲き誇る。


Dior JOAILLERIEゴールデン・ウイークはいかがお過ごしでしたでしょうか?ディオールジュエリーのサイトがまた可愛く更新。新作の ”Charm de Dior ”の楽しいヴィジュアルとクリアなBGM。いつもながら夢と愛がいっぱいのヴィクトワール・ワールドに思いっきり癒されます。

そして、ディオール ジュエリーからまもなく登場する新作のお知らせに、私は楽しい妄想の日々を。ちょうど1年前に誕生した ”Diorette ”。その名の示すとおり、とてもディオールらしくて、デザイナーのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが大好きなコレクション。

このDioretteに6月、かわいいファミリーが加わるそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 02:11Comments(0)

April 23, 2007

mimioui ニューカラー。


white ethiopian opal and diamonde anniversary edition ring ,Dior JOAILLERIE(http://www.style.com)セレブ mimiouiこと ”Mimioui au Bal ”の素敵なディスプレイ、もうお楽しみになりましたか?ディオール ジュエリーのウインドウにはいつも夢と愛がいっぱい。カワイイ!世界に心が弾み、癒されます。

Mimiouiに届いた舞踏会の招待状。おめかししてお出かけするセレブ Mimioui。舞踏会で素敵な出会いが。それは憧れの端正な彼の顔になり…。イマジネーションをかき立てます。

アーティスティック・ディレクターのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌにとって、2007年はクリスチャン ディオールのメゾン設立60周年と自身のフランス国家功労勲章授章の記念すべき年。アニバーサリー・エディションとして発表されたハートのリングは白いオパール。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:12Comments(6)

April 09, 2007

ヴィクトワールのハリネズミ。


Dior JOAILLER(L'OFFICIEL February/March 2006より)去る1月21日放送のパリ収録「徹子の部屋」をご覧になった方は覚えていらっしゃるでしょうか?Dioretteの可愛さに魅せられた黒柳徹子さん。ヴァンドーム広場にあるディオール ジュエリー本店を訪れ、「デザイナーはどんな方?お会いすることなんてできます?」とヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌさんに会われたこと(アポなしはありえないと思いますが)。そして、「ハリネズミのリングなんてどうかしら?」とリクエストされたこと。

パリからテレビ朝日に届いたというデザイン画を見て、どんなハリネズミ君になるのか、楽しみでした。先日のクリスチャン ディオール、メゾン設立60周年のパーティー会場にパリからやってきたハリネズミ君。パーティーにふさわしい素敵なウエアを纏って。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:24Comments(4)

March 20, 2007

セレブ mimioui の白い光。


Dior JOAILLERIE先週末、セレブmimioui ”Mimioui au Bal ”をお迎えに。スペシャルな黒いボックスに納まって着いたところが我が家とは、セレブmimiouiには申し訳ないのですが。冷え込む空気のなか、プラチナのまろやかな白い光がほんのりと温かい。

まずはフック式のピアス。チェーンの長さと、ダイヤモンドのタテはともに5ミリくらい。ブリオレットカットのダイヤモンドが可愛く揺れて放つ上品な輝き。私はちょうどショートヘアにしたばかり。光が集まって顔まわりがパッと華やぐ。大正解!

着けているのを忘れるくらい華奢なピアス。落とさないように気をつけなければ。もとよりセレブmimiouiを着けて走ったりしてはいけないのですね、ゆったりとエレガントに。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 20:00Comments(24)

March 08, 2007

ヴィクトワールのカワイイ!部屋。


Dior JOAILLERIE新宿伊勢丹1階に現れたヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの部屋。窓越しに見えるのはヴァンドーム広場ではなく、会場を取り囲むように続く行列。パリのボンマルシェ展とはまた違うカワイイ世界がそこにありました。

ミニチュアのヴィクトワールのオフィス。小さな小さなmimiouiやハイジュエリーのプロトタイプ。絵の具や筆もとっても小さい。オフィスの写真の中に、日本のスタッフが贈ったカワイイものも並んで写っているそう。パッケージを嬉々として開けて、目を輝かせるヴィクトワールが目に浮かびます。

ウインドウにはスペシャルピースのハイジュエリーも。ディオールジュエリーでは珍しいエメラルドカットの大きなダイヤモンドはどこまでもクリア。細かなピンクサファイアとダイヤモンドが緻密に並べられ蔓のようにうねり、リングの環をつくる。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:46Comments(8)

March 02, 2007

セレブ mimioui ベールを脱ぐ。


Dior JOAILLERIE(Isetan)3月7日のリフレッシュ・グランドオープンを間近に控えて、新宿伊勢丹からカタログが数種類、伊勢丹限定を取り揃えてドッサリ。その中にありました!3月7日(水)〜20日(火)1階ザ・ステージで開催されるディオール ジュエリー『ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの部屋』!

そこには伊勢丹限定ピンクゴールド×ピンクサファイヤのOuiリングはもちろん、mimiouiコレクションの新作”Mimioui au Bal ”、そしてこちらも新作の”Charm de Dior ”のヴィジュアルまで。先行紹介されるそう。

2月中旬、先行予約会で出会ったときの興奮が鮮明に。予約会では”Mimioui au Bal ”のフック式ピアスだけをオーダーしたものの、リングの可愛さが忘れられず、結局、翌日になって追加オーダー。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 01:10Comments(12)

February 18, 2007

伊勢丹の発信力。


ISETAN「ファッションの伊勢丹」正確には「毎日が、新しい。ファッションの伊勢丹」一企業のスローガンが、広く一般に知られ定着し、しかもその言葉通りの評価を得ている企業は数少ないんじゃないでしょうか。

洗練されたイメージ戦略も「ファッションの伊勢丹」を確固たるものに。きわめてシンプルな広告ヴィジュアル。ISETANのロゴとURLが入っているだけ。営業時間も展開店舗名も入らず。ロゴを見ずとも伊勢丹の広告とわかる力強い伊勢丹らしさ。そして、私はあたらしい空気を感じるために新宿の伊勢丹へ。

また、「ファッションの伊勢丹」が持つ強い発信力。ボーンTシャツグリーンサンタなどのチャリティは注目され、大きな成果を上げ、伊勢丹の評価もますます上がる。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 23:09Comments(6)

February 14, 2007

セレブmimiouiか、ピンクのouiか。


Dior JOAILLERIE”bague Petit Calin Amour ”予想をはるかに超え、気品のある可愛さにノックアウトされてしまいました。ディオール ジュエリーから4月下旬ごろ発売予定の”Mimioui au Bal ”。チェーンのまろやかな白い輝きはプラチナの証。ブリオレットカットのダイヤモンドが、まばゆいばかりにキラキラと光を放ち、可愛く揺れる。画像でお見せできないのが残念です。

先行予約の機会に恵まれ、12月から心に決めていたフック式のピアスを。今シーズンのキーカラー、パープルのブラウスにも、真っ白のシャツにも。耳元で揺れるダイヤモンドが幸せを運んできてくれそう。

でも、でも、リングの可愛さが脳裏に焼きついていて。チャームが揺れる”Gri Gri ”のように可憐で、そして、より繊細で。mimiouiの隣で揺れていてほしい…

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:47Comments(4)

February 07, 2007

Oui は急げ!


Dior JOAILLERIE(http://fashion.dior.com)もうすぐヴァレンタインデーですね。ディオール ジュエリーから可愛いメールが届きました。小さなOuiリングがハートを作って、心臓の鼓動のようにドキドキ、ドキドキ。『お近くのディオールブティックで 《Oui》 コレクションをご覧いただけます。』

ファミリーが増えて ”Ouiの輪♪ ”もじわじわ拡がっているよう。なかでもネックレスが人気。身体の真正面で可愛く輝く” Oui ”の文字は正直な私の気持ち。

サイトにアクセスしてみると『ラブレターを送る』と。愛する人へのメッセージを送信できるようになってる。試しに自分宛てに送信…。かわいいハートが届きました!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:50Comments(15)

January 19, 2007

mimioui といっしょに祝福を。


Victoire de Castellane(fashion.dior.com)WWDによると、ディオール ジュエリーのアーティスティック・ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌにフランス国家功労勲章、レジオン・ドヌール・シュヴァリエが授与されるそう。おめでとうございます!

フランスはもとより世界中で愛される、ヴィクトワールのイマジネーションあふれるジュエリー。14年間のシャネル時代も含めて、ヴィクトワールが私たちに伝え続ける夢と愛

クリスチャン ディオールに移り、ムッシュ・ディオールのオートクチュールとムッシュがこよなく愛した庭園ミリー・ラフォーレに触れ、さらに大きく開花したヴィクトワールの世界。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:32Comments(8)

December 25, 2006

mimioui セレブになる。


Dior JOAILLERIE(VOGUE1月号より)ディオールジュエリーのショップでは、mimiouiがピアノのまわりに集まって踊るかわいいディスプレイ(2枚め画像)。思わず顔がほころびます。またmimiouiの輪♪が拡がったかも。

まだ少〜し先の話ですが、2007年4月〜5月ごろ、ディオール ジュエリーから新作が登場。ひとつは”Mimioui au Bal ”プラチナのチェーンにブリオレットカットのダイヤモンドが一粒揺れる。celeb mimiouiがおめかしして舞踏会へ、というコンセプトだそう。

0.25カラットの涙型ダイヤモンドが表面に施された細かなカットでクリアな光を放ってキラキラ。リング(予価22万)、ブレスレット、イヤリング(予価34万)、ネックレスが揃うそう。イヤリングはフック式で短めのチェーンの先でゆらゆら揺れるダイヤモンド。フェミニンでエレガントな風情を想像してすっかり妄想モード…

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:00Comments(12)

December 20, 2006

mimiouiといっしょのクリスマス。


Dior JOAILLERIEmimiouiファミリーの末っ子、ピンクのネックレスと出会ってからもうすぐ1ヶ月。WWD 12/11号によると発売日1日で320個のピンクのmimioui、正しくは ”mimioui en rose ”がmimiouiを愛する私たちの元へ。320個のかわいいコたちはあの日の夜、みなさんの枕の下、同じ夢を見たのでしょうか?

来週はいよいよクリスマス。大切な人と幸せな時間を過ごしたいですね。そんなときもきっと、かわいいmimiouiたちはみなさんのおそばに。

振り返ると2006年は、3月のリミテッドストーンターコイズをはじめ、mimiouiやOuiニューフェースなどが登場し、ディオール ジュエリーの世界がまた拡がった年。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:00Comments(6)

December 11, 2006

光に願いを。


Dior JOAILLERIEオフィスから駅に向かう途中にあるクリスマスイルミネーション。規模は小さいけれど、この季節になると毎年仕事帰りの疲れた目と心を楽しませてくれる青白い光。

幸福ホルモンの分泌で「潤う女」になるはずが、いろいろあって急ぎ足でイルミネーションまで。足を止めてしばらく光を眺めていると、余裕をなくして乾きそうになった心が徐々にほぐれて。

帰宅してメールチェックすると、Diorからカワイイお知らせが。無限に拡がる宇宙を背景にチェアに座っているのは、ダイヤモンドの付いたスプリングがビョンビョンと動くユーモラスなハイジュエリー。試着して楽しませていただいた6月の予約会が思い出されて、早速アクセス。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:00Comments(8)

November 24, 2006

ピンクのmimiouiと見る夢は。


Dior JOAILLERIE ”Mimioui ”今夜、かわいいピンクのmimiouiは、みなさんの枕の下で眠っているのでしょうか?Ouiのとなりで2ヶ月余りをいっしょに過ごしてきた、私のかわいいコたちが引き合わせてくれたのだと思います。朝早く出かけるつもりが所用があってショップに着いたのが正午すぎ。半分以上あきらめていました。

すでに開店直後の騒ぎは落ち着いていて、スタッフのみなさんはようやくひと息ついたところだったよう。ネックレスが一番入荷数が少なくて「あと2本ですよ〜。」ギリギリ間に合いました。

毎日いっしょにいて、毎日その可愛さを実感しているのに、ウインドウの中、シルバーメタリックのステージに乗ってディスプレイされているピンクのmimiouiは、やっぱりものすごくカワイイ!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 00:29Comments(36)

November 19, 2006

私の証、ゴルメット。


exciteウーマン・エキサイトガルボで ”私の証、ゴルメット ドゥ ディオール ”と題した期間限定の特集サイトがオープン。かわいい「ヴィクトワールちゃんとゴルメットちゃん」の壁紙もダウンロードできるというので早速アクセス。

YOUさん、水野美紀さんのブログもリンクしていて、mimioui、ディオール ジュエリーといえばYOUさんというくらい。素敵なYOUさんの素敵なコーディネートに魅せられてmimiouiに出会われた方も多いですものね。水野美紀さんもすっきりとした透明感で好きな女優さん。更新が楽しみ。

2004年4月に誕生したGourmette de Dior。シリーズにMimi Gourmetteをはじめ魅力的な新作が加わってますますパワーアップ。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:00Comments(2)

November 08, 2006

ピンクの空気。


Dior JOAILLERIE(FIGARO 11/20号)久しぶりに会った人から顔を見るなり「ピンクの空気吸ってるでしょ」。いきなりなんのことかと思ったら、その人曰く、ピンクの空気を吸っているイメージトレーニングをしていると幸せオーラが出るそう。

ピンクの空気は吸っていないけれど、毎日、かわいく輝くピンクのmimiouiを見ては幸せな気分になっているからかも。11月23日はいよいよピンクのmimiouiが幸せを運んでくれる日。できるだけ多くの人が出会えますように。お願い!

ところで、私は週末をmimiouiお手入れデーに。ダイヤモンドは表面に油分が付きやすい性質。とくに24時間いっしょにいるmimiouiは、お化粧したり、お風呂もいっしょだし。知らず知らずのうちに油分が付いてしまってる。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 09:00Comments(24)

October 29, 2006

ダイヤモンドをつける儀式。


BAZAAR 12月号クリスマスに欲しいのは、やはりダイヤモンド?ファッション各誌のダイヤモンド特集が私たちの心を駆り立てます。BAZAAR12月号別冊付録「Showered in Diamonds」には、ハリウッドセレブを顧客に持つ占い師ジャスティン・ケンザーさんの、とってもためになるダイヤモンドパワーの解説。

ダイヤモンドは古代、病気を治す薬。また、約3千年の昔、戦闘に行く兵士たちには敵や邪悪なものから身を守る一種のお守り。一方、ダイヤモンドは身につける人のエネルギーを吸収するので、アンティークダイヤモンドは以前所有していた人が不幸な状態で手放した場合、その不幸ももらってしまうことも…。

明るいダイヤモンドパワーを導き出すには、正しい身につけ方があるそう。

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 21:00Comments(8)

October 22, 2006

Mimioui , Japan Limited.


Dior JOAILLERIE  ”mimioui”10月はとっても急ぎ足。気がつけばあと1週間あまりで11月。そろそろクリスマスの影がちらほらする頃。今年いちばんの思い出に残るプレゼントはなにに?自分にごほうびにしても、おねだりにしても。

わたしたちのハートをとらえて離さないカワイイmimiouiファミリー。なかでもピンクのmimiouiは、すでに8月の第一報からみんなの熱い想いをちいさなからだに集めてたいへん。ようやく発売情報が解禁に。

発売日は11月23日。クリスマスに向け発売されるピンクのmimiouiには、パリのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ展にもなかったネックレスが日本限定で!

続きを読む >>

Posted by february_pisces at 09:00Comments(29)