雪山の板遊び

スノーボーダーの戯言です。

12/31 ひだ流葉スキー場

写真 (9)

12/31はひだ流葉スキー場に行きました。朝一から滑り始め、まず山頂のシリウスゲレンデを目指しました。前夜に降雪があった模様で雪の状態は最高でした。ふっかふっかの雪質で朝一のシリウスゲレンデは、圧雪されたバーンよりノンピステンの方が人気でした。私はといえば、山頂に上がって1本圧雪バーンを滑ったあと、2本目の滑り出しのところで右足のトゥストラップが切れてしまい、アンクルストラップだけになったため、無理をせずiPhoneで風景写真を撮る方に時間をさきました。

写真 (10)

 一通り写真を撮り終えたあとは、下のゲレンデに下りてゆったりと滑っていました。ストラップが切れていなければクワッドに乗りミルキーシュプールコースを滑りたかったのですが、やはり不安感があり無理をしませんでした。

ひだ流葉スキー場は今回が2回目ですが、雪質がいいのが気にいっています。特に降雪後の山頂の雪質と天気のよい日の景色は絶品です。

28)


飛騨古川の数河峠近辺には飛騨ハイランドというスキー場があるのですが、リフトが止まっており営業していませんでした。一昨年にひだ流葉スキー場に来た時はリフトが動いていたので営業していたと思うのですが残念です。また国道41号線の北側にスキー場跡の地形があったので、帰ってからインターネットで調べてみるとバルクすごうスキー場というのが2003年まで営業していたようです。

(参考WEBサイト)追憶のゲレンデ

帰りは、飛騨古川桃源郷温泉に入って帰りました。

写真 (11)

12/30 飛騨ほおのき平スキー場

写真 (8)

12月30日午前中は野麦峠スキー場で滑った後、午後からMt.乗鞍(乗鞍高原温泉スキー場)に行きました。ここも初めてです。ただ、着いてゲレンデ状態を見てみると、雪質が良くなく人が多かったので着替えるのが面倒になりやめました。 そして、前から行きたかった白骨温泉に行ったのですが、残念ながら時間に間に合わず温泉に入ることができませんでした。冬期は休業が多く、また営業中の旅館でも14時が日帰り温泉のラストでした。

(写真は上段左:Mt.乗鞍、上段右:平湯温泉スキー場、下段:飛騨ほおのき平スキー場)

その後、平湯方面に向かい平湯温泉スキー場あったので覗いてみました。ここは国道158号線沿いにありアクセスがとてもよくファミリー層が多いようです。時間があれば滑りたかったのですが、16時を過ぎていたので今回は諦めました。

高山方面に平湯トンネルを超えると飛騨ほおのき平スキー場がありナイター営業もしていたので滑ることにしました。ナイターゲレンデはさほど広くないのですが、リフト沿いでスキーのポール練習をしている10名ほどのチームを除くと7〜8名ほどしかおらずゆったり滑ることができました。ただ、ナイター開始時に整備が行われておらず若干雪面が荒れていたため、もし整備されていたらとても楽しめたと思います。17時半頃から1時間ほど滑って終了しました。滑走後、また平湯温泉に戻り、ひらゆの森で本日2回目の温泉に入りました。

46)




12/30 野麦峠スキー場

写真 (7)

12月30日の午前は野麦峠スキー場に行きました。野麦峠スキー場は以前から一度は行ってみたいと思っていたところで、やっと念願が叶いました。

8時半頃から滑り始めましたが、気温はマイナス9度、クワッドリフトに乗っているとダイヤモンドダストがキラキラ舞っていました。ダイヤモンドダストは志賀高原の焼額山で見て以来久々です。雪質は若干固めで、昨日のマイアスキー場と同様コース幅が制限されているところもあり、かなり滑りにくかったです。特に立て板の水は雪付きが悪く片斜面でコース幅も半分しかなかったので難儀しました。

また天候は良かったのですが、あいにく乗鞍岳の周りだけ雲に覆われており、雄大な景色が望めなく残念でした。

2時間ほど滑って、帰りがけに渋沢温泉のウッディもっくで温泉に入りました。ここは公共の宿ですが、人が少なくとても静かな感じが良かったです。 

37)

12/29 マイアスキー場

写真 (2)

12月29日から31日まで木曽、乗鞍、飛騨方面に行ってきました。

29日は早朝3時半過ぎに自宅を出て滝野社インターから途中2回の仮眠を取りながら中津川インターまで6時間かかりました。中津川からは国道19号線、361号線を利用して12時前にマイアスキー場に着きました。

コースはブルーダイアモンドとプリマコースはまだ開いておらず、他のコースも滑れる範囲が限定されていました。雪質もあまりよくなくコース幅の割に人が多く、滑っていてもあまり楽しくありませんでした。どうもマイアとはあまり相性が良くなく、チャオ御岳の方がはずれが少ない気がします。13時過ぎから15時半過ぎまで2時間半ほど滑って、御嶽明神温泉やまゆり荘に行きました。

53)

12/24 アップかんなべみやの森

写真 2
12月24日のクリスマスイブにアップかんなべみやの森のナイターに行ってきました。今シーズンの初滑りです。クリスマス寒波到来のため大荒れ予報だったので、朝からタイヤをスタッドレスに履き替え期待して行ったのですが、ほぼ期待通りの雪質でした。

道中は、372号の江原をすぎて482号に入ると雪が降ってきましたが、アップかんなべの近くまでは積雪なしでした。スキー場に着くと強い雪が降っていましたが、準備をしていると止んでしまいました。ゲレンデは人工部分だけでなく全面滑ることが可能でしたが、アイテムなどはまだ何もありません。固いバーンの上に数センチの新雪が積もっている状態で気持ちよく滑ることができました。



 18時半頃から滑り始め20時頃に滑り終えるまで、雪は降ったり止んだりしており、帰る頃にはまた強くなってきたのでもう少し滑りたかったのですが、初日なので無理をせず滑り終えました。

リスト券を買ったときにポイントカードをもらいました。今シーズンから始まったサービスのようです。3年間で12ポイント貯めると1日券が貰えます。半日券やナイターは1ポイント、1日券は2ポイント付きます。

11)






上のグラフはiPhoneのRunkeeperの滑走ログです。1時間半で9本滑りました。最高速は3本目に滑った41.7km/hでした。

帰りは出石の乙女の湯に寄って帰りました。スキー場からは30分ほどですが、雪が結構降っており交通量がほとんどなく街灯などの明かりもない道路は迫ってくる雪しか見えず運転がとてもしづらかったです。
写真 (6)

兵庫県のスキー場オープン

05)

兵庫県のスキー場は11月19日のアップかんなべを皮切りに12月3日には六甲山やハチ高原の人工コースがオープンしています。また、9日から10日にかけては寒波があり、兵庫県北部や六甲山でも降雪がありましたが、滑れるほどの積雪にはなっていません。

次の寒波は16日から18日にありそうです。ハチ高原では17日の天気予報は最低気温マイナス7度、最高気温でもマイナス2度になっています。また、17日からはハチ北や奥神鍋、わかさ氷ノ山がオープン予定です。

下の動画はYouTubeにあった六甲山とハチ高原のオープン日の様子です。



Burtonの無料アプリ"Ride100days"

ride100

BurtonからiPhoneアプリがでています。まだダウンロードしただけで使っていないのですが、スノーボードのSNSアプリといった感じです。TwitterやFacebookとの連携などの機能もあり、今シーズンが始まったら使ってみようと思っています。

以下は、BURTON MAIL NEWSからの転載です。

---------------------------------------------
Burtonの無料アプリ"Ride100days"で、
スノーボードシーズンを記録して友達とシェアしよう!

スノーボードをもっと楽しくするこのアプリでは、カメラと地図で近くのゲレンデを検索して、チェックインして、その日のライディング情報をTwitter、Facebook、mixiに投稿することができます。

自分のライディング情報はすべてアプリに記録され、いつでもチェック可能。Twitterで相互フォローしている友達の情報も見ることができ、多くライディングしているユーザーはランキングに表示されます。

カメラと地図で近くのゲレンデにチェックインした友達を検索することもできるので、友達を探して合流することも!付近にあるBurton正規ディーラーの検索もできます。

全スノーボーダー必携アプリ、"Ride100days"。下記のApp Store、Android Marketから無料でダウンロードできます。年間100日以上ライディングをするBurtonのオーナー、ジェイク・バートンにちなんで名づけられたこのアプリで、今シーズンは100日滑ろう!
 

旭岳で初冠雪

いよいよスノーシーズンが近づいてきました。
24日は富士山でも初冠雪ということです。

ニセコのWebサイトでは恒例のニセコアンヌプリ初冠雪クイズが始まりました。
いつもハズしていますが、今年は10月21日で予想しました。


 関西はハチ高原が12/3、ハチ北が12/17、奥神鍋が12/17(人工)のオープンがアナウンスされています。しかし、毎年一番早いのはアップかんなべの人工コースですが、まだオープン日はアナウンスされていません。11/23前後だと思われます。

3/19 アップかんなべ (みやの森ゲレンデ)

IMG_2022


3/19は 今シーズン最後の滑りを楽しんできました。
今シーズンの滑走日数はちょうど10日でした。目標の15日達成は無理でした。

でも、今年の1月の雪質は最高で、兵庫県でもこんなにいい雪が降るのは10年に1度あるかないかだと思います。

3/4 アップかんなべ (みやの森ゲレンデ)

写真

3月4日は、アップかんなべスキー場みやの森ゲレンデに行ってきました。

2日前くらいから久しぶりに降雪があり、また5日以降には暖かくなるという予報だったので、ちょっと無理して滑りに行きました。

神鍋高原に入ると雪が降っており、まず中央ゲレンデの下見に行きました。新雪が数センチ積もっていましたが、フカフカ状態ではなかったため、ピステンの整備状態が良い、みやの森ゲレンデに移動しました。 

ナイター開始直後から滑り始め、最初の1時間ほどは、綺麗に整備されたまっ平らなバーンはとっても気持ちが良かったです。

帰ってRunkeeperのサイトで滑走ログを見ると20時までの2時間強で14本滑っていました。最高速度は42km/hでした。もう少しスピードがでていたような気になっていたのですが・・・

WS000000

 帰りは、出石の乙女の湯に寄って帰りました。
 

2/13 万場・奥神鍋スキー場

IMG_1854

2月13日は万場スキー場奥神鍋スキー場に行ってきました。この2つのスキー場は共通のリフト券です。この日は万場スキー場からアクセスしました。

リスト券は4時間券を購入しました。というか4時間券があったので、このスキー場を選びました。中途半端な時間に着いた時にはとても便利なリフト券だと思います。

天気予報では雪予報だったのですが、駐車場に到着した時は晴天でした。しかし、山の上の方に行くと、降っている時間の方が多かったです。 ちょっと重めですが新雪が結構残っており楽しかったです。

下の地図のトレースはiPhoneのRunkeeperの滑走ログです。

WS000000

帰路は、但東町のシルク温泉に寄って帰りました。

1/30 ハイパーボウル東鉢

20110130

1月30日にハイパーボウル東鉢スカイバレイに行ってきました。天気予報は大雪だったのですが、午後13時頃に着いた段階では快晴でした。ただ、時間とともに雲がかかり、夕刻には雪が降り始めました。

天気は良かったのですが、気温がマイナス5度前後と低かったため、雪質は雪玉ができないような乾いた雪で非常に良好でした。朝一に来ていれば、新雪を思いっきり楽しめたのではないかと思います。

 

1/26 ハチ高原スキー場

20110126

1月26日にハチ高原スキー場に行ってきました。午前9時半頃、大久保の駐車場に着いたのですが、天気予報のとおりかなり雪が降っていました。特に千石平ゲレンデは風がとても強く、巻き上げられた雪で5m先も見えないような状況でした。スキー教室の高校生がたくさんいましたが、客は平日のためかかなり少なめでした。

軽い新雪がどんどん降り積もっており、雪質はとても良かったです。でも斜度が緩いと板が止まってしまうため、ハチ北に移動しようと思ったのですが、強風のため連絡リフトも朝から止まっていました。

午後からは新しい板に交換し、滑り始める前に中央ゲレンデクワッドリフトの横のトイレに寄り、数分後出てくると新しい板が無くなっていました。警察に被害届をだしていたところ、翌日見つかったと連絡がありました。中央ゲレンデペアリフト横の休憩所前に26日の営業後に残っていたとのことでした。

警察からは置き場所を間違えていたのではと言われましたが、大久保ゲレンデから上がってきてクワッドリフトのトイレまでしか行っていないので、より先にある休憩所に置く訳がありません。また、板を置いた跡と板を引きずったような跡が残っていましたので、誰かが持って行ったのには間違いはありません。風は強かったですが状況的にその可能性はほとんど考えられません。

1/15 アップかんなべ (中央ゲレンデ)

1月15日にアップかんなべのナイターに行ってきました。新雪を期待して行ったのですが、17時半頃中央ゲレンデに着いたところ、道路や駐車場は完全にドライで雪が降った形跡はありませんでした。雪面はかなりかたくガリガリでした。

p1

アップかんなべのナイターは新雪があれば中央ゲレンデ、ガリガリならみやの森と決めているので、この日は本来みやの森に行くべきだったのですが、中央からみやの森に移動するのが面倒なのと、もしかするとこれから降雪が期待できるかもしれないため、中央のリスト券を購入しました。

中央ゲレンデのナイターは整備されないところが多いため、新雪時は新雪がそのまま残っており、またそこを滑る人も少ないため、かなり楽しめることがあります。逆にみやの森は、人工コース(右側半分)の雪面はギャップが少なくフラットであるため、カチカチの状態でも高速滑走が楽しめます。

この日の中央は、実際滑ってみると予想以上に雪面がかたく、2本滑った段階でもうイヤになり引き上げようかと思うほどでした。またちょうどこの日から新しい板に変えていたので、その影響もあるのかと思い、従来の板に変更してダメなら引き上げようと、バインディングを付け替えていたところ、待望の雪が降り始めました。

p2

雪が降り始めると、あっという間に状態がよくなり、3本目は最初の2本とこうも違うのかというほど、滑りが楽しめるようになりました。結構軽めの粉雪だったので、新雪の上を滑ると板の先端にあたった雪がフワッと浮くような感じで左右に流れていきます。帰りがけの車の外気温計がマイナス6度だったので、気温の低さも雪質を良くしていたと思います。ただ、風がかなり強く吹雪いていることが多かったです。



最初はわずか30分で帰りかけていたのですが、降雪のあとは楽しくて21時最終までいました。滑走ログを見ると14本滑っていました。駐車場は来た時は完全にドライでアスファルトが見えていたのが、帰りは真っ白で10cm以上は積もっていたようです。

 

1/9 アップかんなべ (みやの森ゲレンデ)

1月9日にアップかんなべみやの森へ今シーズン初ナイターに行ってきました。神鍋高原に着くとドンドン雪が降っていたのでコンディションはともて良かったです。特に19時頃まではかなり降っていました。
WS000001


下の動画は雪が降り止んだ19時頃撮ったものです。雪が止むとともに風が強くなり、風のノイズがかなりはいって聞き苦しいところがあります。



雪質は板を踏み込むとモコッと食い込むような感じです。1月4日のミカタスノーパークはガリガリ感があったので、肋骨の故障を考えるとビビリが入っていたのですが、この日は1本滑って安全を確認すると恐怖感がなくなり、やっと普段どおりに滑れるようになりました。

また、日中より夜間の方が、雪面の変化がよく見えるため、その点も滑りやすく感じたところです。どうも曇り空や降雪時の日中は苦手です。

WS000000

上記はiPhoneのGPSロガー「Runkeeper」のグラフです。2時間弱で10本滑っていました。最高スピードは39.4km/hでした。スピードは、まだ肋骨に不安があるのでセーブしつつ滑走していますが、コンディションが良くても50km/hくらいが限界です。

みやの森コースに行く前に中央コースの下見をしていたのですが、突然停電になったかと思うと1秒後くらいにドーンと凄い音がして落雷しました。まったくいきなりだったのでかなり驚きました。スキー場での落雷は初経験でした。
Diptic
写真は落雷前後です。下の写真の左側の照明は圧雪車のライトです。一瞬で真っ暗になりました。ナイター営業直前でリフトが動いていなかったので良かったと思います。

みやの森のナイター滑走は20時前に終え、出石温泉館の乙女の湯に向かいました。この温泉は初めてですが、スベスベ感がすごくあります。私が知る兵庫県内の温泉ではNo.1です。料金も400円で露天風呂もあり、神鍋高原から30分程度の距離にあり22時まで営業しておりオススメです。
WS000002


1/4 ミカタスノーパーク



1月4日にミカタスノーパークに行ってきました。2006年2月以来5年ぶりです。いつからかはわかりませんが、以前にあった時間ごとのリスト券がなくなっており午後券を購入しました。1500円でした。一日券でも2500円とかなり安くなっていて驚きました。

雪は十分にありましたが、若干硬めで、また肋骨に痛みがあり、恐る恐るだったので、まったく板に乗れず、怪我が怖く3回リフトに乗っただけで終えました。

しかし、人は少なかったです。こんなにリフト券が安いので、もう少し人が来ていいと思うのですが、アクセスが悪いのが欠点なのでしょう。また、休日は駐車料金が1000円必要だと思われます。この日は平日なので無料でした。

帰りは湯村温泉の外湯・薬師湯に立ち寄って帰りました。 

1月3日の兵庫県スキー場

1月3日の兵庫県のスキー場のライブカメラの状況です。時間は11時半頃なのですが思ったよりすいています。今シーズンの正月期間中で混雑しそうな日は1月2日か3日だと思っていたのですがどうなんでしょう。


兵庫県のスキー場は12月29日にオープンしたところが多いようです(人工コースは除く)。しかし、大晦日や元旦は、道路の除雪が追いつかないような大雪でした。1月2日になって天候も回復し3日も比較的良い天気なので、もう少し人出があってもよさそうに思います。

※わかさ氷ノ山スキー場の所在は鳥取県になります。


WS1
アップかんなべスキー場(左:みやの森 右:北壁)
WS2
左:おじろスキー場 右:スカイバレイスキー場
WS3

左:わかさ氷ノ山スキー場 右:氷ノ山国際スキー場
WS4
左:ハチ高原スキー場 右:ハチ北高原スキー場 

12/29 一里野温泉スキー場

Diptic

12月29日に石川県白山市の一里野温泉スキー場に行ってきました。

自宅を7時に出発し、国道175号、北近畿豊岡自動車道、舞鶴若狭道、国道27号、北陸道(加賀IC)、国道8号、国道360号、国道157号と乗り継ぎ一里野温泉まで6時間かかりました。途中北陸道敦賀北部で降雪のため冬タイヤと速度規制があり混雑していました。

13時過ぎに一里野温泉に到着しました。のだいら、中の原ゲレンデがまだオープンしておらず、あいあーる1、2とゴンドラが動いてだけでした。山の上の方はガスがかかり、視界はよくありませんでしたが、雪質はよくフカフカだったので、ゴンドラに乗りらくらくコースの端の方の新雪で遊んでいました。

ただ、2時間ほど滑ったとき、不注意から転び、そのときに胸を強打しました。胸ポケットにいれていた財布が肋骨にあたったようです。結構な痛みがあったのと時刻も16時頃になっていたので、無理をせずにあがりました。

そのあと、近くの温泉センター天領に行き、雪の露天風呂を楽しみました。ただ、痛みが酷くなってきたので、次の日は瀬女高原スキー場 に行きたかったのですが中止して家路に着きました。

復路は、国道157号で勝山市まで行き、福井北ICから北陸道に乗り往路と同様のルートで帰ってきました。往復で600キロ強でした。

Unisys Weather

WS000000

冬将軍の状態を調べるのにUnisys Weather のサイトが便利です。

上図は左側がこれから24時間後、左側が7日後の予想です。 
上空の気温を色で表しており、日本列島に青色がかかれば寒波到来、紫色になると大寒波到来といったところでしょうか。この図によると、クリスマス前後はまた寒くなる見込みです。

兵庫県のスキー場は、今日現在まだ自然雪で滑れるところはありません。アップかんなべ、奥神鍋、ハチハチ北、六甲山のスキー場がオープンしていますが、いづれも人工雪のゲレンデのみです。先週末(12/17頃)の寒波到来で積雪を期待していたのですが、薄っすら積もった程度だったようです。
 

12/5 ハチ高原スキー場

ブログネタ
■スノーボード&スキー■ に参加中!
写真
12月5日のオープン2日目にハチ高原スキー場に行ってきました。標高850mくらいある高原にもかかわらず、気温は10度以上あり秋の景色でした。滑っている人も軽装が多かったです。

着いたのは13時過ぎで、12/10まではリスト券3,500円、駐車場も無料でした。混み具合は14時頃がピークでリフはト5分から10分待ち。また、コースの中盤、斜度が若干きつくなるところでは、渋滞が発生していました。 

初心者の人はほとんどいなくて、うまい人が多かったです。年齢層もかなり若い印象があり、ほとんどがボーダーでした。コース幅の割には人が多く、また午後からだったので雪面も荒れており、かなり滑りづらかったです。15時過ぎには疲れがでてきたので早々と退散しました。 

 

帰り道に道の駅八鹿の傍にある「とがやま温泉天女の湯」に立ち寄りました。こじんまりとした温泉ですが、露天風呂(森の湯の方)がよかったです。 

ハチ高原オープン

ブログネタ
■スノーボード&スキー■ に参加中!
Diptic

ハチ高原スキー場が本日オープンしました。人工コースですが、例年に比べると2週間早いオープンだそうです。

昨日は高温で雨も降る荒れた天気でしたが、夜には雪に変わったようです。そのためか、今日のコンディションは悪くないようです。

10日までは、大人のリフト券3,500円、駐車場は無料だそうです。

アップかんなべオープン

WS000003
11月19日にアップかんなべみやの森人工ゲレンデがオープンした。上の写真はライブカメラの映像で、左が19日20時頃、右が20日9時頃の模様。

今シーズンは富士のイエティが10月15日、奥美濃の早いところは10月30日、兵庫ではアップが11月19日、ハチが12月4日、六甲山が12月11日にオープン。

今シーズンの滑走日数目標は、例年10日だったが15日にしよう。というのはこの春に星野リゾートの星野社長からTwitterで次のツイートを頂いたからだ。

WS000000
 そのため、例年は天然雪で滑れる12月中旬から下旬が初滑りだったが、今シーズンは11月から始めないと達成は難しいかもしれない。

初冠雪

WS000000

9月22日に大雪山系の旭岳や黒岳、24日には羊蹄山(写真:アサヒコムより)に初雪がありました。羊蹄山は平年より8日、昨年より10日早いそうです。

また、ニセコヒラフでは、今年もニセコアンヌプリの初冠雪クイズが始まっています。昨年の初冠雪は10月11日、一昨年は9月27日でした。私は10月9日で予想してみました。



WS000001


3/27 ハチ北スキー場

WS000001

3月27日はハチ北スキー場に行ってきました。25日〜26日に寒波がありゲレンデの積雪は一部復活しました。

道路状況は、ループ橋のあたりから道路脇に積雪があり、兎和野高原口からゲレンデ駐車場に入って木の殿堂あたりから薄い圧雪路になりました。道路脇の木々は雪をかぶり、太陽に照らされてキラキラしておりとても綺麗でした。

8時過ぎにゲレンデ駐車場に着き、8時半頃から滑り始めました。中央ゲレンデは下から見てクワッドの右側はオフピステでした。ただ新雪といってもかなり重めの雪で滑りにくかったです。

9時過ぎ頃からマロニエペアが動き始め、急に中央ゲレンデがガラガラになりました。私はマロニエペアの行列がなくなるのを待ってゆっくりパノラマに移動したのですが、パノラマもほぼオフピステの状態で、中央ゲレンデに比べると比較的雪質も軽く滑りやすかったです。

パノラマで1時間も滑ると、新雪もほぼなくなり雪面も荒れてきたのと、腰が痛くなってきたので、帰り際にスカイロードを2回滑って11時過ぎに引き上げました。

ハチ北の帰り道は道路の雪も解けており、道路際の木々も雪がなく、朝とは様相が変わっていました。朝の気温は0度前後、昼は10度前後になり、朝は冬、昼は早春といった感じです。朝来市山南町ではよふど温泉に寄って帰りました。

本日が今シーズンの滑り納めとなりました。昨秋の鎖骨骨折の回復が思いのほか長引き、2月中旬からのスタートとなったため、5日間しか滑ることができませんでした。

3/14 ひだ流葉スキー場

WS000003

13日のチャオ御岳に続いて、14日はひだ流葉スキー場に行ってきました。流葉は初めてです。前夜から駐車場で仮眠し、朝一の8時から10時半頃まで滑りました。日曜日なので混んでいるかなと思っていたのですが、全く混雑はなくリフト待ちはありませんでした。

雪質は朝一ガリガリでしたが、天気が良かったので9時過ぎには緩んできてザクザク状態になりました。ただ朝一は綺麗に整備されており、ガリガリでも滑り易かったです。

山頂まで行きたかったのですが、肩の怪我と腰も痛かったため無理をせず、クワッドに2回乗ってミルキーシュプールを滑った以外は、下部の広いバーンでずっと過ごしていました。

このスキー場は比較的空いており、ゲレンデも急斜面から緩斜面まで変化があり、いいスキー場だと思います。奥美濃の一色国際スキー場が営業していれば、土日を使ってこのスキー場と一色国際を組み合わせたら面白かったと思います。

帰路は飛騨古川から飛騨卯の花街道を利用して飛騨清見ICまで行きました。 飛騨卯の花街道は景色が美しく、通行量も少なく快適です。

3/13 チャオ御岳

WS000001

3月13日(土)は木曽のチャオ御岳に行ってきました。チャオは2004年12月以来、久しぶりです。朝5時に自宅を出て、中国道・名神道・中央道の中津川からR19号木曽福島経由で11時頃チャオ御岳に到着しました。

思ったより人が多く、第1駐車場は満車のため、第2駐車場にとめました。ゴンドラの待ち時間も10分から15分程度あり、16時の最終までずっと同じような状況でした。天気はずっとガスがかかっており、御嶽山や乗鞍岳は全く見えず、滑る前方もかなり視界が悪い状況でした。雪質はシャバシャバでなく、この時期としては悪くない状態でした。 

アップかんなべ営業終了

WS000001

先週の気温の上昇と週末の風雨(春一番)により、兵庫県のゲレンデは壊滅的な状況になってしまいました。

2/25にはアップかんなべミカタスノーパーク、2/27にはハイパーボール東鉢、2/28にはスカイバレイが早々と今シーズンの営業を終了しました。また、ちぐさや戸倉など営業を休止しているところもあります。

上のグラフはハチ高原北側の兎和野高原の気温と積雪のグラフです。通常気温が10度を越えると積雪量が一気に減少しますが、24日には最高気温が18度にもなっています。

2/20 アップかんなべ

WS000001

2月20日先週に引き続きアップかんなべのナイターに行ってきました。みやの森ゲレンデにするか中央ゲレンデにするか、ゲレンデの状態を見て決めようと思い神鍋高原に向かったのですが、神鍋高原の手前で中央ゲレンデに照明がついていないのが見えたので、みやの森ゲレンデに向かいました。

雪面状態は、先週と同じくガリガリ状態でした。特に人工雪でない方はデコボコのガリガリ状態のため滑りにくく、ほとんどの人が人工雪の方に集中し、タイミングによっては混在度が非常に高いため気を使いました。

来週から暖かくなるらしいので来週末は神鍋をパスして、ハチ高原に行こうかなと考えています。

2/13 アップかんなべ

WS000002

2月13日にアップかんなべみやの森のナイターに行ってきました。この日が今シーズンの初滑りです。

昨年の9月6日にオフロードバイクで転倒し鎖骨骨折、この1月22日に肩に埋め込んでいたボルトを除去する手術を行い、まだ完治状態ではないが、なんとか滑れる状態まで回復しました。
 
この日は午前中まで雪予報だったのですが、ライブカメラの映像では、ほとんど降っている気配はなく晴れていました。そのため、ナイターは雪面がかなり絞まっておりガリガリ状態。 それでも人工雪の部分(写真左側)はピステンがかかっており、路面がフラットなので滑りやすかったのですが、人工雪以外の部分(写真右側)はガリガリ・デモボコなので、ほとんどの人が人工雪のバーンに集中していました。

とにかく、左肩が完全ではないので、転ばないように慎重に滑ることを心がけ、滑り足らなかったですが、90分ほどで終えました。

10本以上滑ったつもりでいたのですが、帰って滑走ログを見ると9本しか滑っていませんでした。最初のうちはかなりゆっくりと、慣れるに従って少しつづスピートがでています。でも、私はレギュラースタンスなので、左半身が前になり、転ぶとどうしても左半身から着地する可能性が高く、この恐怖心がどうしても最後まで抜けませんでした。 

GPSトラッカーはiPhoneのRunKeeperを使っているのですが、RunKeeperはスリープボタンを押した状態でも起動しているため、滑走中はスリープ状態にしているとバッテリーも持ちがかなり改善されます。私の1年半ちかく使用している3Gでもフル充電から90分の使用でインジケーターは半分も減っていませんでした。

■RunKeeperのログ http://bit.ly/bhS51X 

落ち葉の上で滑るツリーラン

WS000001

iTunesのPodcastで配信されている「Shralp!」の2009年10月4日号にふかふかの落ち葉の上をスノーボードで滑り降りてくる映像がありました。映像で見る限り、雪の上とほとんど変わらないランディングですが、かなり編集されているのでしょうか。落ち葉の上をこのように普通に滑れたら、わざわざ雪山に行かなくても、近くの里山で遊べそうな気がします。

■ Shralp! October 4, 2009 | Episode 134  4:15〜        
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索