雪山の板遊び

スノーボーダーの戯言です。

October 2005

気象庁発表3か月予報

今日、気象庁から新しい3か月予報が発表されました。
●全般 3か月予報(11月から1月までの天候見通し)
向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候は以下のとおりです。
この期間の平均気温は南西諸島で高い他は、平年並か高いでしょう。3か月降水量は東日本太平洋側と西日本で平年並か多い他は、平年並でしょう。北日本日本海側の降雪量は平年並でしょう。

また、気になっている12月の北海道の予報は次のとおりです。
●北海道地方 3か月予報
12月 平年と同様に、日本海側では曇りや雪の日が多く、太平洋側では晴れの日が多いでしょう。気温は平年並、降水量も平年並でしょう。

全般的には暖冬予報のようですが、「平年と同様に、日本海側では曇りや雪の日が多く」というのは期待できるのでしょうか。でもニセコは日本海側?それとも太平洋側?

初雪報告が続々

志賀高原熊の湯スキー場20051023昨日からの寒波到来で初雪や初冠雪がいろいろなサイトで報告されています。立山、白山、浅間山、妙高、北アルプス、苗場山、乗鞍、御岳…など。

志賀高原のライブカメラを見ていると志賀はゲレンデまで真っ白です。左の写真は熊の湯スキー場のライブカメラの映像ですが、人が滑っていてもおかしくないような状態です。実際は10センチ程度の積雪だと思いますが、これが根雪になるにはまだ早すぎるでしょう。

気になるニセコは、グラン・ヒラフのサイトのライブ写真では山頂方向はガスがかかっており分かりませんが、写真で見える範囲ではまったく積雪がないようです。同サイトの「ニセコアンヌプリが雪で白くなるのはいつでしょうか?」という初冠雪クイズ(10月10日〆切)では10月20日という回答が一番多かったようです。

西武系スキー場が休・閉鎖

以前から話題になっていましたが、西武系の7スキー場が休止または閉鎖になるそうです。
「土樽スキー場」は閉鎖、それ以外は休止ですが、来シーズン以降の予定は決まっていないそうです。ただ、閉鎖にするとスキー場の土地を植林など行い原状回復する必要があるため休止といっても閉鎖を引き伸ばしているだけという指摘もあります。

△休止・閉鎖予定の7スキー場
 ・「土樽スキー場」(新潟県湯沢町)
 ・「札幌北広島プリンスファミリースキー場」(北海道北広島市)
 ・「日光菖蒲ヶ浜スキー場」(栃木県日光市)
 ・「三国スキー場」(新潟県湯沢町)
 ・「小千谷山本山高原スキー場」(新潟県小千谷市)
 ・「千畑スキー場」(秋田県美郷町)
 ・「伊吹山スキー場」(滋賀県米原市)。

伊吹山スキー場のサイトには次のようなアナウンスが既に掲載してあります。
◆10/30(日)をもちまして伊吹山スキー場の営業を終了いたします
伊吹山スキー場は平成17年10月30日をもちまして営業を終了いたします。昭和32年1月の開業より48年間、ご愛顧をいただきまして誠にありがとうございました。

アップかんなべで雪作り

19日の神戸新聞のサイトアップかんなべの造雪の様子が掲載されていました。オープンは昨年11月20日(土)でしたが、今年は11月22日(火)だそうです。昨年と同じなら11月19日(土)なのに今年はなぜ22日なのでしょうか。23日は祝日なので状況次第ですが初滑りを考えています。

豊岡市日高町・神鍋高原のアップかんなべスキー場「みやの森コース」で、人工雪のゲレンデ整備が進んでいる。うっすらと赤や黄に色づき始めた秋の高原が、一足早く白い世界に変わっていく。
 同コースは八年前から、暖冬による雪不足対策として人工雪でゲレンデを造っている。西日本のスキー場で最も早い十一月二十二日のオープンを目指し、造雪機十基がフル稼働。本格的に雪が降り出すまで、毎日夕方から深夜にかけて約三百トンの人工雪を積み上げ、全長六百五十メートル、幅二十メートルのコースを整備する。

NO MATTER BOARD

NO MATTER BOARD今年も10月6日から北海道テレビではNO MATTER BOARDが始まっています。昨年もこのブログで書きましたが、今年もサンテレビでは今のところ放送が始まっていません。昨年は11月中旬頃にはサンテレビでも放送が始まっていたと思います。

サンテレビの放送は昨年は火曜日21時から、一昨年は金曜日21時からでした。やはり放送曜日としては火曜日より金曜日の方がいいですね。特に週末滑りに行く予定がある時は、金曜日にNO MATTER BOARDを見ているとかなりテンションが上がってきます。これがなんとも言えない幸福感でした。この程度のことで幸せになれるTV番組はそんなにありません。

しかし、この番組12年も続いているのですね。現在のMCは松井克師氏ですが、その前は誰だったのでしょうか。

蓮池〜ジャイアント新連絡コース

志賀高原観光協会のWEBサイトを見ていると「蓮池〜ジャイアント新連絡コース!!」という文章が目に飛び込んできました。早速、そのサイトを見てみるとFlashを使った分かりやすい画像が掲載されています。

私は昨シーズン志賀高原に行ったとき、初めてジャイアントから蓮池に移動したのですが、ホテルの真横の車道を通ったり、道路横断があったりと、ほんとにここが連絡コースなのかどうか分かりづらいところがありました。また、蓮池からジャイアントは登りになるため、もう滑るのを諦めバスで焼額山に戻った記憶があります。

今回新設された連絡コースに蓮池からジャイアントは志賀高原初のロープトーが導入されるようです。ロープトーは神鍋高原の大岡山で利用したことがあるのですが、リフトに比べると結構疲れます。でも歩いて行くことに比べると遥かに楽チンなので、このような移動手段を設けることは良いことだと思います。

ダイエーハーバーランド店閉鎖

9/30付けの神戸新聞の記事で、ダイエーのハーバーランド店スポーツワールド33が閉鎖されると発表されていました。ダイエーのハーバーランド店はスノーボード用品の掘り出し物が多く、今までブーツやゴーグル、ビーニーなどをかなり安く購入しました。これがなくなってしまうのはかなりの痛手です。ダイエーのハーバーランドやスポーツワールド33に代わる店舗としては姫路のスポーツオーソリティ(ジャスコのリバーシティ北側)がありますが、掘り出し物となると、なかなかいい店舗は神戸・姫路にはありません。

■ハーバーランドなど県内6店閉鎖確定 ダイエー
 経営再建中のダイエーは二十九日、神戸市中央区のハーバーランド店とスポーツワールド33の二店舗を含む不採算の十五店を閉鎖すると発表した。同市内の二店は十一月三十日に営業を終える。産業再生機構とまとめた事業再生計画に基づく店舗閉鎖はこれで確定し、直営の閉鎖店は全国で五十四店舗、兵庫県内は六店舗に上る。

 同社で最大規模のハーバーランド店は改装によるてこ入れも効果がなく、ここ数年、赤字が続いていた。スポーツワールド33は売却交渉中で、他社が営業を継続する可能性がある。

ニセコスキーツアー

JTBニセコツアー昨日、JTBサン&サンでニセコスキーツアーを申し込みました。12月16日伊丹出発のニセコ東山プリンスホテル本館2泊3日プランです。

3日間リスト券付き3名1室で28,800円ですが、これだと往路は午後出発、復路は午前出発のため、実質滑れるのは1日になってしまうので、往路午前、復路午後に変更してもらいました。通常だと12,000円の追加料金になるのですが、12/16プリンス本館プランは4,000円の追加で済むため申し込みました。これを入れて合計額は32,800円です。できればプリンス新館プランがよかったのですが、出発日が10日ほど早いため、ちょっとでも遅い方が雪が多いだろうと思いこれにしました。

問題は雪があるかどうかです。一昨年の初滑りは12/13から志賀高原でしたが、3日前まで雪がなく、前々日あたりにドカ雪が降り、なんとか滑ることができましたが、全面オープンには程遠い状態でした。昨年は12/18から妙高杉の原に行く予定でしたが、雪がなかったためチャオ御岳に変更しました。しかし、チャオ御岳もごく一部のゲレンデしかオープンしていないのに、トップシーズン並の人手があり、まともに滑れる状態ではありませんでした。

このように、ここ数年12月の初滑りは期待はずれに終わっているため、今回はあまり無理をしないようにしたいと思っています。ニセコに行くのだからアスピリンスノーと呼ばれる軽い雪を体験したと思いますが、シーズン初めなのであまり多くは期待していません。ただ北海道まで行ってブッシュや石が見えているゲレンデを滑りたいとは思わないので、雪が少なそうであればキャンセル料がかからない20日前までにキャンセルしたいと思っています。

雪虫

雪虫っていう虫がいるそうです。この虫が舞い始めると1〜2週間後に初雪が降るそうです。正式名称はトドノネオオワタムシと呼ばれており、夏から秋にかけてはトドマツの根の汁を吸いながら生活しているんですが、初雪が降る数週間前にヤチダモという木に一斉に引越しするそうです。

Technoratiというブログのリアルタイム検索エンジンで、「雪虫」を検索すると、ここ数日かなりのブログで、この雪虫を見たという報告がされています。大雪山や富士山の山頂だけでなく、平野部でも降雪がまもなく見られるかもしれません。

雪虫って?
Technoratiで雪虫を検索 現在656個のポストが「雪虫」に一致

(注)Technoratiジャパンのサービスは終了してしまいましたので、上記リンクは機能しません!

スノーパーク神戸閉鎖

スノーパーク神戸11/30でスノーパーク神戸の閉鎖が決定したようです。以前から閉鎖の噂がありましたが、ついに来たかという印象です。

スノーパーク神戸は当初スノーヴァ神戸という名称で営業をしていました。株式会社スノーヴァ(東証マザーズ上場)は人工雪「SNOVA」を用いて屋内通年型スノーボードゲレンデを開発していた会社です。この人工雪は同社が開発した新雪材であり特殊な吸水性ポリマーを利用して通年型屋内ゲレンデに適した特徴を持っているそうです。今はどうかわかりませんが、東急ハンズに新雪材「SNOVA」が売っていたようです。

株式会社スノーヴァはその後、積極的なM&Aにより、社名もアドバックス株式会社と改名して設立当初の面影はあまり残っていないようです。私は、株式会社スノーヴァ当時、株主優待券の無料基本滑走券欲しさに株を購入しようとしたのですが、業績がよくなかったので購入を見送った記憶があります。現在のアドバックス株式会社になっても株主優待制度は続いています。

また、神戸スノーパークのオーナー会社はJFEライフ株式会社です。この会社は川崎製鉄の不動産関連会社からスタートしており、スカイバレイスキー場もこの会社が所有しています。

夏に雪をつくる
アドバックス株式会社
スノーヴァ株主優待券
JFEライフ株式会社

旭岳や羊蹄山で初冠雪

関西も10月に入って涼しくなってきました。昨年は10月15日に御嶽山で初冠雪があったと、このブログでも取り上げましたが、今年は9月21日に大雪山の旭岳、10月3日にはニセコの羊蹄山ですでに初冠雪があったそうです。

気象庁の冬の予報は昨年のこの時期「今冬の予報、東西日本は平年並か暖かく 北は平年並み」という予報でしたが、今年も次の通り昨年と同じです。昨年はこの予報がはずれ、年末からは定期的に寒波が訪れ、雪不足に泣くことはありませんでしたが、さて今年はどうなることでしょうか。
<予想される冬(12月〜2月)の天候>
 冬(12月から2月)の出現の可能性が最も大きい天候は以下のとおりです。
 日本海側の地方では平年と同様に曇りや雪または雨の日が多く、北日本太平洋側では平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東日本太平洋側、西日本太平洋側では平年に比べ曇りや雨または雪の日が多いでしょう。
 この期間の平均気温は、北日本では平年並、東日本、西日本では平年並か高く、南西諸島では高いでしょう。降水量は北日本、東日本日本海側、南西諸島では平年並で、東日本太平洋側、西日本では平年並か多いでしょう。日本海側の降雪量は北日本では平年並で、東日本、西日本では平年並か少ないでしょう。(気象庁発表)

いよいよシーズン!

Ciao搬器取付210月に入りスキー場のサイトが徐々にオープンを始めました。チャオ御岳は左の写真のとおり、リフトの搬器取付が始まったようです。ダイナランドは11/19にオープン、アップかんなべは11/22のようです。

また、鷲ケ岳やウイングヒルズはまだ発表されていないようですが、11/12前後にはオープンすると思います。昨日まではオープンまで、まだまだ先というイメージがあったのですが、こうして見るとあと1ヶ月ほどです。遠くて行くことはありませんが、Yetiに至っては10/21オープンです。

先日までTボードにするかFREEBORDにするか迷っており、FREEBORDにすることに決めて購入しようと考えていたところでしたが、もう少し我慢すれば雪の上を滑れるのであれば、来春まで購入を延期しようと思っています。なんか優柔不断ですが、今FREEBORDを始めて怪我して、シーズンを棒に振るのも馬鹿らしいので... FREEBORDを買おうと思っていた資金で欲しかったBURTONのSPEED ZONE LACING SYSTEMのブーツを買うことにします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索