雪山の板遊び

スノーボーダーの戯言です。

リフト券

六甲山人工スキー場のシーズン券

66d7c2ac.JPG今シーズンは六甲山のシーズン券を買おうかなと考えていたのですが、ナイターは、今までの駐車券なしの10,000円から、駐車券付きの18,000円に値上がりしています。20時以降に駐車場に入れば駐車料金は取られなかったので、私にとって駐車券なしの10,000円が凄く魅力的な価格設定でした。そのため18,000円なら魅力半減なので今年はパスすることにします。

ばんしゅう戸倉スキー場

banshutokura一昨年シーズンから午後券2000円になっています。姫路方面からは一番安くて近いスキー場です。だた、標高が低いので雪質は良くなく、土が見えていることがよくあります。

神姫バスが経営していましたが、昨シーズンで撤退して地元自治体が引き継ぐことになっていますが、本当に今シーズンオープンするかどうか心配です。

ハチ・ハチ北

hachi.jpg関西で一番人気のスキー場でしょう。

ハチ高原とハチ北高原の共通券になっています。

そのため、リスト券も高いですが、駐車場も1000円から2000円もします。

リフト券のデザインは非常にシンプルですが、イエローをベースにグレーの色がのっているところが、いい感じです。

アップかんなべ

upkannabe割引券がないためリフト券が割高です。ただ、兵庫県のスキー場としては珍しく駐車場が無料(休日の中央ゲレンデは有料)なので、少人数で午後券主体の人にはいいと思います。

リフト券のデザインはいたって事務的ですが、4角のかどが取ってあり、紙質も厚くしっかりしています。

アップかんなべはみやの森・北壁・ うえの平ゲレンデと中央ゲレンデでは運営会社が違うのかWEBサイトにはみやの森方面のゲレンデ情報しかありません。ただリフト券は共通です。

氷ノ山国際スキー場

hyonosenkokusaiWEBサイトにある割引券を持っていけば半日券が2500円になったと思います。

ただ休日は駐車料金が1500円もかかるのが欠点です。平日並みの500円になれば、もっと利用するのですが...


熊がこのスキー場のキャラクタになっているようで、リフト券もその熊が登場しています。なかなか、かわいらしいデザインになっています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索