OVRB2773
 
 今日は朝から強い雨が降り続いていて、風も強く、雨具を着て外で作業をするにはキツイ日でした。
 身体を動かすとどんどん汗が出てきてシャツを濡らし、動いている時はいいけどちょっと休憩すると一気に汗が冷えて寒くなる。

「ああ、あの嵐の日みたいだなあ・・・」

 雨と風で視界は狭く、足を止めると寒くて凍えそうなので、6時間ひたすら足を動かし続けたっけ。レインジャケットがバタバタと頬を叩いてくるあの音が、今でも蘇るようです。
 あの日の景色とか、雷鳥のこととか、辛さとか、思い出しながらやってたら、いつの間にか作業も終わってた。ラッキー! これ、本当に自分がやったの?

 山登りしてるおかげで、日常生活が楽に感じる・・・これも登山の素晴らしき一面かな? 少々の嵐ならどんと来いってなもんさ。


読んでくれてありがとう!

他の記事にも興味を持たれた方は、右上のカテゴリー「もくじ」からどうぞ。


スポンサーリンク