OVRD3603

 今、野球やサッカーなどのスポーツ界は、観客数を制限して行われています。しかも、応援などの声を上げることは禁止で、出来ることは拍手程度です。
 これはデメリットばかりかというとそうでもなく、選手たちの声、監督の声、ボールを蹴る音、打つ音、走る音などがダイレクトに聴こえてくるというメリットもあります。

 練習を観に行けば、ボールなどの音は聴けますが、やはり実戦での「声」というのは試合でしか聴けません。
「これ、今味わっておかないと一生味わえないかも・・・」
 そう思ったので、札幌ドームへ行ってきました。

 タイミングよく浦和レッズが試合をするようです。相手はどこかと思ったら札幌にあるコンサドーレというチームでした。


OVRD3599

 試合前に水をまく音がプシューーッ。


OVRD3605

 選手たちの声、コーチたちの指示、とってもよく聴こえました。

OVRD3608

 もちろん、一番の目的はかんとくの声。
 サッカーではサインとかはないので、かんとくが指示を伝えるのは声や身振りだけ。ですから、会場中に監督の声が響きわたっていました。

 面白かったのは、フリーキックのときのキーパーの声。
 選手が並んで壁を作るのですが、その位置調整を聴けるのはめったにありませんから。
 あとは、声を出している選手と出さない選手の違いもハッキリしてた印象です。

 試合は片方が3点、もう片方が4点取るというシーソーゲームでした。どっちが勝ったかは覚えていません。たぶん、ミハイロビッチ監督と関係あるチームが勝ったような気がします。

 なにかと制限の多い今日このごろ。
 こういう年だからこそ出来ることを楽しんでいかないと、もったいないと思っています。