2005年02月26日

少子化背景のトップはお金だってば。

昨日の読売新聞記事へのアンチテーゼとして。
ちょうど今日の日経新聞夕刊にこんな記事がありました。

「子育てはお金がかかる」・こども未来財団が少子化背景調査
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050226AT3K2600B26022005.html

全国の男女6000人を対象に、子育て層、子どものいない既婚層・未婚層などに分け、理想としてもちたい、あるいは現実として持つつもりの子どもの数や子育てへの不安・悩みなどを訊いたそうです。(有効回答約2900人)

少子化が進んでいる背景について訊かれて、子育て層も既婚未婚層も、全ての層の7割が「子育てにはお金がかかる」からとか「育児休業や職場復帰など仕事と子育ての両立支援環境が整っていない」から、と答えているとのこと。

読売新聞よ、少子化は「女が結婚しないから」「子どもを産もうとしないから」進んでいるのではなく、結婚してようがしてまいが、産もうとしないその背景に「子育てにはお金がかかるのに、子育てしながら働く環境が整ってないから」てのがあるんですよ。

「子どもを持つと自由な時間がなくなる」という負け犬っぽい回答も目立ったそうですが、これは男女や既婚未婚関係ないですしね。

記事にコメントを寄せている、少子化問題に詳しい国立社会保障・人口問題研究所の高橋重郷・人口動向研究部長さんによると、将来の見通しが立たない非正社員の若者が増えて結婚にブレーキがかかっていて(晩婚化)、出産=退社させられる女性も多いし、少子化対策には仕事と育児の両立支援とともに、若年者の雇用対策も必要なんですってよ。

晩婚化、少子化問題は女の自立意識の問題ではなく、経済的なことが問題だったんですねー。

curibobow at 19:21│TrackBack(2)クリボボの「劇場へはフェミと一緒に」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 晩婚化という社会の流れ  [ 「パンドラの箱」編集部 ]   2005年03月08日 11:57
結婚する年齢が遅くなる晩婚化には歯止めがかからないようですね。 妻の平均初婚年齢をみると、昭和50年以降上昇傾向のまま推移している。昭和52年に25.0歳、平成4年で26.0歳と、1.0歳上昇するのに15年かかったのに対し、平成12年で27.0歳になるまでは8年間しかかからず、
2. 晩婚化について  [ 出会いと結婚 ]   2005年04月19日 14:11
別にメリットがあるから晩婚なんじゃないと思いますね。 それにしても、結婚ししにくい時代が到来したものです。 http://blog.pandorabox.biz/?eid=46608 晩婚化のメリットっていったいなんでしょうかね。結婚する時期が遅くなることで何か良いことがあるから後で結婚するの