2007年03月

2007年03月30日

クルマの登録にチャレンジする 2

450bd03f.jpg仮ナンバーを町役場からもらってきた。

仮ナンバーを借りる時、自賠責保険に入っている必要があるんだが、
オレは仮ナンバー用の日割り計算の自賠責保険があるもんだと思っていた。

でも、実際は最短の加入期間は一ヶ月。一ヶ月の自賠責は5000円程度。
25ヶ月の自賠責が25800円なのを考えると高いと思わないか?

てなわけで、オレは25ヶ月のヤツに加入した。

いよいよ明日、栃木県までクルマを取りに行く。

fenghong_jun at 12:31|PermalinkComments(0) 

2007年03月27日

クルマの登録にチャレンジする 1

備忘録も兼ねてナンバーなし車の登録&車検レポートをしばらくのあいだ書こうと思う。


中古車屋からやっと「自動車検査証返納証明書」が届いた。
名前が仰々しいからなにやら分厚い書類なのかと思ったら、なんのことはない、
車検切れの車検証に毛が生えたようなものだった。

これがあればナンバーなしのクルマにも自賠責保険がかけられるはずだ。

「自動車検査証返納証明書」を見てみると、車体の形状は「箱型」となっている。
構造的に幌型になるかと思っていたのだが。

以前乗っていたカプチはルーフが幌じゃないのに幌型だったんだけどなあ。


それと、仮ナンバーを借りるための書類を町役場(←田舎者〜)からもらってきた。
地域によっては予約が必要らしいが、ここは田舎、20枚ぐらい仮ナンバーが
常に余っているから予約は不要だという。

そんなわけで、明日は軽自動車検査協会でいろいろと説明を聞いたり、必要書類を
もらってくる予定だ。

fenghong_jun at 13:28|PermalinkComments(0)

2007年03月26日

やはりオレにはオープンカーが似合う

オレの中で「キャンピングカーいいなあ」的な気持ちが消えつつある。

やはりオレにはオープンカーとかクーペが似合う。


そんなわけでセカンドカーとして13年落ちの軽オープンカーを買ってしまった・・・。

6年式だが走行40000km。ロールバー付だから完全なオープンカーとも言えないんだが。

中古車屋に頼んで車両本体のみを購入。諸費用はゼロ。

諸費用ゼロということは自分でしなきゃならないことが多くなるとも言えるよな。

今、クルマは一時抹消の状態で栃木県に置いてある。
このクルマに自賠責をかけて、仮ナンバーを取って、地元まで自走しなければならない。

あとは自宅の庭で車検を受けるための準備をして、その後、ユーザー車検。
公道をナンバーをつけて走れるようになるまでの道のりはまだ長いな。

ところで、一時抹消してあるナンバーなしのクルマに自賠責はかけられるのか?

fenghong_jun at 00:18|PermalinkComments(0) 

2007年03月17日

東北キャンピングカー&RVショー2007に行ってきたぜ 4

またまたスズキキャリーベースの軽キャンパーだ。「テント虫」という名前。
「テントウ虫」じゃなくてテント虫。

こいつは寸法的にも軽規格に入っているから軽自動車登録になる。
軽規格の寸法で「高さは2mまで」というのがある。
こいつはその規格に納まるようにキャビンを小さくして、宿泊時にルーフを持ち上げて
ゆとりある空間を作るようにしている。

広さを取るか?経済性を取るか?
ラクーンとテント虫はちょっと選択に悩んでしまう好敵手だな。



696886d2.jpg

267c437b.jpg







665043c9.jpg






fenghong_jun at 19:20|PermalinkComments(0)

東北キャンピングカー&RVショー2007に行ってきたぜ 3

次にスバルサンバーベースのやつ。
まあ、可もなく不可もない。ノーズがないぶんバモスより広いかもしれない。

でも、広さにこだわるなら軽トラベースの本格キャンパーの方がいいしな・・・

イマイチ存在感の薄いクルマだったな。




6c756974.jpg






3dac7b21.jpg

17dd85e2.jpg





fenghong_jun at 19:06|PermalinkComments(0)

東北キャンピングカー&RVショー2007に行ってきたぜ 2

次に、ホンダバモスホビオがベースのやつだ。
実物を見る前は「こんな室内の狭いのは役に立たないべ」と、思っていたんだけど、
実際見てみたら、こいつが一番「必要十分」な感じがしたな。
ベース車のボディーにはほとんど改造がされていないけど、他の軽キャンパーに
比べると装備が充実しているんだよ。
それと、軽トラベースの軽キャンパーだとターボ車の設定がないけど、こいつには
ターボの設定がある。

あと、軽キャンパーで唯一家庭的な雰囲気がないせいか、
「コイツに乗って日本一周でもしたら楽しいだろうな」と妄想出来たw唯一のクルマだったな。



f2b9e9d9.jpg

65012c98.jpg

fenghong_jun at 18:54|PermalinkComments(0)

東北キャンピングカー&RVショー2007に行ってきたぜ!

最近のマイブームはキャンピングカーだ。
てなわけで、「東北キャンピングカー&RVショー2007」に行ってきた。
とりあえず、オレのお気に入り「ラクーン」から紹介しよう。

「ラクーン」は軽自動車「スズキキャリー」をベースにしたキャンピングカーだ。
でも、軽自動車登録ではないんだ。寸法が軽自動車規格を大幅にオーバーしているんだな。

でも、軽規格をはみ出しているおかげで室内は広々としていたよ。

キャンピングカーとしての完成度は数ある軽キャンパーの中でもコイツが一番だが、
日常的に使うのにはちと大きい&恥ずかしいかな。






5e6e822a.jpg







ad65fbe0.jpg







9405e06b.jpg






a0491d86.jpg

fenghong_jun at 18:18|PermalinkComments(0) 

2007年03月16日

ジウジアーロ

最近のクルマはデザイン重視だ。

もしかするとエンジンのスペックとかハンドリングよりもデザインの方が
重視されているかもしれないな。

デザインの時代か・・・
そういえば最近あまりジウジアーロの名前を聞かなくなったな。

オレはジウジアーロデザインのクルマが好きだ。
特に117クーペ、ピアッツァ、アルシオーネSVXのような4座クーペの
デザインはジウジアーロならではだ。

大昔のフロンテクーペも2座(途中から4座も追加)だったがジウジアーロらしい
個性的なクーペだった。

先代ダイハツアトレーもジウジアーロデザインといううわさを聞いたことがある。
スペース効率よりも乗用車らしさを前面に出したデザインだった。
現行アトレーはスペース重視のコンテナみたいなつまらないデザインになってしまった
けど、この手のクルマでデザイン重視という方が異端なんだろうな。

360cc時代のスズキキャリーにもジウジアーロデザインのやつがあったな。
前後対称な変わった形のクルマだったなあ。

オレ的にはアルシオーネSVXがベストオブジウジアーロデザインかな。

fenghong_jun at 01:31|PermalinkComments(0) 

2007年03月09日

660ccで5人乗り??

660ccで5人乗りのクルマはあるか???


実はあるのだ。しかし、660ccなのに軽自動車ではない。

それは軽自動車「スズキキャリートラック」をベースにしたキャンピングカー。
排気量は660ccだが寸法が軽自動車枠からはみ出しているから普通車登録なのだ。

普通車登録になれば軽自動車の規格のひとつである「4人乗り以下の定員」という
縛りもなくなる。そんなわけで5人乗りの設定もある。

軽がベースでも、中身は本格キャンパーだ。
シャワーとトイレは装備されていないものの、ベッドや簡単な水道の設備はついている。


動力性能は・・・こういうジャンルのクルマに動力性能を語るのはあまり意味が
ないかもしれないけどな、一応書いておくと

「重量1150kg、660cc、40ps、ノンターボ、高速の登坂車線で
70キロぐらいまでスピード落ちる・・・」てな感じらしい。


それと、軽がベースでも価格までは軽と同じというわけにはいかないようで
諸費用や最低限のオプションを含めると300万円近くするらしい。

これはホンダのステップワゴンと同じ程度の価格だ。
ホンダのステップワゴンでも車中泊は快適に出来そうだしな。

どっちがお買い得なのかオレにもよくわからない。

ただ、ホンダのステップワゴンを買うよりも軽キャンパーを買うほうが
夢があるような気がするのは確かだ。

fenghong_jun at 16:29|PermalinkComments(0) 

2007年03月03日

すまん、すまん、中国に行っていたのだ

一週間以上ブランクが開いちゃったな。

実は、中国に行っていた。
恋人に会いに行っていたんだ。何?「嘘言ってんじゃねえよ」だって?
まあ、信じても信じなくてもいいよw


中国のタクシーはほとんどが「ワーゲンサンタナ」だ。
たまに「ワーゲンジェッタ」がある程度かな。
日本車のタクシーは一度だけランサーのタクシーを見たぐらいだ。

ワーゲンサンタナはバブルの頃、日本でも日産がライセンス生産をしていた。
自動車雑誌には「これが本場ドイツ車のパッケージング」みたいなことが
書かれていたけど、ワーゲンサンタナは乗り降りしにくいわ、狭いわで、とても
いいパッケージングとは言えない。
まあ、設計の古いクルマだから仕方ないか。


中国では3輪車も現役で走っている。3輪トラックもあるし、軽自動車よりも
小さい3輪タクシーもある。


日本車はホンダ車を一番多く見かけるかな。もちろんトヨタも多い。

中国の国産車も多いが、メーカー名とか詳しいことはよくわからない。

疑問に思ったのは、なぜタクシーは中国の国産車じゃなくてほとんどがワーゲン
なのか?ということ。
中国国産車を採用すれば品質アップにつながるのにな。

理由を知っているヤツがいたら教えてくれ。


fenghong_jun at 02:08|PermalinkComments(0) 
訪問者数

ad
コラブロ
ポイントゲット!
お得なポイント貯まる!ECナビ