サーモスタット交換

2009年02月24日

プレオ、サーモスタット交換

083f5d6d.jpg






そして、プレオのサーモスタット交換。


ヴィヴィオの時はわざわざスバルの部品センターまで
サーモスタットを買いに行ったが、今回は「ビバホーム」という
ホームセンターで入手。

余談だが、このホームセンターは、クルマの補修部品が結構充実している。
電球類も一個づつバラで売っているし、内装を留める丸いやつ(正式名称が
わからん!)まで売っている。

ビバホームでサーモスタット、パッキン、LLCを購入。

家に帰り、早速サーモスタット交換!
(ちなみに部品はヴィヴィオで買いに行った)

プレオのエンジンは、ヴィヴィオと同じ「EN07」だ。
同じエンジンなのに外観に違いがある。
ヴィヴィオのヘッドカバーは金属製だが、プレオは樹脂製だ。
点火系の配線も結構違っていたりする。

エンジンルームがスカスカなのは、意外にもプレオの方。
ヴィヴィオよりスーチャーとかその他補機類が多いにもかかわらず、だ。

サーモスタット周りはヴィヴィオの方がいじりやすい。
プレオは、奥側のボルトにメガネレンチがかからないかと思ったぜ。
ま、なんとかなったけどな。

ヴィヴィオの時は、サーモスタットを開けた時、LLCが
大量に溢れ出したが、今回はあらかじめラジエーター下部から
LLCを抜き取っておいたから、LLCは当然、溢れない。

ヴィヴィオの時もラジエーター下部からLLCを抜こうと思ったんだが、
アンダーガードを外さないと手が届かないところにドレンがあったから
断念したのだ。

組み付ける時は、前回と違い、最初から液体パッキンを塗布。
そして、組み付け、エア抜きをして完了。

取り外したサーモスタットは、中央でくの字に曲がっていた。
ヴィヴィオの時は腐ってバラバラになっていたんだが

しかし、それにしても、サーモスタットって、金属を
くの字に曲げるほどのチカラがあるんだろうか?
ちょっと不思議に思ったな。


fenghong_jun at 19:23|PermalinkComments(0)
訪問者数

ad
コラブロ
ポイントゲット!
お得なポイント貯まる!ECナビ