フェンリル研究所

フェンリル研究所はリンクフリー、相互リンク歓迎です。
別名:日刊遊戯王悲報速報、たまに朗報速報
所属委員会:グリモだけは許して厨救済業務委員会 会長代理
ご意見、ご感想、デッキレシピの投稿受付中!

JUGEMテーマ:遊戯王カード

どうも、クロロフィルです。
今回は【終焉のカウントダウン】です。
デッキ紹介の順からして、ウィジャ盤→エクゾディアときたので
有名な特殊勝利デッキは出しとこう思ったわけです。下記よりレシピ。

メイン
モンスター(13枚)
黄金の天道虫×1
ゼロ・ガードナー×3
バトルフェーダー×3
速攻のかかし×3
カードカー・D×3

魔法(18枚)
終焉のカウントダウン×3
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×2
成金ゴブリン×3
封印の黄金櫃×3
貪欲な壺×1
魔法石の採掘×2
ブラック・ホール×1
大嵐×1
月の書×1

罠(9枚)
和睦の使者×3
威嚇する咆哮×3
覇者の一括×3

エクストラデッキ(15枚)
何でもいいので15枚。

サイドデッキ(15枚)
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム×3
ヴォルカニック・クイーン×1
ハネワタ×3
禁止令×1
サイクロン×3
自爆スイッチ×3
光の護封壁×1

ゼロ・ガードナー、バトルフェーダー、速攻のかかし…
バトルを止めるカード。ガン積みです。
黄金の天道虫は、ずっと使えるライフ回復カード。
マイクラとかで落としても、相手にとってはあんまり意味ないですから。

カウントダウンは、もちろん3積み。
そして、エクゾディア同様、一時休戦、強欲で謙虚な壺、成金ゴブリン…
封印の黄金櫃は、今度規制されるのかなぁ?…うーん
基本的に自分のモンスターは手札か墓地にいます。なので貪欲な壺。
1ターンにだいたい使うカードは1、2枚なので採掘入りますね。
一時休戦を回収できたらベストですね。
あとはブラホ、大嵐、月の書。やっかいなカードの掃除役です。期待してます。

罠カードは、バトルを止める系のフリーチェーンのものです。
エンドサイク?ちゃんとバトルを止めるモンスターとの数を調整していれば
対抗できるのではないでしょうか…

1枚のカードで勝つというのは非常にシンプルで簡単です。
発動に成功すれば、かなりの確率で勝てます。
しかし、そのシンプルさ故の弱点がたくさんあります。

勝つには最短でも10ターン耐えないといけないので、防御カードが多くなります。
なので、カウンターに対抗できる力がほとんどありません。
カウンター罠はもちろん、ナチュルの皆さん、クェーサーにシエンはサイドの
ラヴァ・ゴーレム、ヴォルカニック・クイーンで除去します。基本ですね。
デッキデス、バーンや特殊勝利系デッキにも弱いです。
これらのデッキは基本的に速攻です。多少の無理は承知でどんどん動かしてきます。
バトルを止める系のカードが、途端に紙になるので難しいですね。
一応バーン用に、ハネワタをサイドに入れていますが、それでも厳しいでしょうなぁ…
自爆スイッチなどを外して、カウンター罠を多く入れる方法もあるでしょう。
封魔の呪印とか打たれたら即サレだと思います(笑)

こんなところでしょうか。
なんだかんだエクゾディア、カウントダウン、ウィジャ盤の三つを自分なりに出してみました。
特殊勝利デッキはロマンの塊です。原作でのエクゾディア、ウィジャ盤。
どんな決闘者もトリコにしてしまうロックデッキ、カウントダウン。
どれもお気に入りのデッキです。

それでは、失礼します。

JUGEMテーマ:遊戯王カード

【フェンリル】 に使えそうなカード
ないです。残念。

しかし、クラウソラスという、【レプティレス】に合うあのカード
ノーマルなのがありがたい!

【レプティレス】はパーツが安いし
なにより明日のナージャレプティレス・ナージャが可愛いので組んでます。

新テーマでは、武神と蟲惑魔に注目しています。
強化されたら、環境のメタになりそうな感じです。

武神にしろ蟲惑魔にしろ
両方、スーレアのカードの値段がtakai
仕方のない事ですけどね。

JUGEMテーマ:遊戯王カード 


2013年9月下旬適用後の禁止・制限カードリスト更新により
このデッキは使用不可能になりました。
新制限に対応させたものは
こちら

どうも、クロロフィルです。
今回は、みんな大好き【エクゾディア】です。
安定のドラゴン族軸で。調和の宝札とトレード・インが、今度のストラクで再録されるようなので、組みやすくなっています。

メイン
モンスター(15枚)
エクゾディアパーツ各1×5
伝説の白石×3
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
ガード・オブ・フレムベル×3
青眼の白龍×3

魔法(25枚)
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×2
成金ゴブリン×3
ワンチャン!?×2
闇の量産工場×3
手札抹殺×1
手札断殺×3
トレード・イン×3
調和の宝札×3
超再生能力×3
貪欲な壺×1

エクストラデッキ(15枚)
何でもいいので、15枚用意したほうがいいでしょう。
運が良ければ、シャイニート・マジシャンぐらいは出せるかもしれません。

サイドデッキ(15枚)
禁止令×3
異次元からの埋葬×1
大嵐×1
月の書×1
補充要員×2
自爆スイッチ×3
王宮の鉄壁×3
光の護封壁×1

2013年3月の制限改訂で、クリッターと一時休戦が、禁止、制限カードになってしまったのが、かなり痛いです。
それでも、6割ぐらいの確率で全部揃います。
昨日回しましたが、20回中13回、2ターン目までで完成しました。
そのうち1ターン目で完成したのは7回。やっぱり厳しいですねぇ…

このデッキは主に、調和の宝札、トレード・イン、手札抹殺、手札断殺で回します。

回すコストは、エクゾディアパーツ以外のモンスターです。
「伝説の白石」と「青眼の白龍」は定番ですよね。
前者は、調和の宝札、後者は、トレード・インに対応しています。
残りの、「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」と「ガード・オブ・フレムベル」は、主に調和の宝札要員です。
「ガード・オブ・フレムベル」を採用している理由は、「青眼の白龍」と一緒に、「闇の量産工場」で使いまわせる点で、かなり評価が高いです。
つまり、「手札抹殺」や「手札断殺」で墓地に送られても回収できるので、気にせず(断殺などを)発動できます。
他の「調和の宝札に対応しているチューナー」とは、一味違います。
「竜の渓谷」でサーチするギミックは、今回採用しませんでした。
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」をピン挿ししていますが、これはチューナーが来なかった時の保険に入れています。
「青眼の白龍」は、「伝説の白石」の効果の関係で、手札によくきます。
なので、「トライホーン・ドラゴン」などは不要かな?と思っています。
実際回してみても、ほとんど「トレード・イン」のコストには困ったことがないですね。
地味に、「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」は、「ワンチャン!?」によって四肢をサーチできます。
それなら、他のドラグニティのレベル1でもいいだろ!ということになります。
つまり、何でもいいということです(笑)
モンスターに関しては、こんなものでしょうか。

魔法は、説明不要かもしれません。
一時休戦×1、強欲で謙虚な壺×2、成金ゴブリン×3
これだけ見ると、【終焉のカウントダウン】を思い出します。
同じ特殊勝利デッキですし。
超再生能力×3、貪欲な壺×1
「超再生能力」は【征竜】でも大活躍ですね。
「貪欲な壺」は、「闇の量産工場」で回収できないエクゾディア本体が、手札の関係で墓地に行った時の保険です。
そうでなくても、墓地にモンスターが溜まるので相性バッチリです。

エクストラデッキは、デッキの内容がバレたらマズいので、とりあえず用意したほうがいいかな。

サイドデッキは…
・除外対策に、「異次元からの埋葬」「王宮の鉄壁」「補充要員」
・「ライオウ」対策に、「月の書」
・永続・伏せカード対策に、「大嵐」
・「ドロール&ロックバード」(特に今の環境)対策に、「禁止令」
・一戦目を取った後、【自爆スイッチ】にしたいなら、「自爆スイッチ」「光の護封壁」
こんな感じでしょうか?
全てに対応させるなら、フル投入しているものを減らして
ブラック・ホールや単純に強い除去カードをいれるべきですよねぇ…
やはりサイドデッキは、プレイヤーにとって永遠のテーマ(悩みどころ)だと思います。

今回は、この辺りで失礼します。
ご意見・感想待ってます。

JUGEMテーマ:遊戯王カード

戦闘でアドを取るのに、「アームズ・エイド」のことを
すっかり忘れておりましたww
こちらの記事
No.30 破滅のアシッド・ゴーレムを外してください。

アームズ・エイドは、ディーヴァと重装兵でシンクロします。
そして、シンクロ素材となったディーヴァと重装兵をコストにフェンリルを特殊召喚します。
装備すれば、ATK2400にあります。素の攻撃力が低いので帝と同じATKです。
それでも、コダロス併用型なら、アトランティスの効果で2600になります。
ヴェルズ・オピオンとか征竜も一部倒せますね。

というのは上手くいった時の話で、あくまで対抗策が増える程度です。
ないよりマシということでww


JUGEMテーマ:遊戯王カード

普通、ライオウとかドロール&ロックバードですよね。

【魔導】は、神判のおかげで手札も場も増えます。
私はコレを、逆に利用するか形で対策を考えていました。
そして、仕込みマシンガンや自業自得で与えられるダメージ量がハンパないということに気付き
、守備重視のチェーンバーンにワンチャンスあるのかな?と思ってました。

ところがぎっちょん!
【征竜】のおかげで、局所的にチェーンバーンが活躍するのはムリと判断。
守備重視のチェーンバーンは、どこかに行ってしまったとさ。

それでもチェーンバーンは好きですね。チェーンを重ねていく作業がとても好きです。
ただ、闇のデッキ破壊ウィルスだけは勘弁していただきたい。
環境デッキでいうと、征竜、魔導、ヴェルズ、炎星など
どれもだいたいコストいますよね?恐ろしいなぁ。

このページのトップヘ