フェンリル研究所

フェンリル研究所はリンクフリー、相互リンク歓迎です。
別名:日刊遊戯王悲報速報、たまに朗報速報
所属委員会:グリモだけは許して厨救済業務委員会 会長代理
ご意見、ご感想、デッキレシピの投稿受付中!

注目していたのは
サイレント・ウォビー、No.13、No.31

まずサイレント・ウォビーに関しては
先攻とっても攻撃できないから採用してません

トーナメント環境意識したらモンスター出してこないデッキ?
そもそもフィールド埋めるなら飛翔するGの方が…

しかしながら、受けるダメージ量が少なくて済みます
相手のモンスターが一体だけなら、死のマジック・ボックスとのコンボにもなる
召喚権増やす必要があるけど(二重召喚、サモンチェーン)

なんかいい隠れたサポートカードありませんか(笑)
そもそも、先攻とっても~っていう考えがダメかも…

No.13、No.31に関しては、エクストラからだせるキングゴブリン(言いすぎ)
ハウスダストンの効果から、ダストン4体リクルートできたら簡単ですよ
ハウスダストンとホワイト・ダストンを2体ずつ(ホワイト・ダストン偉大)

3体しかリクルートできないなら、No.54でだいたいおk?
よくみたら、No.13とNo.31って悪魔族なんですね
キングゴブリンを後で引いても腐らない(強い)

もちろん弱点がないわけではないですよ(wiki参照
コーリング・ノヴァ抜くかな~
それかキラー・トマト、ガン積み?

ブラホ激流で4枚入るようになりました
除去に特化すれば結構いけるかもね

メイン40枚
モンスター(13枚)
N・グランモール×2
ヴェルズ・サンダーバード×3
ゼンマイラビット×3
暗炎星-ユウシ×1
トリオンの蟲惑魔×1
増殖するG×3

魔法(13枚)
大嵐×1
月の書×1
サイクロン×2
禁じられた聖槍×3
強欲で謙虚な壺×3
炎舞 -天キ-×2
ブラック・ホール×1

罠(14枚)
神の宣告×1
神の警告×1
奈落の落とし穴×2
激流葬×3
強制脱出装置×3
強制退出装置×3
スターライト・ロード×2

エクストラデッキ(15枚 各1)
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
暗遷士 カンゴルゴーム
ガガガガンマン
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
深淵に潜む者
No.101 S・H・Ark Knight
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
励輝士 ヴェルズビュート
ヴェルズ・オピオン
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

サイド候補
マクロコスモス
手違い
エフェクト・ヴェーラー
禁じられた聖杯
次元幽閉
閃光ミラー
サイドラ

モンスター
召喚権が余りやすいのでグランモールを採用
対象とらないバウンスつよい(確信)

暗炎星-ユウシは、ラビットを持ってくるときに残った炎舞処理にピン差し
トリオンの蟲惑魔は、言わずと知れたスペックなので採用
増殖するG、枚数減らしたほうがいいかもね

魔法
伏せが多いなら大嵐はズレてるけどないよりマシ
天キでゼンマイラビット持ってきます


強制退出装置は、このデッキならではですよ

激流葬が3枚入るようになったからレシピ晒し~
かなり単純な構造なので、アドバイスあればよろしくお願いします

スターター2014の収録リストが判明しました
どうやら不満な方が多いのかな?
補給部隊っていう新カードありますけど…

確かにペンデュラムモンスターが2枚っていうのは(笑)
シンクロエクシーズと違って、二枚ないと意味ないのに、最低限の枚数しかないのは…うーん

ただ罠だけは準汎用ですよね(棒)

他のTCGはスターターとか、ストラクを売りに新規獲得に必死なのに

遊戯王は逆ですよね
去年のストラクは頑張ったと思いますが

しかしながら商売うまいですよ
結局、レギュラーパックの方が利益高いから
ペンデュラムありますけど…先に使いたいならどうぞご利用くださいませって感じ?

だって環境トップはAF先史遺産なんでしょ?
ワクワクを思い出した復帰組と、小中学生には悲しい事実ですね

補給部隊の欲しい炎王スクラップ組は
頑張ってサンハコ買ってバラマイテネ(冗談)

ついにデスガイドや激流葬が3積みですか…

もちろんDDB無制限、射出M1も驚きました。



そしてゼンマイの中核、マイティが許されるそうです

しかし、ハンターが逝ったみたい泣



コレクターズパック-伝説の決闘者編-にて

ドーマ編のBMG、狂戦士の魂、BFなどのアニメ出身カードが

多数収録される模様



あれ?征竜規制の情報は?
追記
新禁止
血の代償
ゼンマイハンター

新制限
ゼンマイティ
親征竜全て

新準制限
ダムド
七星の宝刀

制限解除
激流葬
デスガイド
DDB

このページのトップヘ