フェンリル研究所

2013年08月

JUGEMテーマ:遊戯王カード

どうも、クロロフィルです。
九月下旬より施行される新制限により
超再生能力が1枚しかデッキに入れられない制限カードになりました。
というわけで【エクゾディア】の新制限対応レシピです。

以前よりも格段にスピードダウンしました。
あぁ、こんなデッキもあったんだな…程度にみてください。
スピードダウンにより、防御力を上げているつもりです。
なので防御カードが来れば…でもそれだったらロック型の従来のでおkってなるからツライ

out
超再生能力×2
貪欲な壺×1
ワンチャン!?×1
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
in
速攻のかかし×2
魔法石の採掘×2
ダーク・バースト×1

メイン
モンスター(16枚)
エクゾディアパーツ各1×5
伝説の白石×3
ガード・オブ・フレムベル×3
青眼の白龍×3
速攻のかかし×2

魔法(24枚)
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×2
成金ゴブリン×3
ワンチャン!?×1
闇の量産工場×3
手札抹殺×1
手札断殺×3
トレード・イン×3
調和の宝札×3
超再生能力×1
魔法石の採掘×2
ダーク・バースト×1

エクストラデッキ(15枚)
何でもいいので15枚用意したほうがry
運が良ければ、シャイニート・マジシャンぐらいは出せるかもry
このコメント前と同じww

サイドデッキ(15枚)
禁止令×3
異次元からの埋葬×1
大嵐×1
月の書×1
補充要員×2
自爆スイッチ×3
王宮の鉄壁×3
光の護封壁×1

遊戯王wikiにも書いてた。超再生能力は禁止カード級のドローカードだと…
いなくなって初めて「その」ありがたみが分かるものです。(笑)
そもそも超再生能力があるからドラゴン族軸だったわけだけどね~

貪欲な壺を外した理由は、せっかくデッキ圧縮したのに3枚もデッキが増えるとか…
何やってんだって感じです。(超再生能力が1枚だけだとなおさら)
元々は闇の量産工場で回収できない本体を拾って手札に加える役割でした。
でもそれだったらダーク・バーストでいいよねってなりました。

救世竜 セイヴァー・ドラゴンが外れて、「デッキトップが光りだした!!」と言えなくなったけど
もうそんな余裕はありません(笑)

ワンチャン!?を1枚にしました。実際は2枚でもいいのですが、防御札である速攻のかかしの枠のために減らしました。
現在ワンチャン!?は1枚ですが、強欲で謙虚な壺に変えてもいいかもしれません。
しかし強欲で謙虚な壺には致命的な弱点があります。
別にss制限ではなく、もうひとつの方です。1ターン1枚の制約。
回すのが目的のデッキで、うまくいけば2枚目3枚目が(もうなかなか確率は低いけど)完全に腐ります。
もちろん、手札抹殺、手札断殺、魔法石の採掘など、手札コストが多いカードのエサになるわけですが
それだともったいないし、やはりサーチした方が速いんですよ。

1年前は、超再生能力はもちろん無制限でしたし
なにより、クリッターが現役(制限カード)でしたので、最後のひと押しが非常に簡単でした。
今では、言葉になりませんね。

最後に魔法石の採掘について…
例えば、
超再生能力(1回目)発動
魔法石の採掘発動、ドラゴンを2体捨てて、超再生能力を回収
超再生能力(2回目)発動

これだけで4枚ドローできます(エンドフェイズだけど)
これができるのは採掘だけですし、超再生能力だけではなく
一時休戦とか、手札抹殺、場合によってはワンチャン!?とか
回収して強い魔法で押し切りたいですが難しいですね

うーん。今だに悩んでます。
サンダードラゴンとか、トゥーンのもくじ入れた方がいいかなぁ
でもそれだと安定性がなぁ
いや、エクゾで安定性だなんて贅沢と言うか
安定したらダメなんだろうなぁと思いつつ(笑)
今日もボロボロになってるスリーブを被ってるカード達を触りたいと思います。

長々と失礼しました。
次回の更新は、安くて古き良きファンデッキ記事です。

それでは、この辺で~

JUGEMテーマ:遊戯王カード

どうも、クロロフィルです。
九月下旬より施行される新制限により
炎舞-「天キ」が2枚しかデッキに入れられない準制限になりました。
というわけで【スターダスト・ドラゴン/バスター】の新制限対応レシピです。
ほとんど変化なしですけどww

out
炎舞-「天キ」×1
in
一時休戦×1

メイン(40枚)
モンスター(19枚)
フォトン・スラッシャー×3
ゴブリンドバーグ×3
召喚僧サモンプリースト×2
キラー・トマト×1
スクラップ・ビースト×1
復讐の女戦士ローズ×1
霞の谷の戦士×3
スターダスト・ドラゴン/バスター×2
バスター・ビースト×3

魔法(18枚)
増援×1
大嵐×1
サイクロン×3
炎舞-「天キ」×2
成金ゴブリン×2
ブラック・ホール×1
死者蘇生×1
スクラップ・エリア×3
リロード×3
一時休戦×1

罠(3枚)
バスター・モード×3

エクストラデッキ(15枚)
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×3
レッド・デーモンズ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.50 ブラック・コーン号×1
交響魔人マエストローク×1
ダイガスタ・エメラル×1
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1
ジェムナイト・パール×1
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1

サイドデッキ(15枚)
サイバー・ドラゴン×2
増殖するG×2
エフェクト・ヴェーラー×3
ライオウ×2
月の書×1
魔宮の賄賂×3
神の警告×1
神の宣告×1

まぁ…一時休戦を入れてみました。
バスターデッキにおいてドローカードは、慎重に打たねばなりません。
なぜならバスターモンスターはデッキからでしか出せません。
なので、このデッキの場合、2枚引いたら終了です。
とはいえ、なんかいいカードありますか?(笑)
サイドの月の書をメイン昇格しますかねぇ…
ライオウがキツいのでww

今回はこの辺で
次は壊滅したドラゴンエクゾを更新します~

超再生能力と天キが案の定制限強化されたので
エクゾディアとスタバデッキを、現在調整中です(笑)

スタバデッキは、あんまり問題ないのですが
エクゾディアは、壊滅…までは言いませんが、以前のスピードはなくなり
ドラゴン軸じゃない方が速いかもしれない…と思うぐらいです

9月までには書きたいですねぇ

今回の制限強化は、征竜魔導プラス前改訂直前に発見された神風1キル、さらに相対的に環境に上がってくる水精鱗、炎星にスポットがあたりました
しゃーないですね

しかし制限緩和により
・高等儀式術 無制限
宣告者デッキやデミスドーザーが復活するかもしれません。

・強謙、ミラフォ、モグラの緩和
メタビやカウンターデッキ使いには嬉しいですね

・エマージェンシーコールも無制限
ヒーロー使いには本当に朗報です!!

バードマンが制限になりましたが、ゴーズが準制限になってフルモンも捗ります!!
あと剣闘獣にBFも

最後になんといっても
トリシューラの鼓動!!
来ました!!あの方が帰って来ますよ!!
デブリドラゴンのシンクロ先が増えました!!

今回の改訂は、いろいろと面白かったです(粉ミカン)

まぁゼンマイとか使ってても使ってなくても
目を瞑りたくなる改訂でしたね

そういや次の改訂は11月みたいですね
一年に四回とか、やっとですかぁ
よかったよかった

さて、そろそろ来ますよ
新しい禁止制限リスト!!

なんか新弾発売よりも楽しみな件(笑)
5年前ぐらいからずっとそんな感じ

あのカードがぁ~とか
このカードまた使えるようになるの!?とか
わざとらしく仲間内で言う係です(笑)

気になっているのは
もちろん超再生能力
あと天キですね
前者は前にも書いたけどドラゴンエクゾ
後者は前の記事のスタバにかなーり影響します

最悪禁止カード入りなんでデッキが消滅しかねません(笑)

あと世界大会も始まりますね
活路エクゾ以上の地雷は現れるのか!?

どのような結果になるのでしょうか…

JUGEMテーマ:遊戯王カード

2013年9月下旬適用後の禁止・制限カードリスト更新により
このデッキは使用不可能になりました。
新制限に対応させたものは
こちら

どうも、クロロフィルです。
今回は【スターダスト・ドラゴン/バスター】のレシピです。
炎舞-「天キ」のおかげで、従来よりもさらに出しやすくなりました!

メイン(40枚)
モンスター(19枚)
フォトン・スラッシャー×3
ゴブリンドバーグ×3
召喚僧サモンプリースト×2
キラー・トマト×1
スクラップ・ビースト×1
復讐の女戦士ローズ×1
霞の谷の戦士×3
スターダスト・ドラゴン/バスター2
バスター・ビースト3

魔法(18枚)
増援×1
大嵐×1
サイクロン×3
炎舞-「天キ」×3
成金ゴブリン×2
ブラック・ホール×1
死者蘇生×1
スクラップ・エリア×3
リロード×3

罠(3枚)
バスター・モード×3

エクストラデッキ(15枚)
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×3
レッド・デーモンズ・ドラゴン×1
ガガガガンマン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
No.50 ブラック・コーン号×1
交響魔人マエストローク×1
ダイガスタ・エメラル×1
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1
ジェムナイト・パール×1
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1

サイドデッキ(15枚)
サイバー・ドラゴン×2
増殖するG×2
エフェクト・ヴェーラー×3
ライオウ×2
月の書×1
魔宮の賄賂×3
神の警告×1
神の宣告×1

懐かしのバスターデッキです。
モンスターに関しては、自身が特殊召喚可能なスラッシャーに
主にチューナーになりますが、他のモンスターを特殊召喚できるゴブリンドバーグ、サモンプリーストを採用。
サモンプリーストを持ってくるために、キラー・トマトも一枚忍ばせています。
大事なチュ-ナーに関しては、スクラップ・エリアでサーチ可能なビーストに、増援でサーチできるローズさん。
単体でもそこそこの戦力になる霞の谷の戦士を入れてます。
非チューナーとチューナーの数は、ほぼ同じにしました。スクラップ・エリアは優秀ですよ(笑)

魔法・罠ですが
サーチの増援、スクラップ・エリア、炎舞-「天キ」
バックを割る大嵐、サイクロン
先行1ターン目で場を整えるために成金ゴブリン、リロード
打ち出の小槌とリロードの差は、あるようでないですねぇ(いやあるけどww単純に持ってないだけです…)
そんでブラホ死者蘇生で締めでしょうか。
カウンターされてもいいようにバスター・モードは3枚積んでます。

エクストラ・サイドともに汎用性の高いもので占めました。
スタバ出せたらOKなんで、あんまり気にしてないですが
2戦目以降はカウンター罠入れて慎重にいきたいかなぁ…

で、肝心の先行1ターン目に出せる確率ですが
基本的に手札に3枚カードを揃えたら出せます。
1.チューナー9枚体制(増援、スクラップ・エリア、スクラップ・ビースト×1、ローズ×1、霞の谷の戦士×3)
2.非チューナー9枚体制(増援、フォトン・スラッシャー、ゴブリンドバーグ、召喚僧サモンプリースト)
3.バスター・モード9枚体制(バスター・ビースト、炎舞-「天キ」、バスター・モード)

結構出せますよ。
先行1ターン目で気をつけないといけないのは、やはりヴェーラーですね
気をつけてもしょうがないのですが…
フォトン・スラッシャーは大丈夫なんですが、ゴブリンドバーグ、召喚僧サモンプリーストにヴェーラーって言われるとキツい。
そういう意味で、ライフは減りますが、やはりカーキンのレシピはすごいですね。
ゴブリンドバーグに油断してくれるといいなぁ~

このページのトップヘ