有閑倶楽部の原作者は一条ゆかりさん

今回、10月16日から、KAT−TUNの赤西仁クンが主演のドラマが始まることになりました。ドラマのタイトルは「有閑倶楽部」です。そして、その話題のドラマの原作者が、有名な漫画家の一条ゆかりさんです。一条ゆかりさんの作品は、ドラマ化される作品が多いです。ドラマ化された作品を1度はみたことがあるのではないでしょうか?ドラマ化された作品には、「砂の城」「デザイナー」「正しい恋愛のススメ」などがあります。

一条ゆかりさんは、1968年に『雪のセレナーデ』という作品で第1回りぼん新人漫画賞に準入選受賞して漫画家としてデビューしました。一条ゆかりさんの本名は、藤本典子(ふじもと のりこ)です。1949年9月19日に岡山県玉野市でうまれました。一条ゆかりさんは、漫画家の間では、女王ともよばれているほどです。

また、今回、ドラマ化される「有閑倶楽部」は、以前、単発ドラマ化されたことがあります。その際は、国生さゆりさんが演じる剣菱 悠理(けんびし ゆうり)が主演でした。しかし、今回のは、KAT−TUNの赤西仁クンが演じる松竹梅 魅録(しょうちくばい みろく)が主演です。原作とどのように違うのかもみどころですね。

一条ゆかりさんの作品はドラマ化されると、キャストが豪華です。今回も、復帰したばかりのKAT−TUNの赤西仁クンが主演ということなので、話題性も十分ある作品です。



パチスロ5号機のシステムと店の管理システムを逆手にとって月50万円コンスタントに稼ぐ打ち方