フェルの日記

 ワインを飲みながら映画を観ていた時に、思わず寝落ちをしてしまった。その時に夢の中に出てきた二人の男女の話を述べる。
 夢の中に出てきた男女は、都内にある商業ビルの中で買い物をしていた。そんな時に、たまたま目についた子供服を取り扱っているお店に、その男女は訪れた。女性の方は「結婚して子どもが出来たら、こういう感じのおしゃれな子供服を着せたいなぁ」と語ったが、男性の方はそれ程乗り気ではなかった。
 では何故それ程乗り気ではなかったのかというと、その二人の男女は同じ下請けの中小企業に勤めながらも、40歳手前でもらえる給与が30万円前後である事と、現在の月の給与が20万円程しかないからである。それに加えて会社自体が人手不足であり、常に忙しい。その男性は小学校から大学までを私立の学校に通っていた事もあり、受験のための塾や予備校の費用や学校の学費を考えたうえで乗り気ではなかった。それにお互いが共働きだとしても、40歳手前で夫婦合わせて月に60万円前後にしかならない。それにお互いが仕事で忙しく、普段は夜の8時から10時の間に帰宅するという多忙なスケジュールも気にしていた。
 だがしかし女性の方はどうかというと、東北出身であり、小学校から高校までを公立の学校で過ごした。そして高校卒業後は専門学校に進学した。だからこそ、東京の物価と家賃の水準と教育意識を知らない。だからこそ能天気に「結婚して子どもが出来たら、こういう感じのおしゃれな子供服を着せたいなぁ」と言えるのだろう。
 その男性は、相手がそんな気分でいている事にも気が付いている。
だけれども受け身だから、相手に気を使ってしまう。それにその男性は過去の事で強い後悔を抱いていた。



 続編に続く

 エリートサラリーマンやエリート公務員の家庭で育った人の家庭の多くは、エリート意識の強い教育を重視している傾向がある。きっとそうやって育ってきたことから、そういう意識が強いんだろう。それに裕福な生活を得る手っ取り早い方法が勉強だと、そう信じて疑わないで生きてきたんだろうと考察した。だけれども、かなり裕福な家庭で生まれ育った人の家庭はそれとは対照的に、エリート意識は強くない。それもそのはず、元々働かなくても生きていける裕福な家庭なわけだから、お給料のために必死で勉強してエリートの椅子に座る必要もない。とはいえ、親が会社を経営している場合も少なくなく、後を継ぐ事を想定して育った場合が多い。その事から、決して「何不自由なく」と言う訳でもない場合が多く、家庭内での細かな制約も少なくない(メディアの露出や芸能活動がダメだったり、趣味の制約も多い)。
 本当に何不自由なく自分のやりたい様に生きてきた、そんなぼ~っと生きている人はいるのかと考察した。きっとそれは、エリートサラリーマンやエリート公務員の家庭でもなければ、会社経営者の家庭でもないだろう。比較的に裕福でありながら、エリート意識を持つ必要もなければ会社の後を継ぐ事を考える必要もない家庭で生まれ育った人だろう。考えられるのは、親が比較的に裕福な自営業やフリーランスの仕事の人だろう。例えば芸能、エンターテインメント、ジャーナリズム等はそれに当てはまる場合が多い。
 人間の生き方は人それぞれではあるが、「ぼ~っと生きている」と言う言葉の中身を深堀してみたいと考えている。

 先月は怪我をして、救急車で大学病院まで運ばれた。その怪我をした時の出血量がかなり多く、壁や床に飛び散った血痕の数々。幸いにも大事には至らなかったが、病院から帰宅した時の自宅から漂う血の匂いにかなり驚いた。どこか生っぽくて錆っぽい酸化したような匂い、まるで長期間放置されたグラスに注がれた赤ワインが放つ匂いにも似ている。
 埃が舞うような放置された部屋の中のテーブルの上に置かれた、コルクが抜かれたワインボトルとグラスに注がれた赤ワイン。もう何年も放置されているんだろうな、ワインが酸化してダメになっている。ワインは適切な場所に適切な状態で保たれ、時とともに味に深みと希少性を増す。恋愛も同じように、中途半端に長時間放置され、置き去りになるとその恋愛は参加してダメになる。だが、適切な形で保たれるとコルクを開けるかの如く、素晴らしい恋愛が解き放つ。まるで今までになかったような新たな付加価値が、そこに生まれる。
 愛が血の様ならば、その愛は保たれる事が望ましい。急な展開で繰り広げられるよりも、ゆっくり時間をかけて熟して、素晴らしい素晴らしい愛が羽ばたいた時に、そこに真の価値がある。

このページのトップヘ