2012年03月27日

10年間、どうもありがとう

201203_お知らせ/10年間のありがとう_mini

フェスたかさんが始まったのは2002年の9月。
とうとう最後のチラシが出ました。
10年と言えば、うまれた赤ちゃんが5年生になる。
当時1年生だった児童はもう高校生。
10年の長いあいだ、土曜日の学校で
さまざまな活動をしながら過ごしてきました。

たくさんのこどもたち、保護者の方が
活動に関わってくれました。
本当にありがとう。

授業の無い土曜日はこれからもいっぱいあるけれど、
フェスたかさんはこれで活動を終わります。
活動の一部は学校支援本部が引き継いで、
これからも土曜日を楽しく過ごせる企画は続いていきます。

今回のチラシには、今までやってきた活動がのっています。
もし、「あー、これ行きたかった!やってよ!」っていう活動があったら
ぜひ「学校支援本部」に伝えてみてください。
お手紙で、担任の先生に託すのでも構いません。

こどもたちの、そして地域の土曜日が
これからも楽しくハッピーでありますように。
いつか未来に、楽しかった一日を思い出してくれたらうれしいな。

最後にもう一回。
本当に、楽しかったよ。
あ ・ り ・ が ・ と ・ う。

festaka3 at 16:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)チラシ | スタッフ通信

2012年03月25日

畑は生きている、続くいのちのつながり

3月24日、今年度最後のイベントは、畑にありがとう、
いろいろと作物をそだててくれた畑のお手入れだ。
あいにくの雨模様で人数は少なかったけれど、雨がやんでいるあいだに、これまでの感謝をこめて、お手入れをした。

昨年植えたスティック・ブロッコリーが、まだ少し残っていた。

20120324 0120120324 02






まずは最後の収穫だ。

20120324 03






もちろん無農薬、かじってみると、ほんのりと甘い。

20120324 0420120324 05






つぎに、草をとり、焼き芋のときに燃やした落ち葉の灰を、畑にまいた。 落ち葉は堆肥や灰になって、この土を育ててくれる。

クワでたがやした。
大きなミミズがいた。 エンピツより 何倍も太っている。
畑のなかには、いろいろな いのちが やどっている。
その いのちの 働きが、やさいを 育て、別のいのちを そだてる力となる。
土も畑もいきている、 そう思う瞬間だ。

20120324 06






たがやしたあと、草おさえシートで おおいをした。
こうして 畑は、次の出番を待つ。

このフェス畑で、これまで いろいろな野菜を 育てた。
みんなはいくつ覚えているだろうか。
キャベツ、トマト、キュウリ、レタス、ブロッコリー、えだまめ、ピーマン、落花生、にんじん、大根、おおば、パセリ、唐辛子、小松菜、らっきょう、さといも、さつまいも、・・・・ジャガイモは8種類に挑戦した。
太陽、土、水、いきもの、・・・・自然のくれる恵みに感謝したい。

==========

つづけて、堆肥のお手入れをした。

20120324 0720120324 08

シートをはずすと、古い落ち葉は色が変わって、だんだん土に近づいていた。 手にのせて、にぎってみると、すぐにこなごなに くずれてしまう。

20120324 09






みんなで、きりかえしをした。 下の落ち葉と、上の落ち葉をまぜてあげる。

20120324 10






新しい落ち葉を入れた。
秋に集めておいた、校庭の「けやき」の落ち葉だ。

20120324 11






最後におおいのシートをかぶせた。
この落ち葉も、微生物のはたらきで、堆肥に変わって行く。
土になって行くんだ。

いのちのつながりは、はてしない。
いのちって、すごい!



festaka3 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)畑とヤゴ(命シリーズ) 

2012年03月18日

今年度最後のイベントは、「畑にありがとう!」

201203_お知らせ/落ち葉と畑のお手入れ

卒業生のみなさん、おめでとう!
そして、ほかのみんなもひとつオトナになるんだね。
おめでとう、おめでとう!!

今年度最後のフェスは、1年間お世話になった畑に
ありがとうの気持ちを込めて、たいひを入れたり
次のたいひを仕込んだり、土とふれあう土曜日。

残った野菜もしゅうかくしなくちゃね。 
焼きいもの時に仕上げた灰も畑をととのえるために入れるよ。

灰はアルカリ性、1年間働いてくれた畑の土の
性質をととのえる役目をしてくれる。
校庭の落ち葉で作ったたいひ、校庭の落ち葉でできた灰
そこから生まれる「おいしいもの」。
落ち葉はヤゴたちの栄養にもなってくれたね。
(今年度はヤゴ救出できなくて残念だったな)

いのちはひとつ終わっても、次のいのちを育ててくれる。 
それがフェスが伝えたかったこと。  
みんなもひとつオトナになって、新しい子たちの面倒見てあげてね。

さて、24日は晴れるといいな。
いつものように、軍手、てふきタオル、飲みものを忘れないでね。
よごれてもいい服装で参加してね。
畑に10時集合だよ!



festaka3 at 11:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)チラシ | 畑とヤゴ(命シリーズ)

2012年03月04日

今年度さいごの 親子バスケット

3月3日は、今年度さいごの 運動神経アップUPバスケ、
寒いけれど、かいちょうだ!

20120303 002あたらしいことにも、どんどんと挑戦した。
20120303 004





20120303 005今までできなかったことが、できるようになるって、うれしいもんだ。
20120303 015


後からだって、もちろん前からだって、ボールをたかくあげられる。
ドリブルだって できる。
1年生だって負けてはいない。
1年間がんばってきたんだ。

20120303 018







ゲームをたくさん たのしんだ。
もう ころんだって 平気さ。

20120303 030






今年度は、これでおしまい。
来年度からは、支援隊にクラブができるそうだ。
そのときに、また みんなであおう。



festaka3 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2012年02月27日

ほっかほかの<やきいも>


雨で26日にのびたフェスの「わんぱくクラブ」
いよいよ開始だ。
朝早くから、ボーイスカウトの皆さんもやって来て、準備がはじまった。

20120226 01






たき火にするのは、秋にあつめた 学校のけやきの落ち葉。
まずはつみあげて 火をつける。

20120226 02






こうやって、広い火床をつくるんだ。

20120226 0320120226 04






さつまいもは、はじめに1本1本ぬれた新聞紙にくるむ。
そのうえから、また1本1本アルミホイルでくるむんだ。

20120226 0620120226 05






火床の上に、アルミホイルのさつまいもを、ならべて行く。
その上にまた落ち葉をのせて、燃やし行く。
火のかげんをみながら、あとはでき上がるのを待つ。

20120226 07






できたてのやきいもを食べた。
あっつ、あつ。 あまくて、おいしい。
それから マシュマロ焼も、たのしかった。

20120226 08






いろいろと教えてくれた、ボーイスカウト杉並2団の皆さん、ありがとう。

20120226 09






燃えた落ち葉の灰は、つぎのイベントでフェス畑にまくつもり。
灰だって、役に立つんだ。
この灰が、また作物を育てる力になる。
こうして いのちが 新しいいのちへと つながって行く。

◇◇◇◇◇
20120226 10






ブロッコリーの しゅうかくをした。
フェス畑で育ったブロッコリーだ。
20120226 11






ゆでて 食べててみた。
おししい!
生でもかじってみたけれど、口のなかで、ほんわりと あまかった。



festaka3 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わんぱく