IMG_4375

IMG_4364

実は、この記事は当初昨年末に更新しようとしていました。
Slave Jとの一年を振り返り、彼なりに頑張っていることも伝わってきていたので褒めてやろうと優しい気持ちで途中まで書いていたのでした。

だけど…
訳あって止めました。

もともと主従に対しての考え方の違いがあったSlave Jと私。

それでも、お互いに不慣れな言語で苦労しながらもコミニュケーションを取り、少しずつ分かり合えるようになってきたと思っていました。

ここ最近は『真性奴隷』だけでなく『専属奴隷』の意味を覚え、取り立ててもらえる日を夢見てトレーニング中でもありました。


けれど、分かり合えたように見えても、そもそもの考え方の根っこの部分というのは、やはりそう簡単には分かり合えないようです。

彼は、よく言います。
「これはファンタジーじゃないんだ! 僕は本気なんだ」と。

IMG_4381

きっと読んでいるのでしょう? Slave J

『絶対服従』という言葉は、辛いことを耐える為のおまじないではありません。

どんな気分の時も、
自分の望みを叶えられなかった時も、

オーナーの言葉には『全て』従うということです。


もしもオーナーの命令の全てに従えず、その時の自分自身の気持ちでオーナーに背くことがあるとしたら、

それこそ、その場限りの『ファンタジー』と呼ぶのよ。


お前の意思とは関係なく私が望むことが全てだと理解しなさい。
『絶対服従』の本当の意味を理解しなさい。

私の望むこと、
禁止すること、
気まぐれも、
本気も、
全てに従うこと。
一つの例外もなく、全て!

それが『絶対服従』です。

IMG_4382

IMG_4379

IMG_4380

IMG_4383

IMG_4384

今回の調教で、少しは反省したんじゃないかしら?
お前には厳しい調教が必要です。

今年こそは、ファンタジーから抜け出し、お前を『本物の奴隷』にしてやろうね。
覚悟なさいよ。

IMG_4376




写メ日記も随時更新してます。
ランキングも参加してますのでよろしくね♡

純・フェティシズム出勤スケジュール(HP) 
純・フェティシズム出勤スケジュール(スマホ) 
純専用衣装(専用ボンテージ) 
純所有道具
http://blog.livedoor.jp/fetishism_jun/archives/cat_272759.html
女王様データベース