IMG_4502

SMを加虐と被虐だけで見たとしたら、愛情なんてなくたって良いのでしょう。

けれど、私は愛情表現としてのSMや心で交わるSMが好きです。

「愛あるSM」だなんて最初から言っちゃうと何だか重くも聞こえるのですが、最終的にはそういうのが好きですってこと(笑)


もちろん愛のないSMを求めるマゾに対して、ただの加虐行為としてのSMはできるし、それなりに楽しむこともできます。
何の感情も抱かず、苦痛を与えることも傷付けることもできます。

でも、それは私が支配すること自体が好きだから。
ただその場合マゾを支配しているのは私ではなく私のする行為でしかないのです。

そこに絶対に私でなければならないという感覚は感じられない。


私は私でなければいけない相手と、私もその相手でなければできないSMをしたいと思っています。
それがどんなSMになるかは、やってみないと分からなかったりするのだけど(^_^;)

IMG_4495

IMG_4494

IMG_4496

その中の一つに洗脳オーガズムがあります。
DVDのタイトルにも使いましたが、これも一つの支配の形だと思っています。

痛み以上に快感の方が実はとても繊細で、誰が与えるかで心を占める割合が変わってくるものだったりします。

私が与えるということで、本来なら快感ではないはずのことが快感に変わったとしたら、それはある種の洗脳です。
私色に染まってしまうんだもの。

反応しているのは体でも支配されているのは脳みそ。

私の指先一つで何度も何度もイッてしまうのを見るのは、やはり可愛いものです。

アナルでのドライオーガズムから始まり、乳首でイクことさえ普通になって、痛みが快感のトリガーに変わる。

軽く叩いても、強く叩いても、体がビクビクと痙攣する。
爪を立てたり、指先、足先が体に触れただけでも同じこと。

性感帯が全身へと広がっていく。



そして、そんな体にしたのは…

私。

それが可愛くないわけがないでしょう?
愛おしくないわけがないでしょう。

だって、もうその体は私次第。
私だけがどうにでもできる。
もう普通には戻らない。

それに、戻らなくていいと思っているはず。


いつか私の目を見ただけでイケるようにしてみたいものです。


Kちゃん、改めていつもありがとう!
心の変化よりも体の変化の方がわかりやすいけれど、数年前に比べて少しずついろんなことが変わりましたね。
それに戸惑うこともあるでしょうが、私はすごく嬉しいです^_^
これからもよろしくね!

IMG_4497




写メ日記も随時更新してます。
ランキングも参加してますのでよろしくね♡

純・フェティシズム出勤スケジュール(HP) 
純・フェティシズム出勤スケジュール(スマホ) 
純専用衣装(専用ボンテージ) 
純所有道具
http://blog.livedoor.jp/fetishism_jun/archives/cat_272759.html
女王様データベース