image

マミーが好きなマゾは意外と多い。

今回のマゾもそうである。
気付けば長いお付き合いになったけれど、最初に会った時からずっとマミーをしている。

SMを始めた頃、正直なところマミーの何が良いのか分からなかった。
私の感覚からすれば、身動きが取れないまま転がされて喜ぶなんて理解できなかったのだ。

もちろん転がす側としては楽しいんだけれど、それはこちら側が楽しいものであって、マゾがそれを喜ぶということに繋がらなかったのだ。

だから、マミー好きなマゾというのは、ごく一部なのだろう…なんて勝手に思っていた。

(その後、それが間違いだったと気付くわけだけど)


image

image

全く身動きが取れない。

そんな状況にどうしようもなく興奮し、その後の展開を期待してしまうマゾ。

普段なら自分より力の弱い女性に本気で抵抗しても敵わないなんて…

日常ではありえないことだ。
大の男が力一杯暴れてもどうにもならないことも、それでも身を任せて興奮できてしまうことも。


マミーが好きなマゾは背が高かったり、体が大きいマゾも多い。
確かに軽い拘束程度なら本気で抵抗すれば、逃げられる可能性がある。

でも、マミーは無理だ。
もしかしたらマミー好きなマゾは頭の中だけでなく、体すらも完全に支配されたいのかもしれない。

私もそれが楽しいのだ。
私よりもずっと力が強いはずの男が、私の前で無力でちっぽけな存在になる。


このマゾがいつも決まって言う言葉がある。

「許してください」

私に必死で許しを乞う。
解放してくれと懇願する。

私はそれを期待させておきながら、鼻で笑って一蹴する。


image

image

image

女に、こんな風に扱われるのってどんな気分?
脱いだブーツやハイヒールで口と鼻を塞がれたり、ただのモノ、何の権利も意志も持たない玩具として遊ばれる。

何をされても手も足も出せず、ただ許しを乞うしかないってどう?

きっと恐ろしく惨めで、辛くって…

興奮するんでしょう?


だって、キミはマゾだもの。

どれだけ解放を望んでても本当に解放されてしまったら、途端に寂しくなってしまうだろう。

だから、ずーっと捕まえたまま、じわじわと遊んであげる。
ずーっとね。


Kくん、いつもありがとう。
いつの間にかKくんの身体はマミーの為に進化してるようですね(笑)
長時間のマミーも平気だもの。

今回は念願のアレも達成できて、嬉しかったです!
ぜひ次も^_^

いつも可愛いケーキもごちそうさま!
(写真を撮り忘れちゃった

image




お知らせも見てね♪


写メ日記も随時更新してます。
ランキングも参加してますのでよろしくね♡

純・フェティシズム出勤スケジュール(HP) 
純・フェティシズム出勤スケジュール(スマホ) 
純専用衣装(専用ボンテージ) 
純所有道具
http://blog.livedoor.jp/fetishism_jun/archives/cat_272759.html
女王様データベース