IMG_4896

官能の味。

それは、いったいどんな味であろう?


IMG_4899

お慕いしている女王様の唇が艶かしく動く。
その動きから目が離せず、じーっと見つめるうちに身体の中心がぎゅんと疼く。

いつ私にくださるのだろう?

赤い唇で齧った、ソレ。
女王様のお口の中で噛み砕かれて、すり潰され柔らかくなっていく音すら聞き逃したくない。

全部全部欲しい。

早く欲しい。

女王様の一部と混ざり合って、私の中へとぽとんと落ちる。

その後に、また形を変えてぽたぽたと滴り落ちる。

一滴も残らず、全て自分の中へと収めてしまいたい。


めすわんこちゃんは、椿様が大好き。

椿様が咀嚼しているのをじっと切なげに見つめ、口の中へと頂いた瞬間に達してしまうめすわんこちゃん。

その心情を想像して書いてみたけれど、真実は如何に???(笑)


咀嚼というものに対する見方が、私の中で最近変わってきている。

口に含んで噛み砕き、唾液と混ざったものを与える。
そこに雛鳥への餌やり的な「与える」という感覚だったり、逆に家畜など人外的な扱いを感じていたのだけど…

実は咀嚼って、もっと甘く美しく淫靡なものなのではないだろうか???

赤い唇、舌先から滴り落ちて、口の中へと広がっていく。
否応なしに感じる味は、女王様の味。

そんな風にまで思えてきた。


まあ、家畜的な扱いやぐちゃっとした見た目への想像、屈辱的な感覚を得たいマゾもいるのだろうけど、それ以上に「全部を私の中にください」って感覚もあるのだろう。

私も、これからもっと積極的にやろうっと♪
椿様とご一緒して改めて思ったので、私のマゾたちも覚悟しておくように(笑)


今回は椿様とめすわんこちゃんの咀嚼プレイに刺激を受けて咀嚼メインに書いたけれど、もちろん他のこともした。

というか、本来はこっちがメインだったはず…

IMG_4900

IMG_4897

二穴フィスト!
なんと、両方の拳がめすわんこちゃんの中に。

暖かくて柔らかくて…
薄い膜で隔てられてるだけの体内が脆くも思えて不思議な感覚。


そして、めすわんこちゃんは相変わらず椿様に触れられると、見られてると…
イキまくっちゃう可愛いわんこちゃんでした^_^

IMG_4898

椿女王様、めすわんこちゃん、いつもいろいろとありがとうございます♪

また野鳥の会ごっこ&撮影係もお気軽にどうぞー(笑)

IMG_4901
今回のテーマカラーはゴールドでした♪
めすわんこちゃんが寝てる場所もよく見ると…(笑)





お知らせも見てね♪


写メ日記も随時更新してます。
ランキングも参加してますのでよろしくね♡

純・フェティシズム出勤スケジュール(HP)