IMG_8106

IMG_8101

IMG_8094

今年の初め、くすぐり好きの若いマゾに出会った。

「君の弱点はどこかな?
今からじっくり探しちゃおうー!」

…なんて、意地悪なことを言いながらも楽しく遊ぶことの多いくすぐり。


でも、このマゾが言ったのは

「厳しいくすぐりをお願いします」


『厳しい』と『くすぐり』
それは不思議な組み合わせのようにも思える。


くすぐりって、そもそも何が起こっているのだろう。

くすぐられている最中は笑っていても純粋に楽しいとか、気持ち良いだけとも少し違うはずだ。

どちらかというと自分の意思とは別のところで『勝手に笑い出してしまう』、そんな感じだろう。

それを自分で止めることも出来なければ、くすぐりを止めてもらうことも出来ないとしたら…

それはどんな感覚だろう?

たぶん『苦しい』だ。

いろんなことが思い通りにならなくて苦しいし、肉体的にも呼吸がし辛くなって苦しい。
笑ってる間って、息を吸えないものね。


その苦しさを厳しく=更に大きな苦しさへと変える事は可能なはず。

そして、厳しく感じるのはそこに漂う空気感のせいでもあるから、言葉なんかを使ってその場の空気を厳しくしていくこともできる。

ちなみに、このマゾが言った『厳しいくすぐり』とは両方だった。

実は呼吸管理も好きらしい。
きっと思い通りにならないこと、苦しいことに興奮してしまうタチなのだ。


IMG_8102

IMG_8104

IMG_8105

「さっさと四つん這いになりなさい!
絶対に動くんじゃないよ!」

そう言って弱いところをくすぐっていく。
既にこのマゾの弱いところがどこか私は知ってる。

さわさわとほんの数秒触れただけ。
それだけでマゾは耐えられなくなって逃げようと動き出す。

その度に拘束を増やして、逃げられないように捕まえていく。

最後には顔も捕まえて、全身をゆっくり柔らかく…
そして、厳しくくすぐる。
息継ぎの間さえ与えないくらい絶え間なくひたすらに、さわさわとこちょこちょと。


本当にぐったりするまで付き合ってくれたYくん、ありがとう!(笑)
くすぐりの合間に、気持ち良いことと苦しいことの繰り返しやマミーと呼吸管理の組み合わせなんかも良いんじゃないかな?

また機会があれば^_^
差し入れもありがとうね!

IMG_8100





お知らせも見てね♪


写メ日記も随時更新してます。
ランキングも参加してますのでよろしくね♡
純・フェティシズム出勤スケジュール(HP)