FullSizeRender




拘束しての浣腸に憧れるマゾは意外にも多い。
(願望があっても具現化出来ないことのほうが現場においては多いのだ。)


普通に浣腸して
トイレやらで出してしまうことは
よくあり(日常にはないけどね笑
SMにおいては考え得る範囲内。


拘束をされたまま浣腸されるということは
【絶対に逃げられない】状況で【内臓を追い込まれる】


恥も苦しさも
支配された感覚も
全てにおいて強烈なインパクトのある瞬間なのであります。




また、こちらも、そのまま排泄するというパターンも折り込み済みでプレイを進めます。
(たぶんそこで多くの人は諦めるんだと思うけど、私はそーいう考え方は好きじゃない。)


生きてる限り、
できない理由を考えるより
できる方法を考えていたいものです。
(興味のないことを無理にする必要はないし、程度は人それぞれとして。)


ギリギリまで我慢させるのではなく
ギリギリを越えさせる笑


新たなる場所へと誘い、
新しい君を知らしめるのです。
(排泄をすることが全てではなく
限界をピョンと越える越えさせられるという意味合いで、のことです)


とまた、お話が長くなりましたが


いくよー^ - ^


お互いサクサクしており、
そしてニコニコとスタートする時間★


IMG_5057



「まだまだ♪」と大人の余裕を見せるマゾ。
余裕というよりも、
男のプライドとも言う。笑

自分は女王様のために出来るんだと
この場に及んで頑張りたいのだ。
抗いたいし、
きっとそこで私がどうするのかも
観ていたいのでしょう^ - ^


いくよー!


IMG_5060



うつ伏せはパンパンになった上から
お腹が圧迫されるため
厳しめの体勢。

だが更にその上から体重をかけながら
追加の浣腸を押し込める。


IMG_5058


ギリギリまで余裕ぶる君。

この時、すでに2リットル超え。


「あー出るー!!!」


そうして女である私の目の前で
ぶちまけ、垂れ流す姿は
さっきまで男のプライドで保っていたものを一気に崩し、情けなさに変える瞬間だ。


浣腸を我慢させることも好きだし、
こうして抗えない状況に追い込み
無理矢理に排泄させるのも
私にとっては長年の夢の一つでもありました。


そして規制の概念を吹っ飛ばすには
丁度良いのだろう♪



女性に虐められるということすらも
タブーな男達の秘密なのである。
(だからこそ余計に不意をついた意地悪をしたくもなるのだけれどね笑


尿道も
トライしていきましょうね!

IMG_5062



次回も楽しみにしております★( *´艸`)


そして優しく大きく存在しようとしてくれるマゾに改めて感謝です。愛が伝わりました。

今回もまた素敵なお時間をありがとう!


麗子


IMG_5063





麗子イメージ動画

http://smart.cityheaven.net/osaka/A2702/A270202/fetishi_sm/S6GirlMovieDetail/?girlId=10258583