副鼻腔炎という鼻の病気でここ2-3年とてもとてもつらいわけではないですが、
運動しづらい、頭を下げるとモワッとした感じがして精神的につらくなり、
今年に入ってから血流の悪さを感じ、やべ、死ぬんじゃねーのかと思いました。

絶対にやめないと思っていたタバコも死の宣告的なものを感じたらスパッとやめれました。
タバコやめるのは難しいと思っていたにもかかわらず今吸ったらやばいというのを、
頭の中で詠唱してました、1週間たったらーとか1か月たったらーとかいうのもなっしんぐ。

仕事中や、パチや、ゲームしてる時はなんともありません、実生活をおくるのは
まったく支障はないのですが、鼻からいやな臭いでてるんじゃないのかと、
周囲の顔が気になりました、わきがの人に、何も言えないのと同じ感じじゃないかなと、
家族にも、一番仲のいい友達にも聞けませんでした、俺なんかくさい?と。

町の病院にいきレントゲンをとると、左側の鼻の空洞が粘膜で覆われており、
これが喉に流れ落ち、白い淡がよくでてました。
それで副鼻腔炎と診断されました、?になりましたがいわゆる蓄膿症でした。
僕の状態では、まだ病院に通わず、耐えて生活する人がいるレベルらしく、
それが進行すると生活できないレベルの頭痛や眩暈が起きるかもしれないし、
両方の鼻に進行してしまうと薬では治らないレベルらしいです。
とりあえず半年の間、病院から出される薬を飲んでみましたが、
全く効果がなく、チクナインとかも一応試しましたが、何も効果なし。
手術をすれば治せるという事をきき、ちょい都会の病院に通院するようになりました。

ナースがかわいい、さすが都会。

都会の病院で3か月間で3回通院して薬をもらいながら診察をしましたが、
改善の傾向もなかったため、手術をしてほしいとお願いをしました。
僕自身、手術も入院も初めてのことなので、治るわくわく感と、
どんだけ痛いのか恐怖感で手術を受けてきました。
ドラマとかでよくある、ハンカチを口に当てて眠らせるという場面。
なんの薬品かわかりませんが、そう上手くいくかよw わろすw
と、思っていたのですが、はーい眠らせまーすで10秒耐えれませんでした。
医学の恐怖を感じました。

目が覚めたら手術は成功しており、1mくらいのガーゼを鼻の中に詰め込んでる
という事だけを聞いて、鼻で呼吸できない生活が5日ほど続きました。
まじで眠れませんでした、口ですりゃいいじゃんってなりますが、
眠る→口が乾く→起きる→水を飲む→飲みすぎてトイレに→眠る、を繰り返してました。
まともに10分寝れませんでした、手術は一瞬ですが、鼻のガーゼがとれるのは5日でした。

医者<はーい、鼻のガーゼとりますねー、片方だけ。
おれ<ひゃっはーw鼻で息ができるwwww え?片方?
右側は何の関係もなかったのですが、骨が曲がってるという事で矯正したそうです。
整形したんかな・・・!と思いましたがなんも変わってませんでした、俺でした。

その後2日片方鼻がガーゼにぶちこまれたまま、寝れないことはないが寝にくい日々を
過ごしました、最初からこういう病気をしなければ、こんなことにならんかった、
と後悔しましたが、原因は何だったのかまだ聞いてませんでした。
まともに眠れてないのと、マリグナスいかなくちゃで退院で直帰しました。

鼻の中に違和感、頭下げるとモワッとする、とか違和感感じた人は、
市販の薬ではなく、受け持ちの病院にまず行くことをおすすめします。
市販の薬、マジで空気でした、末期でもないのに。

あとは病院の入院してる患者さんを見て、いろいろ思うとこがありました。
普通に生活できてFFしている時があるのは幸せだ、と。
食事等も考え直し、この気持ちを忘れないようにしようと思います。
健康な人にはあんま関係ないですけどね、僕ももうおっさんなので、
若い時のように寝りゃ治るwとか、コーヒーがポーションwとか言えませんね。
11やってる人はけっこう年近い人多いので、みなさんもご注意を。