2011年06月30日

2011春の北海道

恒例となった春の北海道へ今年もなんとか行ってまいりました。
ここ何年か一緒のs山さんと今年も一緒です。

空港に着くと東京から着てきた半そでシャツが恨めしくなるほどの低温。
荷物は鱒やに送ってあるし・・・
寄り道をする気にもなれず先ずは鱒や直行とすることにした。
これが幸運の始まりだったのかもしれない。

初日
11h1a
鱒やについて宿主さんにご挨拶。屈斜路湖の状況を聞いてみる。
どうもここのところ釣れていないらしい・・・、まだ季節が巡って来ていないのか?
それとも天気のせいなのか?

ただ、到着したばかりのs山さんと私はちょっとHIぎみですので
曇っちゃてるからモンカゲのハッチがバンバンなんじゃないの〜なんて
軽口を叩いて屈斜路湖へ向かいました。

湖に着いたころ前日から入っていたnobuさんより入電、釣れたら電話してね〜と
おしゃれなカフェから余裕のお言葉。どうも昨日までは釣れる状況では無かったらしい。
やはりハッチは結構あって届かないくらいの距離にライズもある。
s山さんと「やっぱりね〜」とか言いながら届かないライズに向かってキャストを始めた。
11h1b
ほどなく、今季一匹目のレインボウ(40cm)をゲット。nobuさんに即電。
どうもマッタリ中は電話には出ないらしい。
その後幾ばくかして電話があったので釣れたことを伝えると驚いてる様子。
もちろん即マッタリタイム終了で湖畔に登場した。
11h1c11h1d
その後もポツリポツリとあるライズを狙っては50UPのアメマスとレインボウを釣ることができた。
s山さんもアメマスをあげて、ひとまずおでこを回避する。
このあと、益々天気は下り坂となり一日目はイブニングを6時で切り上げて鱒やに帰ることにした。
11h1e11h1f
いつも鱒やに来ると太って帰ることになる。この夕食と、夕食後のフライ談義にタイイング。
こんなおいしい思いが続けば致し方ないのかもしれないが・・・

二日目
11h2a
天気は益々ひどいことになってきた。湖面は茶色に濁り波も50cmはあるだろうか?
ただ、天気予報は回復方向の予報だし、何より沢山のハッチが我々を湖畔に張り付けさせていた。
11h2b11h2c
こんなのが沢山そこいらに浮いている。
最近定番のパターン、スパークルダン#10大きさも丁度良いでしょ?

あまりにも釣れないので一旦鱒やに帰ってみると、常連さん一行が筋金入りのバム男、
山ちゃんを連れて帰って来た。山ちゃんを紹介してもらい楽しくお話をさせてもらった。
今度何処かで釣りをしている山ちゃんに声をかけてみようと思う。四国か和歌山か・・・・

今日も結局早仕舞。遠いが奇麗な方の温泉に寄って帰ることにする。
温泉の帰りにも湖の波は収まっていなかった。このまま今年は終わってしまうのか・・・


三日目
11h3a
天気は大分持ち直してきた。
今日はクラブのミーティングでもある。皆が集合するイブニングまでに
湖の状況が好転すれば良いのだが・・・・
11h3b11h3c
ハッチもライズも一日目とさほど変わらなかったように思うが釣れたのはお子様アメマスが二つ。
それでもアメマスが釣れただけでも幸運だったみたいだ。
天候も大分回復してイブニングのスピナーフォールを待つ面々。
この日はいつもより早い時間から沢山のスピーナーが水面に落ちたのだが
緩い向かい風が影響したのか鱒が近くに寄ってくる気配は無かった。

最終日
11h4a
天気は回復したが、ドピーカンの無風も釣りにはちょっと厳しい。
ただ、昼には釣り場を後にしなければならない為、結局、屈斜路湖に刺さることにした。(無精でね〜)
ハッチはまばら、ライズもかなり沖。それでもその方向に投げてボケ〜とほっとくと
45cmくらいのアメマスが来てくれる。
昨晩思い切って写真の撮り方について常連のプロの方にレクチャーをお願いしてみた。

一日目に釣れた魚の写真がどうしても死体にしか見えない・・・臨場感が”0”なのだ。
皆にみてもらうと、瞳孔開いてる・・・、漁協で?とか散々ネタにされてしまう。
生き生きした写真を撮るコツはいろいろあるみたいだけれど、
ブレないだけで精一杯の私にはどれも気にしたこともないことばかり、道は長い。

寝かさないこと、伸ばさないこと、撮る角度を変えていっぱい撮ることetcを伝授され
実践してみるが、グネッと一っ飛びで帰って行かれてしまいました。修行あるのみ。
11h4b11h4c
その後、もう一匹同型のレインボウを上げて気分良く湖を後にしました。
11h4d11h4e
今年はどの釣り場に行っても感じる季節の遅れがやはり北海道にも感じられた。
モンカゲのハッチは終わってスピナーフォール全盛の時期がいつも6月最終週であったはず。
ことしはモンカゲのハッチは始まったたばかり今真っ只中という感じ。
ただ、昼間からずっと湖にささっていられるハッチの季節は結構好きです。
去年は夏のように暑く、今年は早春のように寒かった、さて来年はどうなることだろう・・・・
もう、来年が楽しみで仕方がない。

鱒や&常連の皆さん今年もありがとうございました。来年もよろしくです。
そして、s山さん、今年もありがとう!
全日程ボウズ無しの幸運をお裾分けしてもらい今年も十分楽しむことができました。
来年もよろしく!魚群探知機s山!

ffm_fox1960 at 23:59コメント(6) この記事をクリップ!

2011年06月13日

春の岐阜

所属するクラブのミーティングが岐阜・富山をまたがって開催された。
年中行事のように参加するミーティングでもある。

まず岐阜の集合場所近くの川端にある道の駅に集まると
昨日の雨のせいで目的の河川は増水気味。
もう少し下流に下がって雨の影響が少ない地域に行ってみる。

天候のせいか活性は低いが奇麗なアマゴが姿を見せてくれた。
jm2011a

この後、岐阜を諦め富山の川へ向かうことにする。
どうせ宿もあちらなのだし、この時間ならイブニングの前に少し釣りができる。
jm2011bjm2011c
今年初めての岩魚、こちらも増水と低温にて活性は低いのだが
なじみのポイントは、いやいやながらも相手をしてくれた。
最後にはプールでライズする良サイズを釣ることができ満足満足。

どうも今年はどの河川に行っても季節の訪れが遅いようだ。

翌日

一度はダムを超えて最上流へ向かうが、生体反応が感じらず早々に退散。
aoyamameさんの案内で、連休に一度行った富山にほど近い本流へ寄って帰ることにした。
jm2011d

ここも活性は高くは無いが生体反応が時々感じられる。
散発のライズを狙っていると、フライの回収時フラフラとくっ付いてくる魚が居る
もう一回打ちなおしてフライを沈めてからテンションを解放してふわっと水面にフライを浮かしてみると食ってきた。
ほぼ、反則の一匹。その後、散発の主を散々狙ってやっと一匹。
jm2011ejm2011f
残念なのは、取れなかった2バラシ1スッポヌケ。逃した魚は大きかった。

幹事のnobuさん、案内をして頂いたaoyamameさんありがとうございました。
本流はリベンジが必要ですね〜


ffm_fox1960 at 23:00コメント(0) この記事をクリップ!

2011年05月05日

2011春の連休(3日目)

gw11c2

連休も終盤に差し掛かり、帰りの渋滞が心配になってくる。
そこでそんな心配が少ないホームリバーまで戻っておくことにした。

高速が繋がったことにより岐阜で最寄りのインターから乗って
ホームリバー最寄りのインターから降りる。楽になったもんだ。
距離は結構あるけど時間と疲労は少なくて済む。

ホームリバーではここのところ釣りをしていない。
4月半ばに来た時は暴風で一振りもせず、その後も来ていない。

5月と言えば春のハッチが終わりそうな時期だ、季節の進みが遅いとは言え
どんなものだか、どうしても確かめておきたかったんですよね〜
gw11c1

結果と言えばハッチはまだまだこれから。下流域ですらマダラがハッチしていました。
コカゲロウが10時ころから出始めて昼にはマダラが混ざり始め、2時ごろまでハッチは続きました。

昼前に合流してきたS山CPと
ひとつのプールでヤマメのライズに遊ばれ釣果は一匹のみでした。
フライを巻いて出直さなければ・・・

結構楽しい連休でしたね〜
皆さんはどう過されましたか?

ffm_fox1960 at 22:24コメント(4)釣行記 この記事をクリップ!

2011年05月04日

2011春の連休(2日目)

gw11b1

2日目
今日は昨日とは違って快晴、少し暖かい。
釣りにとってはマイナスか・・・

まず寝ていた道の駅近くの上流部へ向かう。
土手の桜が満開で春らしい雰囲気を盛り上げてくれます。
赤い橋のたもとで釣り券を仕入れて、あいさつ代わりに叩いてみることにした。
gw11b2
200mくらい叩いてやっと一匹。
9時を過ぎるともう昨日の場所が気になって仕方が無い。
今日もあんぱん、オニギリ、お茶を仕入れて下流へ向かうことにする。
gw11b3

10時過ぎには到着。
さすがに今日は無理か・・・と思いながら河原に降りると
少ないながらもライズはある。だけど昨日と同じフライを流しても一向にアタックが無い。
水面を見ていても昨日のようなガガンボのハッチが見られないことに気がついた。
でもライズはある。こうなりゃ見に行くしかない!とライズを潰す覚悟で奥まで立ちこんで見てみる。

見えちゃいました。
#20以下の白っぽいメイフライがぽつぽつ流れて
そしてそいつを下からついばむようにヤマメが出てきています。
天気が違えばハッチも変わる。当たり前のことがすぐ思い付かない。
パラダイスぼけです。

これに気がついてからは、パラダイス再来!(20%ダウンかな?)
gw11b4gw11b5

3時半を過ぎると昨日と同じように、ぱったりとライズは終わる。

この後上流にイブニングをやりに行く為、移動です。
今日はこの後関東方面に移動しますので少しでも近くに行こうという算段です。
gw11b6

赤い橋の下で日が山に隠れたころ良いライズを発見しました。
3投目くらいでゴボッと現れました。

出た瞬間は尺イワナ(嬉)と思ったけれど、とにかくよく走る。
姿が見えたときには納得。ニジマスです。45cmの虹にて締めくくりました。

岐阜の本流ありがとう!

ffm_fox1960 at 23:00コメント(2)釣行記 この記事をクリップ!

2011年05月03日

2011春の連休(1日目)

gw11a1

今年のGWは旗日3連のド真ん中に単独放浪してまいりました。
ここ何年かは連休初めに立川の御隠居と出雲に行ったり岐阜へ行ったりと
単独放浪では無かったのですが、あまり前評判の良くない岐阜の本流を目指すことにしたのと、
ド真ん中釣行で渋滞も・・・と考え、お誘いもせずの釣行となりました。

1日目
天気は曇り、多少寒い感じです。
深夜に家を出たのですが途中積雪凍結注意との表示にビビって
平野を迂回したため、到着は昼がやっとです。
二か所も事故渋滞にはまってしまいました。(泣)

川に着いてみると、どのポイントにも釣り師の車は無し・・・
一番好きなだだっ広いプールにも誰もいない。
高くなった道から堰堤の上のところを見ていると怪しい飛沫発見。でも風が強いからな〜
でも周りを見回してみると、ツバメ、セキレイが結構飛んでいる。

慌てて車に戻ってコンビニへ走る。
釣り券とあんぱん、鮭のオニギリ、お茶を買ってすぐ河原へ降りていく

ベストを脱いでコンビニの袋を石の上に置きウェダーのサスペンダーを調整していると、
やっぱり変な飛沫がある。ちょっと顔がホコロビかけたとき
ガサガサって音と伴にあんぱんが飛んで行った。
黒い影と一緒に。

カラスです。カラスにあんぱんを持って行かれました。
ついてないな〜、パッケージも何処かでゴミになっちゃうし・・・
すぐ残っているオニギリを食べてお茶を懐に仕舞って川に入る。

飛沫はやはりライズです。
水面をガガンボが舞っていました。

gw11a3gw11a2

そこから4時前までライズを見つけては釣り、見つけては釣りの切り返し。
何時ぞやのパラダイスを思い出しながら釣り続けました。
gw11a4gw11a5

あのパラダイスはaoyamameさん、aoyamameさんの御友人と3人で味わいましたが
今回は一人っきり。おのずと釣果は3倍です。

平均は25cmくらいでしょうか、去年の魚ではないかと思われる
鰭の育ったものも結構混じります。
一番大きかったのがギリ尺行かないってところですが
遠くから狙うのと、引きが強いのが重なって、手がブラブラです。

皆さん、すぐ行ってください。




ffm_fox1960 at 23:00コメント(4)釣行記 この記事をクリップ!

2011年04月15日

そろそろマダラでも・・・

k415

そろそろマダラでも出てるんじゃないかと色気を出して出動です。

今回はOK氏にも声を掛けたのですが、残念ながら予定あり!単独釣行です。



結果:暴風にて竿も出さずに帰って来ました。残念!
これも釣りですかね〜

ffm_fox1960 at 23:00コメント(0)釣行記 この記事をクリップ!

2011年04月08日

釣り再開!

被災された皆様の一日も早い復興をお祈りしております。

震災から早一ヶ月、いろいろな事がありましたが釣りに行く気分になって来ました。
手始めにホームリバーから再解禁です
k408

天気は小雨混じりの曇りです。
例年ならスーパーハッチを期待できる天候なのですが・・・

ただ、ちょっと寒い。そこが気になっていました。

4月に入っていることもあり大堰堤の上流へ入りました。
異様に水が少なく対岸へも自由に渡れるほどです。

10時ころ、手前の緩いところに気の早いライズを発見。
ガガンボに似せた#17を流してみると元気よく出て来ました。
その後、ガガンボとコカゲロウのだらだらハッチが2時近くまで続きましたが
ライズはずっと散発のまま。
k408bk408c

それでもモグラ叩きを繰り返すうち3匹追加でき、合計4匹。
まずまずと言わなければならないか・・・


ffm_fox1960 at 23:00コメント(0)釣行記 この記事をクリップ!

2011年03月05日

祝!解禁2011

k0305

今年は長柄川への遠征も行わなかったのでこれが正真正銘の解禁です。
ホームリバーへ3月最初の土曜日に出かけました。

今年は、三重のOK氏が単身赴任で東京住まいとなっていて
釣りにも行っていないとのことなので誘ってみることにした。
k0305bIMGP0005

解禁直後週末にしては川に人が少ない・・・
どうも季節の進みが遅いようです。河原の色合いも例年ならもう少し緑があるような・・・
昼近くになって多少ガガンボが流れ始めるが魚の気配は全く無し。

夕方まで上に行ったり下にいったり、最後には地元のO氏と合流して大堰堤の直下に行ってみると
ミッジに対してポヨ〜ンとしたライズを発見。
しつこく狙っていると#21のCDCミッジに出てきました。
やっと一匹です。この後S山CPとも情報交換。下流も活性無しとのこと

川の季節はまだ浅いのか?・・・・
どうやら今年は厳しそうな予感です。



ffm_fox1960 at 16:48コメント(0)釣行記 この記事をクリップ!

2010年09月26日

秋の北陸

6月の末に釣りをして以来久々の釣りです。
忙しさもあったのですが、夏の暑さにやられてしまったのが
本当のところです。
ですので、解禁直前の23日から3日間北陸に出没してまいりました。
出発前には強い雨が北陸に降っているとのこと・・・ちと心配
IMGP0016

ダムとダムに挟まれて堰堤が流れを区切っていますが
多くの雨の後でも水は澄んでいます。
イブニングに間に合う時間に家を出て16時に現地到着。
用意をして、エントリーを明るいうちに確認。
念のため、5Xを結び直して待っていると
#20くらいのコカケロウがハラハラ舞いだし期待が膨らみます。
IMGP0017F1000309

続いてガガンボや大きなカゲロウが出てくるころになると
ライズ発見です。ライズ直後にフライを落とすとあっけなく釣れてきます。
素直でいいな〜

3匹くらい釣ったころから、出るのが早くなってきたりすっぽ抜けたり。
ん〜学習力有るじゃないの!!
結局5時半くらいまでの間に20〜23cmくらいのを5匹釣って終了。
一匹釣れればいいか?って感じだったので大満足。

二日目は堰堤で区切られている区間を登ったり降りたりしながら
2kmくらい釣り上がりました。
急に寒くなったのがいけなかったのが、秋だからなのか
5回反応があって2匹釣れただけで終了。
ただ、ここのところ出張続きでカチカチだった体が疲れと共に
ほぐれて来た気がします。やっぱり動かないと駄目ですね〜
F1000301F1000303

夕方は他のところを探すのも面倒だったので昨日のところへもう一度。
ちょっとナーバスでしたがまた6匹釣れて、不思議な気持ちに。

三日目はaoyamameさんに連れられて一山向こうの川に移動です。
閉まっているゲートを超えて釣り上がりました。
やはり水は綺麗なのですがちょっと増水ぎみです。
緩いところを探して流すと時々挨拶にきてくれます。
ここでは、8匹釣って尺一匹。素晴らしい締めくくりになりました。
F1000306

途中同じく北陸徘徊中のふくちゃんにも再会し来年もよろしく!と
年末のご挨拶。aoyamameさん今年もお世話になりました。
ありがとうございます。またよろしくお願いします。

ffm_fox1960 at 13:58コメント(5)釣行記 この記事をクリップ!

2010年07月01日

初夏の北海道2010

F1000265

今年も恒例の初夏の北海道へ行ってまいりました。

何故か今年は飛行機を降りたとたんに”暑っ”と来た
夏の日差しです。なんかいやな予感・・・

それでも車から屈斜路湖が見えてくると気分は上々です。

IMGP0001

初日のイブニング、スピナー、ハッチともたんまりです。
ここ何年かで一番じゃないでしょうか。
ライズもてんこ盛りなんですけど、ウグイも半端じゃない数。

いいサイズのさかなを狙ってフライを落とすのだけど、本命がくる前に
ウグイがきてしまいます。泣ける・・・

結局、本土でも相手にしたくないくらいのサイズの虹鱒1匹、25cmの
アメマス1匹で終了。宿に戻るとウグイ番長だらけで夕食時にも話題沸騰。

IMGP0002


今年は出発日にW杯デンマーク戦があったせいで3時起きの2時間睡眠
その次の日が1時までウグイを肴に盛り上がって3時起床で湖詣です。
結構つりが好きなんだな・・・

いつも、もしかしたら・・・って思って朝の湖に行くけどライズのあった試しなし
今年も・・・と思っていたらポツリポツリとライズがある。
よく見るとスピナーが朝になって落ち始め、ハッチもはじまっている。

慌てて、ライズに向かってキャストすると
IMGP0004

平均サイズのアメマスをゲット。
早起きは三文の何がしを初めて実感。もう少し早く来ればよかったか・・・
4時過ぎにはなんとなく終了。5時はもう昼を思わせる暑さです。
IMGP0010

この暑さでは湖はきつい、S山さんを西別川に連れて行くことにする。
ちびっ子を釣って、ちょっと気分を味わっただけですぐ退散。アイスクリームを買いに走る。

イブニングには今日行われるクラブの北海道ミーティングに参加の面々で
湖畔が埋まっていく。ただ、波風がすごい。
あきらめかけたころ湖面は何事も無かったかのように静かになった。
ところどころでライズが始まり竿もまがっている。何故か今日はウグイが来ない。

IMGP0008

大きなライズを狙ってブラックSPダンを投げ込むと今年のBIGONEが来た。
50ちょっとのアメマス。昨年に続いてピンボケ・・・
その他アベレージサイズのアメマスを2匹釣って短いイブニングは終了。

IMGP0011

3日目は昨日ほどのライズは無かったけれど40くらいの虹鱒が来た。
小さいアメマスもいくつか釣って終了。
ほぼワンチャンスだったので贅沢は言えない。
昼間の暑さが状況を日に日に悪くしているようです。

4日目はとうとうウグイをいくつか釣っただけで、全面的に壊滅状態。

最終日は川に寄って帰ることにしたがこれも同様に活気が無い。
3人で各自1匹、汗を沢山かいて終了です。

IMGP0014

ただ、最後の1匹が虹鱒なのに斑点のまったく無い銀化のような固体。
30cm程度の虹でしたが写真に撮っておきました。

ミーティングの幹事さんありがとうございます。
また来年もよろしくです。

来年こそBIGONEをピントぴったりで残したい。
デジカメを新調しようかな・・・・




ffm_fox1960 at 23:00コメント(3)釣行記 この記事をクリップ!
Recent Comments
訪問者数

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)