2022年08月30日

出羽三山巡り③番外(山寺)


四日目は、山寺(立石寺)です。

1

駐車場を探しながら橋を渡ったら呼び込みをしていたので、そこに停めました。

2

駐車場の人にあれが五大堂だと言われました。 駐車場から見えるんですね!

3

山寺の登山口に着きました。

4

では、今日も1015段の石段登りをしましょう。

5

6

7

ここから階段が始まります。

8

羽黒山の石段より高さがあります。

9

10

11

せみ塚です。 本当に蝉が鳴いていました(^o^)

12

13

仁王門です。

14

15

16

17

18

五大堂です。

19

20

結構、高いです。 良い景色ですね。

21

22

23

もうひと登り!

24

25

奥の院です。

26

御朱印を頂きましたので下山します。

27

28

上から見るのも面白いですね。

29

30

31

32

戻って来ました。

33

3.4

お昼は、芋煮にしました。

帰りの東北道で事故があり通行止め区間が有ったので手前で降りて一般道で事故区間を迂回したのですが、大渋滞でした。 
やっと高速に乗ったらすでに開通していたという高速あるあるのパターンでした。 
しかも途中4回もドシャ降りに会い結構大変な帰りでした。

Image1





2022年08月29日

出羽三山巡り②(月山)


三日目は、 死後の安楽と往生を祈る山(過去)月山です。

リフトを使う志津口コースで行きます。

1

姥沢駐車場に着きました。まだあまり停まっていません

2

リフト乗り場まで少し歩きます。

3

4

リフト乗り場が見えて来ました。

5

6

帰りに山バッジを買って帰りましょう。

7

ガスってますね! 上はどうかな?

8

9

やはりガスってます。 晴れることを期待です。

9-1

10

この分岐を姥ヶ岳へ向かいます。

11

12

ニッコウキスゲが、かろうじて咲いていました。

13

14

15

16

晴れていれば綺麗な所なんでしょうね!

17

18 
姥ヶ岳山頂ですが、やはり真っ白です。

19

20

先に進みましょう!

21

22

ガスが切れると景色は素晴らしいですね。

23

24

少し下ります。

25

湯殿山神社からの合流地点です。

26

ここから登りです。

27

28

29

秋の紅葉は、素晴らしい景色になるのでしょうね!

30

振り返っても良いですね!

31

32

33

道は歩きやすいです。

34

35

36

牛首です。 ここから登りが続きます。 コースタイムは60分です。

37

38

39

石がゴロゴロの登りが続きます。。

40

歩いて来た道がズート見えています。

41

雄大な景色です。

42

44

45

46

ここまで来るとあと少し

47

47-1

最後の登りです。

48

49

登りきったら月山神社が見えましたが急に風が強くなりましたので一枚羽織ましたが、羽織るのも風でパタパタして袖を通すのも大変でした。 
帽子も飛ばされそうなので脱いで仕舞いました。

50

51

52

ここから撮影禁止です。 お祓い受けて参拝し御朱印を頂きました。

53

では山頂へ向かいます。

54

着きましたが、また真っ白になってしまいました。

55

56

風も強いので少し下って風の少ない所でお昼にします。

57

宿で作ってもらったお弁当です。 山は梅干のおむすびが最高ですね。

58

では、下山します。

59

60

61

62

63

やはり下山は太ももに地味にきますね。

64

エ~ッ! ここでまだ半分なの!

65

66

少し疲れてきたけど景色が良いので大丈夫です。

67

68

69

姥ヶ岳への分岐まで戻って来ました。

70

あと少し!

71

下は良い天気で青空です。

72

73

74

無事に戻って来られました。

Image1




2022年08月28日

出羽三山巡り①(湯殿山 羽黒山)


前から行きたかった「生まれかわりの旅」の出羽三山に行って、御朱印を頂いて来ました。

東北道で行った方が早いのですが、行きと帰りも同じ道だとつまらないので行きは、関越から日本海東北自動車道で行きました。

一日目 行きと湯殿山です。

1

海なし県に住んでいるので海を見るとテンションが上がります。

1-1

朝が早かったので「道の駅 あつみ」で2回目の朝食というか早めの昼食というか・・・
を食べました。



回る順番が違うかも知れませんが、まずは、生まれ変わりを祈る山(未来)の湯殿山から・・・

2

大きな鳥居です。

3

1kmの道を歩いて登りました。

4

5

6

7

もう少しあるかなと思ってたのですが、思ってたより近い感じで着きました。

10

バスも有りますので山道を歩かなくて行けます。

8

9

湯殿山神社本宮は、「語るなかれ」「聞くなかれ」と口外することは固く禁じられており撮影も禁止なので
ここから先の事は言えません!(;´^_^`)

11

帰って来ましたが、  あ~ぁ! 言いたい、言いたい・・・でも言えません!    言えるのは、「良かった〜! と言う事だけです。」



二日目は、現世の幸せを祈る山(現在)羽黒山です。

12

今日は、生憎の天気で宿を出て直にドシャ降りになり、途中から止みましたが傘を持っての石段登りになります。

13

14

15

さあ~! 出発です。

16

まずは下ります。

17

18

祓川です。ここで清めて登ったそうです。

19

2446段の石段を頑張りましょう!

20

21

爺杉です。

22

見たかった五重塔です。 ここまでは、わりと近かったです。

23

24

25

さあ! 気合を入れて行きましょう!

26

27

二の坂です。

28

二の坂茶屋で一服して行きます!

30

ここで「力餅」を食べながら景色を楽しみます。

29

飛島も見えました。山形唯一の島だと茶店で教えてもらいました。

31

さあもう一頑張り・・いや二頑張り・・三頑張りかな~!

32

33

少し平らな所もあり一息付けます。

34

三の坂です。

35

36

37

もう少しの所で雨が降り出しました。

38

39

着きました。

40

三神合祭殿で月山や湯殿山は冬は雪で行けないので月山・羽黒山・湯殿山の三神が祀られています。
ここで参拝すれば三神をお参りしたことになるようです。

41

42


御朱印を頂きました。

43

44

45



月山は、明日行きますが志津口コースで行きます。月山八合目登山口には弥陀ヶ原湿原があります。
湿原は好きなので行って見たかったのですが、今回は予定に入っていなかったのですが時間があったので少しだけでもと行って見ました。

46

着いたらガスで真っ白です。 雨も少し降っているので傘をさします。

47

傘をさしているので滑らないように慎重に・・ 慎重に・・!

48

御田原神社まで15分くらいなのでそこまで行こうと思っていたのですが、雨も風も強くなり傘をさしていられない
程になったので途中で引き返しました。 天気の良い日にゆっくり散策したいですね。

49

50

さあ~! 明日は月山です。

Image1




2022年08月16日

武甲山


秩父の武甲山へ行って来ました。

1

一の鳥居駐車場に停めて御嶽神社の表参道で登ります。

2

トイレの横が登山道です。

3

少し行ったら、三丁目の石がありました。 全部で五十二丁目だそうです。

4

登山口まで沢沿いの道を行きます。 結構大変です。

5

登山口まで来ました。 ここまで舗装道でしたがここから本当の登山道になります。

6

今日の予報は、35℃くらいになりそうです。 林の中なので直射日光の
ジリジリ感はありませんが、やはり暑いです。

7

8

不動の滝です。 涼しいです。

8-1

山頂トイレの水を運ぶ協力ですが、2Lのペットボトルなので申し訳ないですが、
パスさせてもらいました。 軟弱者ですいませんm(_ _)m

9

10

11

ハ~イ! 頑張ります!!

12

13

なかなか良い感じです。

14

15

16

17

18

二十六丁目です。 半分来ました。

19

20

21

22

大杉広場です。

23

木だけだと大きさが分かりませんが、立派な大杉です。

24

25

26

だんだん石が出てきました。

27

28

29

30

もう少しです。

31

着きました。

32

まずは参拝をします。

33

五十二丁目です。

34

御嶽神社です。

35

山頂へ行きましょう!

36

やっと着きました。

37

秩父の町並みが一望出来ます。

38

日陰に行ってお昼にしました。

では下山します。

39

40

大杉広場まで戻って来ました。 途中、少し滑ってしまい踏ん張ったので変な力が入って
しまい太ももが攣りそうになりました。

41

42

水は、いつもはペットボトルを2本なのですが今日は3本持って来ましたがギリギリでした。
いまさらですが、夏は水はタップリ持たないとですね!

43.

下山の途中から足が攣りそうになったり、足が張ってしまいヨタヨタとやっと戻って来ました。 
いつも以上に汗をかいたのも原因でしょうか! 
とにかく無事に帰れて良かったです。

Image1




2022年08月06日

破風山


皆野の破風山へ行って来ました。

1

満願の湯の上の「ふれあい広場駐車場」に車を停めました。

2

日野橋登山口まで舗装路を歩きます。

3

コースタイムは35分です。

4

集落を過ぎると、すぐ左側に登山口が有ります。

5

登山者調査のカウンターを押します。

6

連日の猛暑と雷雨のおそれの予報が出ていたので曇りで雷雨の可能性が低い日を選んできましたが、ジメジメしていて蒸しています。

7

木々の中の道ですので直射日光は当たらないので晴れの日でも良かったかも・・・
結局、蒸しているので汗でビッショリになってしまいました。

8

9

モヤが掛かって良い感じです。

10

11

12

この階段を登ると「猿岩」です。

13

登れるようですが、軟弱なのでやめます。

14

ここまで来れば、休憩所は、もう少しです。

15

16

休憩所に来ました。 山頂まで「0.2KM」の標識がありました。

17

少し狭い所もあります。

19

着きました・・・・

20

もしかしたらと思っていましたが曇っていて何も見えません・・・  展望が良い山との事ですが残念です。(ノд・。) グスン

21

しょうがないので、下山しましょう!  札立峠に向かいます。

21-1

なかなかの急な下りです。

22

23

札立峠に着きました。

24

25

水潜寺に下ります。

26

最初は木々の中の良い感じの道でしたが・・・

27

沢の中を歩いているようで結構大変でした。

28

29

やっと着きました。 秩父札所の34番です。

30

では、少し寄って行きましょう。

31

32

家内安全と宝くじ高額当選をお願いしました。(^^;。

33

34

一般道へ出ました。 バスも有るようですが歩いて帰ります。

35

コースタイムは25分です。

36

戻って来ました。

37

では、お風呂で汗を流して帰りましょう!

Image1




2022年07月25日

奥日光 湯川釣行


湯川へは、いつも解禁早々に行っていたのですが、今年は、なんだかんだで遅くなってしまい、やっと行って来ました。

1

いつも遊魚券は、赤沼茶屋で買うのですが、始めて湯ノ湖で買いました。

2

3

橋の上の瀬をドライで流しますが反応が有りません。

4

その下でニジマスを発見! これもドライには反応しないので沈めて釣りました。
ニジマスだけど一匹釣れたのでまたドライに戻します。

5

8-1

最初のブルックは、小さかったけど釣れるまでに結構時間が掛かってしまいました。
でもドライで釣れたので良しとします。  小さいけれどもこれで一安心!

66

それにひきかえ同行者は良く釣っていました。

7

8

そこそこ釣れるのですが、サイズが、なかなか上がりません。

99

10

夏なのに紅葉?しています。

11

12

最後に良いのが出てくれました。




2022年07月08日

川の駅 C&R区間


久し振りに釣り仲間と三人で上野村の「川の駅のC&R区間」へ行って来ました。

1

久し振りに行ったら渓は、もうすっかり夏でした。

2

3

44

そんな暑い中でも「ハコスチ」が、しっかりフライを咥えてくれます。

55

6

この時期、餌が少ないのか全体的に細かったです。

7

8

それにひきかえ「ヤマメ」は、中々出てくれません! 夏ヤマメ一里一匹とは良く言ったものですね!



2022年07月05日

雄国山 雄国沼ニッコウキスゲ


二日目は、雄国山に登りその後、雄国沼にニッコウキスゲを見に行きます。

1

雄子沢登山口から行こうと思っていたのですが、二日目で少し疲れているので軟弱者は雄国萩平駐車場から・・・

2

3

シャトルバスで金沢峠に行きます。
着いたら丁度バスが出てしまい次のバスまで、まるまる35分待ってしまいました。

4

25分のバスの旅です。 結構登って来ました。

5

展望台から見てみます。 まだまだ見頃のようです。 ではお楽しみは、後にとって置いて・・・

6

まずは雄国山へ行って来ます。

7

トイレの脇の道を下ります。

8

9

10

しばらく歩くと雄国沼休憩舎に着きます。

11

中も綺麗です。

12

13

少し雄子沢登山口方面に行くと・・・

14

雄国山と雄子沢登山口方面の分岐があります。

15

林の中を進みます。

16

木々の間から雄国沼が見えました。

17

尾根に出ました。振り向くと雄国沼がズート見えて景色は良くなります。

18

19

20

21

あと300mです。

22

23

磐梯山も見えました。

24

この先が山頂です。

25

着きました。

26

27

展望台には登れないようです。

27-1

では、下山して雄国沼へ向かいましょう!

28

29

30

31

32

雄国沼休憩舎まで戻って来ました。

33

ここから雄国沼までがダラダラ長いです。

34

左へ行きます。

35

着きました。順路の右側から回ります。

36

37

おおっ! まっ黄色です。

38

39

やはり雄国沼のニッコウキスゲは凄いです!

40

41

42

43

44

お腹が空いていたけどお昼は、ここで食べようと思い我慢して来ました。

44-1

先程登った雄国山を見ながら、この景色の中での「おむすび」は格別です。

45

46

47

48

49

50

51

52

では、名残おしいですが戻りましょう!

53

この登りは最後の頑張りですね!

54

最後に展望台より眺めます。

55

56

57

戻って来ました。

58

帰りに「道の駅 裏磐梯」で山塩ソフトを食べました。 
塩味が結構イケマス。 美味しかったです。

Image2




2022年07月04日

一切経山 魔女の瞳を見てみたい!


前に浄土平に行った時は、噴火警戒レベルが高くて浄土平から一切経山へは登れませんでしたが、去年知ったのですが数年前から
登れるようになったようです。それなら是非「魔女の瞳」を見たいと思いました。

1

東北道の福島西で降りて磐梯吾妻スカイラインで浄土平へ向かいます。

3

浄土平へ近づくと景色は一変します。

2

4

5

6

浄土平に着きました。 車はそれほど停まっていませんね。 何組かの方々が支度をしていました。

7

それでは出発しましょう!

8

木道を進み・・・

9

小川を渡り・・・

10

湿原の周回コースから分かれると林の中になります。

11

天気は良さそうなので、見えるかな~! 見たいなぁ~!

12

だんだんと急になってきます。

13

14

15

16

暑いというか蒸しているというか、結構こたえます。

17

18

19

20

吾妻小富士の火口が見えます。

21

ここを越えると

22

23

平らな気持ちの良い所へ出ました。

24

25

酸ヶ平避難小屋・一切経山と鎌沼の分岐です。

27

帰りは左側の鎌沼経由で帰ります。

26

先ずは右側へ行きます。 酸ヶ平避難小屋は分岐からすぐです。



28

ここでチョット一息入れます。

29

ここからまた急になります。

30

振り向くと絶景ですね!

31

32

34

登山道ではないですが、まだ雪が残っている所も有ります。

35

あと600mです。

36

37

ここまで来たら急にガスが出てきました。着いたら真っ白で何も見えないのはイヤだなと思っていたら降りて
来た人が、ここはガスっていても上は綺麗に見えますよ!と言ってくれたのでラストスパートをかけます。

38

山頂が見えて来ました。

39

40

41

山頂へ着きました。  さあ見えるでしょうか!

42

綺麗に見えました。 「魔女の瞳」です。 
ああ良かった! ガスって来たので心配してしまいました。

43

魔女の瞳を見ながら昼食にしましたが、途中ガスって真っ白になった時も有りました。

44

皆さん満喫しているようです。

45

46

団体さんのリーダーの方が雷予報が出ているので下山しましょうと言う声が聞こえました。 これはヤバイですね。

47

では、そろそろ下山しましょう。

48

49

50

51

52

53

鎌沼へ向かいます。

54

55

鎌沼に着きました。 中々大きな沼ですね。

56

57

58

59

60

61

62

62-1

63

64

ここで少し休憩しましたが、時々ゴロゴロと音が聞こえますので早く戻りましょう!

65

66

ここからも結構急な下りが続きますが階段の所は非常に楽です。

67

69

駐車場が見えて来たら、雨がポツポツ落ちて来ました。

70

車に着いたらドシャ振りになりました。 ギリギリセーフでした。

---明日の雄国山へ続きます---

Image1




2022年06月25日

縞枯山~茶臼山  三峰山


縞枯山には、去年の秋に行こうと思っていましたが思わぬ雪が降ってしまったので違う山へ行った。 
次に今年の5月の下旬に行こうと思ったらまだ登山道に雪が残っているようなのでまた、違う山へ行った。 
そして今回、3度目の正直でヤット登れました。

1

ロープウェーイで山頂駅へ

2

3

山頂駅は、ガスの中でした。

4

天気予報では、下界では30度超の予報ですが、こちらは風が強いです。
強いどころか凄い強風です。
縞枯山とは相性が悪いのかな~! なんて思っちゃいます。

5

6

縞枯山荘もガスの中です。

7

笹の中の木道を行きます。  気持ち良く歩けます。

8

雨池峠の分岐を縞枯山方面へ

9

ここから本格的な登りが始まります。

11

12

なかなかの急登です。

13

14

15

強い風の音が聞こえ薄暗い木々の中で一人の登山者とも会わないと少し不安に
なって来た時に二人連れが登って来ました。 なんか安心しますね!

16

標識が見えました。 さあ! もうすぐです。

17

縞枯山へ着きました。 展望が無いので展望台へ向かいます。

18

少し開けた所が有りました。

19

20

21

22

縞枯現象が現れて来ました。

23

24

茶臼山へ行く前に展望台へ寄って行きます。

25

26

展望台に着きましたが、風が強いので早々に退散します。

26-1

27

28

29

茶臼山へ向かいますので鞍部まで下ります。

30

31

鞍部まで下って来ました。 これから茶臼山までまた一登りです。

32

33

また縞枯の中を進みます。

34

35

縞枯山より、こちらの道の方が苔が多い感じですね!

36

37

写真で見ると青空で良い日に見えますが、本当は凄い強風です。
強風で木が揺れると根元の土が上下に揺れて倒れそうです。

38

もう少しです。

39

茶臼山へ着きました。 展望台へ行って見ましょう!

40

41

見事な展望です。 もっとユックリ展望を楽しみたいところですが、強風で時々身体が煽られてしまいます。

42

43

44

先程の鞍部まで下って五辻方面へ向かいます。

45

この道も岩がゴロゴロしていて歩き辛らかったです。

46

五辻まで来ました。 あとはロープウェーイ駅に戻ります。

47

もう急登は有りません。

48

49

木道をのんびり歩きます。

50

51

あとロープウェーイ駅まで30分です。

52

53

54

駅が見えて来ました。

55

着きました。

56



---- 二日目 ----

57

今日は、三峰山です。 
こちらも去年の秋に行くつもりでしたが、ここに着いたら雨とガスで真っ白だったので止めた山です。

58

ヴィーナスラインを通るたびに気になっていた山です。

59

道を渡った所が入口です。

60

ここからだと30分のプチ登山です。

61

今日も昨日に負けない程の強風です。 しかも遮る物が無いのでもろに風を受けてしまいます。
帽子を車に忘れて来てしまいましたが、忘れて良かったです。被っていたら絶対に飛ばされたでしょう!

62

63

64

65

天気の良い風のない日に歩きたいですね。

66

67

良いですね~! (風が無ければ (^^;。)

68

着きました。 
丘のような感じですが山頂からの景色は良いですがカメラを持つ手が風に煽られてプルプルしてしまいます。。

69

70

諏訪湖です。

71

向こうに王ヶ頭

73

72

74

絶景です!  のんびりコーヒータイムをしたいところですが戻りましょう!

75

では、そろそろ下りましょう!   

75-1

次に美ヶ原へ向かいます。

81

76

物見石山までは行きませんでしたが、レンゲツツジ群生地へ行って見ました。

77

78

79

80

82

83

美ヶ原高原美術館はまだ行った事がないので行こうと思ってたのですが昨日と今日の風ですっかりメゲテしまって・・・・

84

お昼を食べて、何処かお風呂に寄って帰りましょう!

Image1