粘土を追加購入してきた際に見つけまして、ものの試しに買ってきてみました。
ようやく使ったので使用感を書いておこうと思います。
まあ、いつから売られてるものなのか分からないので、よそ様でも紹介されてたりするのかもしれませんが、使用感なんていくらあってもいいだろうしね。

作業途中に存在を思い出して、開封前に撮ったので机の上が削りカスだらけです。

DSC_0109s
 
パッケージには左から順に粗目、細目、仕上と書かれており、内容もそれに沿ったものが入っております。今回使用したのが粗目からは#320のみ。あとは細目、仕上は一通り使ってみました。

パッケのイメージ通り、丸みを帯びた部分に使う時すごい便利。
ケープ部分で試してたんですが、紙やすりと違って丸めても折れないってトコロがいい。
凹凸どちらの丸みにも1枚で手軽に対応できるっていうのもいい。
ただまあ、スポンジの厚みがある分細かいトコロには使いづらいというデメリットもあります。
あとは、どれくらいの回数使えるのかっていう耐久性の問題があるんですが、それは今後に期待ということで。


現状の結論、3種1セットくらいならもっと早く欲しかったなぁといったところ。
注意としては、あくまでも石粉粘土での感想であって、スカルピーに対してはまた別の感想をいだくかもしれないという。


肌色成分の多いものを作るときこそ輝くんじゃなかろうか。




毎度のことながらコメントありがとうございます。
アイデアを頂いてから、廃墟だったり海だったり砂漠だったりと、他にもいろんなステージがあるだけに全然まとまらなかったんですけど、実際に作ろうとしてみて諦めました。
今まで作ろうとも思わなかったものを作ろうとしても、フィギュアとの差がありすぎてとても惨めな物に・・・。
今回は素直に本でやってみようと思います。