(東洋経済オンライン)

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

中学や高校の頃を思い出してみてください。クラスや学年でいちばんモテた男子ってどんなヤツでしたか? 勉強はあまりにできないとマイナスハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュすが、すごくできたからってプラスには働かないですよね?

クラブ活動でいうと、科学部、将棋部、歴史研究会……この手の「じっと座ってる系」のクラブで人気者になるヤツは、あまりいません。

天文部って実は、流星観測とかを夜にやるので、意外に女の子にモテたりします。だって、夜道で星空を見ながら、「あれが乙女座のスピカで、となりが牛飼座のアークトゥルス。そこから春の大三角で……」。ちょっとロマンチックですよね。

で、その星座を解説してくれる先輩が、スポーツの部活でけっこう活躍していると、もう「ちょー人気!」になるのです。このスポーツとモテとの関係、いったい何なんでしょう? 結論から言うと、そこには深刻な?男性差別?のメカニズムが存在するのです。


続きは 東洋経済オンライン で

プレアデスシステムデザインは、ラジオカセットレコーダー(ラジカセ)を模した iPhone 5ケース「Freshfiber Boombox for iPhone 5」とカセットテープをモチーフにしたデザインの iPhone 5ケース「Freshfiber Cassette for iPhone 5」を発売した。両製品ともに、3 D 造形独特の立体的なノイズテクスチャ、セミハンドメイドの温かいカラーリングを調和させ、レトロでおしゃれに仕上げたという。税込実売価格はともに、3,980円と見込む。

“よみがえれ!青春”「ラジカセ」「カセット」を忠実に再現した iPhone 5ケース


Freshfiber 靴 通販oombox for iPhone 5は、左右2つの大きなスピーカー、中央のカセットテープ部、AM/FM ラジオの切り替えボタン、アンテナやハンドルなどで、ラジカセを髣髴とさせるデザイン。ハンドルは、引き出すと iPhone 5を支えるスタンドになる。

カラー展開はグラファイトブラック1色。

「Freshfiber Cassette for iPhone 5」。カセットをモチーフにした


Freshfiber Cassette for iPhone 5は、実際に指で回せるリール、半分まで再生されたテープや、「90」と刻まれたテープ長など、カセットテープの特徴をリアルに表現した。リールの上には、お気に入りシンガーの音楽をエアチェックしたカセットテープを連想させる「MIX TAPE」の文字が刻印されている。

実際にリールを指で回せる


カラー展開は、グラファイトブラック、レッド、ピンク、パープルの4色。

スクリーン、四隅の保護も万全


両製品ともに、安全面にも配慮している。誤って iPhone 5を落とした場合にも、フロントエッジプロテクションが守ってくれる。スクリーン面よりケースは若干高く、また四隅にぴったりフィットするカーブのフレーム形状が、スクリーンと iPhone 5全体を最大限に保護するという。素材は強度と柔軟性に優れるナイロン繊維。

 集団的自衛権の行使容認を巡り安倍晋三首相が政府の「基本的方向性」を示したのを受けてハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュ自民党の伊達忠一、民主党の榛葉賀津也の両参院国対委員長は、29日に参院外交防衛委員会で、首相出席の集中審議を行うことで合意した。28日には衆院予算委員会で集中審議が予定されている。

↑このページのトップヘ