<女子ゴルフ:国?地域別対抗戦第1回インターナショナル?クラウン>◇最終日◇27日◇米メリーランド州オウイングズミルズ、ケイブズバレーGC

 初代女王を狙った日本は無念の3位に終わった。1次リーグB組首位で決勝進出5チーム中トップの8点でシングルスに臨んだが、勝ったのは宮里美香(24)だけ。宮里藍(29)横峯さくら(28)比嘉真美子(20)は敗れ、1勝3敗で2点しか獲得できず、通算10点で韓国と並ぶ3位にとどまった。4選手全勝のスペインが通算15点で優勝を飾った。

 ダブルスの1次リーグで首位に立った日本ハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュ、シングルスで逆転を許した。ライバル4チームの代表1人ずつと当たるマッチプレーで、勝ったのは3番手で出た宮里美だけだった。

 満を持した作戦が吹っ飛んだ。絶好調の横峯は世界ランク9位の韓国?柳簫然に、飛距離のある比嘉はスウェーデンのパワーヒッター、A?ノードクイストに、リーダー役の宮里藍は勢いに乗ると怖いスペインのA?ムニョスに-。ところが、頼れる横峯が最初に出て敗れ、比嘉も屈し、最終組だった宮里藍の試合中にスペイン優勝が決まった。

 韓国の大応援団とも戦った横峯は13番のアプローチの際、ギャラリーに“写メ”を撮られて仕切り直し。結局1?5メートルまでしか寄らずにボギー。1ダウンとなった。「アウェー感は想像していたけど、さすがに腹が立った」と話す不運もあった。ただ、4試合とも対戦者同士の世界ランクの優劣が、そのまま勝敗に現れたのも事実だ。

 8チームによる団体戦は、今回が新規開催。世界ランク1位のステーシー?ルイス(米国)が「国の威信をかけて戦う五輪の予行演習」という大会は隔年開催の予定だ。16年リオ五輪、20年東京五輪へ。リーダー役の宮里藍が「びっくりするほど悔しい」とこぼしたコメントに、日の丸を背負った誇りがにじんだ。

理想の自分が純金3D フィギュアに--プロポーション作りのダイアナが史上初キャンペーン

女性のプロポーション総合コンサルティングを行うダイアナは、旗艦店「プロポーションギャラリー銀座」のオープン3周年を記念し、特別キャンペーンを実施。期間中、3D ボディスキャナによる体型診断の体験者から抽選で3名に、体験者自身の理想体型を 3D プリンタでフィギュア化しプレゼントするという。うち1名分は、製作費70万円相当をかけ純金で制作予定。キャンペーン開催期間は6月4ハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュから8月4日まで。

 同社では、3D ボディスキャナで読み取った全身の立体画像をもとに、自分の体型を360度から客観的に把握する体型診断を行っている。読み取り時間はわずか2.4秒。データをシートに出力し、現在の体型と理想体型とを数値比較できるそうだ。

3D ボディスキャナによる体型診断のイメージ

 
キャンペーン期間中の体型診断は、全国5か所の「プロポーションギャラリー」、全国各地を巡る3D ボディスキャナ搭載車「ダイアナプロポーションライナー」、ホテルなどで開催の体験イベントにて無料で受けられる。キャンペーン対象となるのは新規体験者のみで、各会場は完全予約制。

なお、今回のキャンペーンで1体のみ作られる純金の“理想の自分”は、真鍮ベースに24金表面仕上げで制作されるとのこと。全長はおよそ10cm。毎日眺めれば、プロポーション作りの励みとなるかもしれない。

理想のプロポーションフィギュアのイメージ

アップル(Apple)は米国時間22日、サンフランシスコで製品発表イベントを開催し、「iPad」や「iPad mini」の最新機種、新型の「Mac Pro」や「MacBook Pro」、「OS X Mavericks」などの新製品を発表した。

↑このページのトップヘ