2011年12月

2011年12月27日

私が有名になりたい理由

1月3日、私は超絶有名人であるRG選手と「敗者フォロワー誘導マッチ」を闘う。

これは試合の敗者のフォロワーが、勝者をフォローするように誘導されるという、ツールドフランスばりに過酷なものだ。

だがこの闘いは同時に、自分にとっては有名になるチャンスに他ならない。
なぜならRGをフォローしている総勢4万のフォロワーは、プロレスファンであろうがジャニオタであろうが、イヤでもこの闘いに関わらなければいけないからだ。
即ち、この試合は、レッスルマニア級に大勢の人の目に触れる可能性がある。

これこそが、有名になるチャンスなのだ。


有名になりたい、なりたい。
とひたすら連呼しているミーではあるが、そもそも何故有名になりたいか。

最も大きな理由は、プロレスラーとしての「格」をクリアする為だ。
圧倒的な知名度さえあれば、序列を飛び越えることができる。これは間違いない。
実力はきっとあとからついてくる。
だってトム・クルーズがプロレスデビューしたら確実にメインイベント級の扱いを受けるはずだもん。

今、プロレスは社会全体から見て、極めてマイナーな文化だ。

日本で最もメジャーだと言われる某団体の選手だって、プロレスに興味のない人たちにはほとんど知られていないのが現状だと思う。

プロレス界に必要なのは、一般社会に訴えかける話題性と知名度。

メジャー団体もインディー団体も関係ない。
個人がメジャーになればいい。私はそう思う。

このRG戦には確実にそのチャンスがある。一般の方々も興味を持つ可能性がある。

実際、プロレスに興味のない知人から「RGと試合するんだって?すごいね!」と、数人から言われた。
あんなポークビッツでもそれだけの影響力があるということだ。

2012年1月3日後楽園ホール。
絶対に勝つ。
勝って4万人のフォロワーを獲得する。


その為に、みなさんのご協力が必要なのです!!
プロレスが世間の目に触れるように!!

いいですか?合言葉は

「爆速拡散RT!!!」

宜しくお願いします!!!


fh_unionpro at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索