お疲れ様です!

今回は京都大賞典出走馬で気になった馬について書きたいと思います。

下の出馬表の印はパドック評価の印です。
なので○や▲でも多数あったりします。
印の意味は
◎:抜群のデキ
○:勝負気配
▲:好調
△:まずまず良い
×:抑えた方が良い
消:そのまんま消しです

sketch-1539157758682
○サトノダイヤモンド
sketch-1539157170110
仕上がりに言うことはなし!!ってくらい良かったです。
宝塚記念の時も良かったんですが、今回も前向きさはありますし、脚捌きも軽い。
気持ちも体も全く衰えてはいませんでした。
もともと丸みのあるお尻で坂は苦手なタイプなだけに京都コースは今のサトノダイヤモンドにとってベストコースなんだと思います。

次はジャパカップで東京コースの坂も緩やかなので狙うなら有馬記念よりはジャパンカップだと思います。

×レッドジェノヴァ
sketch-1539172491682
↑箱根特別
sketch-1539157223060
↑京都大賞典
恥ずかしながらレッドジェノヴァという馬を全く知らず京都大賞典で初めてじっくり見ましたがまだ緩いけど良い馬だなぁと思いました。

そこで掘り下げてレッドジェノヴァを見たけど今がこの馬の成長曲線がグッと上がっている時期なんだと感じました。
今年初戦の箱根特別は腹回りが緩く、腰回りもまだまだ物足りない印象を受けましたがそこから一年も立たないうちに腰回りはしっかりして、歩様に力強さと安定が生まれていました。

それでも休み明けではありますがアルバートやシュヴァルグランを凌いだ走りには驚きましたしレッドジェノヴァはまだ良くなる余地もありそうで牝馬同士ならディアドラ、モズカッチャンを脅かせる存在になるのではないかと思います。
晩成型のシンボリクリスエス産駒なので楽しみはまだまだありそうです。

▲シュヴァルグラン
sketch-1539157288591
昨年の京都大賞典に比べると緩さはなく、馬体がしっかりしていました。
ただ、ラストの止まり方をみると中身をしっかり作ってこなかったのは結果論として言えます。
天皇賞(秋)の結果いかんで変わるかもしれませんが、ジャパンカップで買いたいのはサトノダイヤモンド以上にこのシュヴァルグランです。
仕上げられたサトノダイヤモンドよりもまだ休み明けの仕上がりだったシュヴァルグランに妙味がありそうです。

×ウインテンダネス
sketch-1539157305377
京都大賞典の予想で書いた懸念がそのままになりました。
明らかな休み明けの仕上げで踏み込みは弱く精神面のスイッチも入っていなかった。
これを叩いてアルゼンチン共和国杯ならまた楽しめるのではないかと思います。

以上です。
今回は簡易な内容になりましたが、サトノダイヤモンドの快勝は本当に嬉かっですね。
レッドジェノヴァ、シュヴァルグランも次のG1でも要注意な存在ですしなかなか中身のある京都大賞典だったと思います。